1. *clear*
  2. 木工テキスト

電動ドリルドライバ、コードレスかコード付きか


相変わらずスッキリしない天気です。今度の台風はノロノロらしく、今週の工程がどうなるか心配です。

さて、物の価格というのは、実のところ材料費の占める割合は大きくありません。その指標のひとつに原価率があります。平たく言えば価格に対して材料費の比率です。
ファミレスでは食事と一緒にドリンクバーが選択できる場合が多いと思いますが、その代金の元を取ろうと、つまり材料費でペイしようと思えばあり得ないほど飲み物を飲まなきゃなりません。飲食で飲料品は非常に原価率が低いのです。5%にも満たないものもあります。
食事の方も概ね10%台にあることが普通です。逆にこれ以上の原価率だと人件費が出なくなってしまいます。製造業はそれより少し高い原価率であることが多いですが、概ね15%~25%程度。稀に高額商品(上代1千万円以上)だと原価率が50%近いことがありますが、それは稀なケースと思います。

そんなに原材料費が安いんなら自分でやっちゃえ、というのもわかります。私も自宅の家具をほとんど作りましたからね。
でも、そこで体験した結果、それなりの対価を支払って作ってもらっても結局同じか安上がりということでした。
常に何かを作っているならともかく、タマにか1回こっきりのために道具を揃えるのはどう考えても割に合いません。ケチって中途半端な道具を購入するとできなかったり中途半端なものしかできないことすらあります。
木工に限って言うと手工具だけでも一揃い10万円程度は覚悟しなければなりません。電動工具が入ると目ん玉が飛び出る金額になります。皆さんがDIYでもよく所有している電動ドリルドライバでも上を見れば5万円を超えるものがあります。使ってみればこうしたプロユースの道具は確かに価格なりの良さがあるものです。しかも、ウッドデッキを自分で作ってみようと思うと、実はアマチュア向けのインパクトドライバでは役立たずだということもあるくらいです。
ですから、道具を持っていて知識も技術も備える専門家に仕事を依頼することは長い目で見れば安いと考えることもできるのです。

ところで電動工具の代表格ドライバドリルのお話序でに、この工具のお話もしておきたいと思います。
プロだろうとアマチュアだろうと持っておいて損はないという工具がドリルドライバだろうと思われます。日常では穴あけやビスを締め込んだり緩めたりすることは割合多いものです。この工具はそれらの作業を劇的に快適にしてくれるものです。
電動ドリルドライバには大きく分けると「コードレスかコード付きか」と「インパクト機能があるかないか」の特徴に分けられます。
コードレスかコード付きかは専門家でも意見が分かれていますが、私の経験からはどちらも一長一短だと言えます。
コード付きの物は何と言っても安価だということです。新品で4000円も出せば立派なものが手に入ります。その反面、この価格でインパクト(ガガガというあの打撃です)機能はないことが普通です。また先端刃物の交換には付属のキーを使って締め付けなければなりませんが、頻繁に刃物を交換する場合かなりストレスです。
一方で電池の心配がいらないので、不慮のバッテリダウンで作業が中断する心配はありません。

一方、コードレスのドリルドライバのほとんどはインパクト機能を備え、先端の工具交換にはロックリングを引いてワンタッチで交換できる六角軸のワンタッチリングになっています。これはとても快適です。しかも電源コードの制約がないことを体験すると病みつきになります。
その一方で、コードレスはバッテリの種類で価格が大きな開きになっていますし、バッテリがダウンしたら何もできないもの。搭載するモーターもバッテリの容量に依存していますから、もうバッテリの奴隷みたいです。そのクセ、高価格のマキタのインパクトなんか、打撃のレベル調整ができて使ってみると凄く良かったリするんです。

で、どっちを買えばいいかというと予算が許すならどっちも買って良いと思います。こう言うと身も蓋もないのですが、どちらにも持つ意味はありますし確実にDIYが楽しくなります。
私の機材ですがコード付きはRYOBIのFDD1000を所有しています。一番最初に買った電動工具でもあります。価格は4,000円しなかったと記憶しています。でも付属品に六角各種ドリルとドライバビットが付いていて、これらはインパクトにも使用できます。性能はかなりタフで随分無茶な使い方をしましたが10年経った今でも現役です。20段のクラッチを装備するのも良い点でしょう。
ただしチャックはキーを使うものですから、工具交換の段取りにはそれなりの工夫が必要です。

インパクトはBOSCHのGDR 1440LIを使用しています。ご存じGから始まるBOSCHの青ボディーシリーズはプロユースで、このGDR 1440LIのボディにも"Professional"と入っています。どこかの阿呆がこのシリーズはアマチュア用以下とか言っていましたが、使ってから言って貰いたいものです。バッテリが14.4Vのものはアマチュア向けというのもウソで、リチウムイオン電池の1セルは3.6Vなので4セルにすると14.4Vになるのです。リチウムイオンが登場する前にニッケル水素電池が一時プロ用になった時代、この電池が6セルにすると12Vだったため優位性をアピールする数字が14.4Vだっただけです。ニッカド電池もニッケル水素電池にもメモリ現象があるのでリチウムイオン電池を選択した方が賢明でしょう。
現在、主力は18Vになりつつありますが、実際には14.4Vモデルでも家具作りには十分かそれ以上に使えます。家具の場合、接着作業を挟みながらの作業が多いので、まず1日中ビスを打っているなんてことにはならないからです。バッテリ容量も3週間に1回程度の電池交換で充電のサイクルですから全くもって快適。私はあまり手が大きくないので細目のグリップ形状も手が疲れにくく助かっています。
これで2万円しませんでした。
これに安物ですがボール盤も所有しています。それぞれにその工具の持ち味があり、どの工具も大切な相棒です。

しかしです、これだけの工具で4万円くらいします。
工具を買ってDIYするにしても購入は慎重になりますが、人件費を払っても安上がりというのもわかるのではないでしょうか。私の物件でフロアの貼り替えが出た時にやってもらっている大工さんは1日2万円ですが対外的な価格としてまともな請求だと思います。その分、仕事は確実で難しい仕事でも引き受けてくれています。年齢的にこの先が心配ですが、この大工さんが仕事をしてくれている内は安心です。問題は、その大工さんが冷やかしで私にその作業を引き継いだらと言うことですがね。


** イベント参加予定 **


【第39回 クリエイターズドーム(CREDO)】
日時:9月27日(土) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場



【チャリティー・アートマーケット】
日時:10月5日(日) 10:00~17:00(16:00~撤収開始)
場所:パークプレイス大分1Fセンターステージ周辺
   ※雨天時はパークプレイス大分1、2F館内通路



【モノヅクリサローネ2014秋】
日時:11月22日(土)10:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場





本日は「親子丼」と「大根膾」
親子丼はモモ肉ではなく安価な胸肉ですが美味しく仕上がりました。三つ葉は自家栽培。
大根膾は酢に旬のカボスを使ってさわやかな風味にし、庭から摘んだ紫蘇を千切りで加えました。
甘味の立つ親子丼との相性は抜群。

技術のスタンダード化

職人というのは「仕事は盗んで覚えろ」というスタイルをとっている人が多いように思います。かくいう私もかつて木工の仕事の修行では同じことを言われました。
しかし、子どもの勉強を見ていると果たしてそれでいいのだろうかと思います。

技術というのは伝承で伝えられた部分が多いのですが、逆に言えば「伝承されずに廃れた」技術もあったはずです。例えば他に替わる技術が登場した、とかあまりに人を選ぶ神業だったためだとか。
一番困るのは恐らくその業界が下火になり伝えられなくなったからでしょう。

日本はその昔、クジラを重要なタンパク源として捕獲してきました。
それがクジラが減少したという理由と、どこぞの過激な環境保護団体がワーワー言った結果、捕鯨は規制され、それで生計を立てられなくなりました。現在調査捕鯨という名目で僅かにその技術が辛うじて残されているに過ぎません。食えない産業に人は集まらないものです。
実は林業もそういう斜陽を続けている産業です。そして木工も同様の傾向にあります。
以前ならば各県に設置する高等訓練学校には必ずと言って良いほど「木工科」がありましたが、現在は九州管内だけでも数えるほどしかありません。伝承すべき受け皿がそれだけ少なくなっているという証拠だと思います。

最初に言ったように親方と見習いの間柄でも仕事はオープンで教えるものではありませんでしたし、商売敵にはトップシークレットにするものでした。それは昔は身の回りのものほとんどが手作りで、技術こそが商売の要だったからです。
しかし現在はどうでしょう。
身の回りには安価な量産品が溢れているではありませんか。
このような時代に技術とは手作りをしている人々は当たり前に持っていなくてはいけないし、ユーザーも技術があることに疑いを持っていないかも知れません。
しかし実際には専門的な教育を受けたわけでもなく、これからしっかり勉強しようという向上心もなくインテリア雑誌を先生に自己流で勝手気儘に作られたものが横行していることも事実です。厳しいことをあえて言いますが、人にお金を支払って頂くからにはそれなりの覚悟は持たねばなりません。
私は技術は出し惜しみするものではないと思います。
制作者は技術をスタンダードなものとして共有するべきだと思っています。技術というのはある程度マニュアル化できポイントを押さえれば「熟練の」などというものではなく、誰もができるものなのです。事実、私の息子が一生懸命勉強しているプログラムは最新のものでも数年後は陳腐なものになってしまう可能性のある世界です。何故ならコードはデファクトスタンダードになることが多いからです。では、それでも勝ち残る理由は、と尋ねられれば、それを使ってデザインしたり新たな技術に発展したりする能力はマニュアル化できないからだと考えます。
究極的に私はその脳の力に本当の対価が発生するべきではないか、と考えています。私が子どもの教育に関わって特に感じたのはこうした能力を伸ばすことでした。「考える力」が最も重要視されなければ教育は死ぬと思います。

そうしたことを踏まえると、現代において技術などというものは差し詰め「コンピュータの扱い」程度のことで、そこから先の部分こそが本当の価値と思えるのです。





** イベント参加予定 **


【第34回クリエイターズドーム(CREDO)】

日時:4月26日(土) 11:00~16:00
場所:ガレリア竹町ドーム広場


【大分ものづくり発見市】
日時:5月15日(木) 11:00~18:00(16時以降は自己判断で撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)

【アートマーケットvol.19】
日時:5月17日(土) 10:00~16:00
場所:アートプラザ 2Fアートホール

【第35回クリエイターズドーム(CREDO)】
日時:5月24日(土) 11:00~16:00
場所:ガレリア竹町ドーム広場


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場


ビギナーに向けた木工Tips1

今から木工を始めよう、というビギナーから質問されることはこの記事で書いた。
去年の夏休みに行った「親子木工教室」でも扱った教材以外に様々な質問が飛び出し、多くの方が木工というブラックボックスの中身を見てみたい、知りたい、あるいは分からない、という印象を持った。
そこで今回から超初心者の新たな木工人へ向けて基礎中の基礎、というテキストを記述しようと考えた。
参照にしている記事には「道具を持たない」という究極の選択が書かれているが、いかんせん、ホームセンターの工作室が広いとは限らない。1組でキャパシティー一杯の場合もあるし、何組もの作業者を受け入れられるところもあるだろう。
従い、待ち時間を避け自宅でも行いたい、という方に向けて道具も含めたテキストにすることにした。
特に電動工具はコストパフォーマンスを重視した解説を試みていくので参考にしていただきたい。
まず木工を始めるに当たって何が重要なのか。その辺りから話を始めてみたい。

木工総論

文字通り木を加工することから木工となる。このことが簡単であり難しい問題なのだ、と言わねばならない。
木という素材が金属に比較して柔らかいという特性がある。
切断するにしても削るにしても金属より容易だからこそ、ビギナーが木工を始めたりご主人が日曜大工になったりするのである。
しかし、突き詰めていくと自然素材であるが故に難しい問題が出てくる。
材料の全てが均一ではない、という問題だ。この事によって木の繊維の方向を読んだり、将来的にどの程度狂いが出るのか読まなくてはならなくなる。プロのプロたる所以は、長い経験によってそれを容易に見抜けることだろう。
大工は「木に習う」とよく言う。それはその材料の質を見抜き、加工を木に合わせろという意味だ。
しかし初心者がそういう風になるには年月を必要とするし、何より仕事で毎日携わっているプロと同等のレベルになるのは土台ムリな話だ。週に48時間以上木と向き合うプロに、週末に数時間木工を行うアマチュアが追い付くには、相当な努力と勉強が必要なのは火を見るまでもない。
そこで僕がビギナーに向けたメッセージは、あくまで「アマチュアイズムのある木工」を目指そう、というものだ。
プロは仕事だから辛いことにも耐えられるが、趣味ではそれは楽しくない。
結果的に自己満足になるかも知れないが、売る事を目的にしたものではないのだから社会に対する販売者の責任がない、というだけで気が楽だ。逆に出来が良ければ「家族からの評価が上がる」ことだって考えられる。まずは気軽に始められるところからやってみてはどうだろうか。

さて、ではどのようなところから始めれば良いのだろう。
そこで僕は「箱物」を提案したい。
ただの四角い箱を組むところから木工の基礎は始まる。最も簡単で、誰もが考え付く木工品だが、侮る事なかれ。これができないと高度なものには行けない、というほど木工の基礎が凝縮されている。
もし、これが上手くできたのなら、あなたには工作と加工のセンスがある証である。
箱物をしっかり製作する上で重要なのは、各材料が接合される部分の直角である。
これを「矩(カネ)を出す」と大工は呼ぶ。
矩とは直角のことだ。これは建築現場でも頻繁に職人たちが口にする。
木工の基礎は如何にその直角を正確に出すかに尽きる。

では、どうやったら直角が正確に出るのであろう。
直角にならない原因から考えると理解できる。

1 材料が反っていたり捩れていたり狂いが大きい
2 切断面が直角に切れていない
3 対面にある材料の長さが異なっている

fig1.gif


Fig1では理解しやすいよう、単純に正面から見た各部の直角について示した。実際には奥行き方向への直角も加わってくる。
上記の3点のどれかが当て嵌まると、どんなに正確に組もうとしても箱が歪んでくる。
このことからわかるのは、良い作品を制作するには、まず材料選びの段階からスタートしているということだ。
材料の狂い(暴れるともいう)を修正する機械やテクニックを持たない者にとって重要なのは、そのような修正が必要のない素直な材料をセレクトすることであり、実はプロも歩留まりの理由から反りの大きい材料を避ける傾向にある。これは非常に重要なのでぜひ念頭に置いて欲しい。
今回、この箱物に使用する材料はSPFという材料を使用する。
この材料については一度記事として取り上げているので一読されたい。

8.8mmの幸せ。

1×4(19×89mm)の6フィート材が教材になる。
安価、ということもあるが比較的柔らかく加工が楽で、初心者向きだからだ。

Tips2では材料選びから始めたいと思う。

<追記>
金の手、と時に表記される「矩(かね)」だが、矩という字に垂直や直角という意味がある。
非常に古い言葉だそうだ。
今後詳しく解説する予定だが、大工の日常的な計測道具に「差し金」がある。この差し金は他に「曲尺」や「矩尺」などと多くの当て字があるが、この2つの漢字読みは差し金の特徴を良く表している。
つまり、差し金が長さを測る以外に直角に折れていることから、直角の確認や、ある面に対して垂直に墨付けするための道具だ、ということである。
また差し金が日本に入ってきたのは非常に古い時代だとされていることから、古語である「矩」が用いられたのだろう。「金」の字が用いられるのは後の時代と思われる。推測だが言い伝えによって技術が伝承される、つまり書物に依らない伝承のために話し言葉から「金の手」に転じたことはあり得る。
因みに家を建てられた方も多いと思われるが、普通は1/100平面図とパースはご覧になると思うが、矩計図まで見るケースは滅多にないと思う。矩計図は「かなばかりず」と読む。簡単に言うとその建物で重要な部分を描いた詳細断面図のことだ。一般的な住宅なら1/50平面図と矩計図だけで建てられる、というほどだが、それだけに重要な図面なのである。
さて、この図面名にも矩の字が使われている。これはGL(地盤基準面)やFL(床基準面)から垂直方向、すなわち高さを示す図面であり、このことからも矩とは直角を示す漢字であることがわかる。

差し金には様々な使い方があり、それだけでもかなりの解説が必要だが、今回はこの作品を製作するに当たって必要なテクニックを解説するに止める予定である。


NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

04 | 2017-05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »