1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*

ハロウィン週間やって参りました


DSC_3353.jpg

恒例の我が物件ハロウィン週間がやって参りました。
毎年、ハロウィンにこじつけで10月ラストの1週間は、共用でお菓子を配ることを操業初期から行っています。
もちろん、このことは単なる還元だとか住民に対するおべっかではありません。これも賃貸運営の戦略なのです。
 
当初はオートロック付きのアパートがこのエリアでは珍しく、外部の人間が入り難いことをアドバンテージとアピールできるからでした。
同時に共用は単なる通路ではないとの演出も兼ねています。これが賃貸の歪んだ考え方、つまり部屋のことばかり意識して建物や共用への意識が希薄になることへの楔となると考えたのです。
同時に共用への管理を強化することは、各居室への見えない管理となってきます。
賃貸経営にもいくつも柱がありますが、どれかだけやれば良いというものでもありません。当初の事業計画から運営、帳簿、法律と多岐にわたり、多くのことに神経を払わなくてはなりません。
同時に現在のような画一的な物件をサブリースしてお決まりの管理ををする無個性な運営では、価格くらいしか差異がなくなり経営はジリ貧になっていきます。経営者独自の戦略など立てられたものではありません。
知恵と工夫を戦わせるような経営環境でなければ、一番ソンをするのは実は借り手なのです。
戦略とは目的があり、それに従った作戦を積み上げていくことに外なりません。
 
これをするにはその前に綺麗でないと、いくら個包装のものばかりでも気になるもの。
ところが長雨に祟られ、最後は台風でしょ。
だから昨日は大掃除だったのですよ。月曜はまだ雨の名残がありましたので、風で散った枯れ葉をザックリ取ることしかできてなかったのです。

DSC_3358.jpg

DSC_3355.jpg

 
毎回、ちょっと変わったものが遊びで入りますが、今回の冗談アイテムはドリンク剤w
これまでの実施結果から鉄板アイテムは何かわかっています。もちろん安倍総理の大好物「ブラックサンダー」も入ってますよ。

そして今晩は「鶏とゆで卵のマスタードマヨネーズ焼き」
これとてシンプルでありながら、少しずつ進化させているメニュー。
がんばれオレ様。

関連記事

重要な選挙


昨日から寒くなっております。つい先日は夏に戻ったかのような気温が、それこそ1月ほど一気に進んでしまった感じです。
しかも週明けまで雨マークが出ている有様で、台風まで来ている始末。

DSC_3322.jpg

 さて、そんな雨の中、どうしても社長が小泉進次郎氏が穴見陽一候補の応援にJR大分駅に来るのを見たいというので行ってきました。
撮影はスチール担当の私。腕を高く上げて、勘で撮りまくりました。
流石は自民党の若手政治家、大人気の進次郎氏のことはあります。途中はかなりの雨脚でしたが多くの人々が集まり、かなり遠くの方から演説を見ることになってしまいました。
今回は何と、反対勢力も会場に来ていたようで、野党の批判を始めようとした途端「批判するなー」との声が。
すかさず進次郎氏「ええ、しますよ批判。でも一つだけ褒めたいと思います」と言って野次を止めてしまいます。
そのひとつだけ褒められることは…
「安倍が嫌いってことだけはブレないことです」
会場は大爆笑。
 
私たちはバカではありません。
野党とメディアがスクラムを組んで「安倍政権倒閣運動」のための政治「しか」行っていない彼らを冷静に見て愛想を尽かせています。
北朝鮮と戦争がいつ起きてもおかしくないこの情勢下、ただ批判し権力の首のすげ替えにしか興味のない政治家に用はありません。まさにこの国難をどうしていくのか。
そして我が国のグランドデザインをどのようにし、20年後、30年後の未来を切り開いていくのか、そうした重要な選挙でありながら、明確な未来へのヴィジョンを示せない彼らに日本を任せて良いのでしょうか。
だからこそ安倍政権続投へ動いているのです。
大分1区は自民党穴見陽一しか票を投じられないではないのでしょうか?
 
我が国の安全保障は大きなターニングポイントを迎えています。そんな中、まだ敗戦国としての敗戦憲法を有難がり堅持しようとする勢力を支持するのでしょうか。
他の法律と違い、憲法は「国柄」を表します。これを他国によって作られたことに屈辱は感じませんか。
また独立主権国家として「国民の財産と生命を守る」ことを、どのようにして行うのかも憲法に書かれています。
しかし敗戦した我が国は米国に再び歯向かえないよう「軍事力の解体」と「自国防衛」すら行えない内容のいわゆるマッカーサー・ノートによって徹底的な弱体化を図られたのです。
さすがにケージスは自衛権すら剥奪するのは現実的でないと、条文を変更しましたが、事実上は自力による防衛ではなく、前文にあるように「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」のであって、要は「他国任せの平和」でしかありません。
それでも運よく戦争にならずに済みました。しかし自衛隊のなかった我が国は竹島を奪われ、日本人を拉致されています。
 
私たちの愛する家族や子供たちの未来が掛かった、言葉通りの「重要な選挙」であることは間違いありません。
それとも、日本のどこかに北朝鮮のミサイルが落ちなければ理解できませんか?

DSC_3338.jpg

DSC_3336.jpg

 
さて本日は「お好み焼き」です。
キャベツ高いよねぇ。というわけで、大半はもやしとご理解ください。
関連記事

夏季休暇のお知らせ


誠に勝手ながら8月11日(木)から8月15日(月)まで休業とさせていただきます。
その期間にオーダー期間が重なっている場合、恐れ入りますが納品期限を超えて納品となる可能性がございます。何卒ご容赦ください。
また休業期間中にいただいたお問い合わせやご注文に関しましては8月16日より順次ご連絡申し上げます。
関連記事

「和楽」終了いたしました。

関連記事

*Clear*個展ご案内

*Clear*華音とIKEAの二人の個展(二人展?)が6月に開催されます。
大分市アートプラザのミュージアムショップ公募企画展の一環としてです。
今回は「和」に焦点を当ててみました。よかったらお越しください。

clear_03.jpg
関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

10 08 07 05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

10 | 2017-11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »