1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

ペットとの共存


大震災から早2週間が過ぎました。震災の翌日、被害者がどれくらいだろうと話題になりました。不謹慎覚悟で「阪神淡路の倍か、あるいはそれ以上」と言いましたが、すでにそれに近い数字を示しています。
しかし、この数字にペットの数は含まれていません。
今回の被災でもペットも人間同様に被災しています。逆にペットを抱えて飛び出て助かったケースもあります。家族も同様のペットなら離れて暮らすのは苦痛でしょう。これまで一緒に暮らしていたペットも極限状態で飼い主から離れて暮らすのは多大な不安を感じるに相違ありません。
こうしたペットへの対応は避難所によって様々です。
ペット可の避難所。
ペット隔離の避難所。
ペット不可の避難所。
ペットに対する人々の反応も様々です。アレルギーや恐怖症によるストレスを感じる人。震災や余震によってペットもストレスを感じていて夜鳴きやケンカなどの行動によりストレスを感じる人など。
一方でペットによってコミュニケーションが生まれるだとか、癒しになってストレスが軽減されるなどのプラス面もあります。ハッキリ言ってどっちが出てくるのかは避難所次第でわかりません。
ペットの問題は新潟中越地震以降から注目されるようになりました。
ペットと言っても一概に犬、猫だけでなく鳥や魚類、爬虫類など多岐にわたるため中々単純ではありません。
しかし、避難所に動物を連れて行くのを躊躇って車内生活をしたために「エコノミークラス症候群」で亡くなった方がいたことは事実です。

東北地方太平洋沖地震 被災地応援ボード
http://ndn2001.com/ndn/animal-support/index.html

一部では、震災直後から『愛玩動物同伴避難所、愛玩動物同伴避難住宅の確保と増加』を求める署名活動が始まっています。
この活動は千葉の『ナチュラルドッグスタイル』が行っているものです。

【 趣 旨 】

私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを要望します。

1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを要望します。

2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを要望します。

3.災害時の愛玩動物への給餌・給水災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。

4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。

署名用紙ダウンロード

この団体は新潟での震災でも署名運動と募金活動を行っています。署名は4月末まで行われ環境省へ提出される予定になっています。
すでに獣医師や動物愛護団体を中心とした支援活動が行われています。こういう活動はニュースのメインではないため余程興味のある人以外あまり知られない事実だと思われます。
この大分でも署名活動が行われています。
我が家も猫を飼っていますから他人事ではありません。共存ということと共に「ペット被災の準備」について考えてみませんか。



より大きな地図で 【東北太平洋沖地震 迷子ペット探しマップ】 を表示

Googleマップではこのような情報の提供も行われています。

関連記事

かごに何入れる?

kago_20110325.jpg

おはようございます、華音です。
今朝は10時から仕事なので(ということは9時半には出勤)
出勤前に記事をUPしていこうと慌ててます。

さて、来月9日のサンリブわさだのフリマに出店するんですが、
麻ひもの作品が手元にあまりないので急いで編み編みしてるところです。
実は今月のフリマのときに「あれ?麻ひもバッグが手元にない??」と
自分でも驚いたんですが、1月のボアが終わって2月には依託先のお店に
殆どの作品を納品しちゃってたんですね?。ホント、アホです(^^;

昨日は一週間ぶりの休みだったんですが、殆どを編み編みして過ごしました。
で、このカゴが完成。次は小さめのバッグを編みかけてます。
さて、このカゴですが、テーブルの上に置いて無くしたら困る鍵やピアスなど
こまごましたものを入れてもいいですし、お菓子をちょこっと乗せても
いいかもしれませんね。
使い方は自由です^^
フリマに持って行きます。
出来たら、大きさ違いで幾つか作りたいですね?。

関連記事

手洗い確認者

じゃん公のブログの方には書きましたが、
先日、職場の「手洗い確認者」の講習会に参加してきました。
同じ大分県内とはいえ、中津というちょっと遠い場所。
そして、本部から品質管理部の方がいらしてみっちり3時間、
ビデオやスライドを観たり、グループディスカッションあり、
筆記テストありと、かなり内容の濃いものでした。
(特に、グループディスカッションはすごかった!)
しかも3時間で終わりかと思ったら!
本部から課長まで来ちゃってるし!
そこから約2時間、「お店をより良くするにはどうしたらいいか?」を
話し合いました(^^;
有意義っちゃ有意義だったんだけど、もう帰りはぐったりでした。

結果、手洗い確認者「合格」でした。
昨日報告があったんですが、うちの店舗は受けた3人とも合格。
(品質管理部の方が言うには、7割しか合格しないとか…ホント?)
これで、社員さんが忙しくて手が放せないときは
代わりに手洗いの確認をすることになります。
合格でホッとしたと同時に、今までより責任が重くなったので
気を引き締めていかねば…と思った華音さんでした。


関連記事

ないと焦るという心理

驚いた。
何がって、スーパーの飲料水コーナーからきれいサッパリ、ペットボトルの水がなくなってるからだ。
今日、偶然トライアルでくろちゃんと会って「売り場には一昨日から水はないよ」と言って売り場に行ったら水の場所は他の商品で埋められていた。(パニック防止の為と思われる)
ココは福島県からはるか遠く離れた大分県だぞ。
実は仕事柄、最近の関東へ電池や米、そして今は水の荷物が急増していることを感じている。
因みに今週の初めでは、東京への荷物は最悪1ヶ月遅れる可能性があるということだった。普通なら東京は中1日の3日で到着。計画停電や収まらない余震で相当に混乱している。
正式に一昨日だったか、東京へは予定到着日プラス2?3日で到着すると連絡があったが、水の荷物ラッシュで恐らく水泡に帰したのではないかと思われる。
それくらいトラフィックに負荷が掛かるのは想像できよう。

水の安全 混乱に学び行動に生かせ
産経新聞2011/03/25 07:36

東京都水道局の金町浄水場で、1歳未満の乳児の暫定飲用基準値を上回る放射性物質が水道水から検出され、東京都は乳児の水道水飲用を控えるよう求めた。
 コンビニやスーパーではペットボトルの飲料水を大量に買いに走る人が押し寄せ、たちまち品切れになっている。母親が赤ちゃんのミルク用に買おうとしても買えない状態である。
 原子力の専門的な知識にうとい多くの人にとって、目に見えず、においもしない放射性物質に対する不安は強い。ベクレルやシーベルトといった馴染(なじ)みの薄い単位の説明が続けばなおさらだ。
 日常生活に欠かせない水道水に、基準を超える放射性物質が含まれていると聞けば当然、不安になる。取りあえずペットボトルを買いに走るような行動も一概に非難はできないが、妥当な行動かどうかは考えてみる必要がある。
 検出された放射性ヨウ素は1キロ当たり210ベクレルで、乳児の基準100ベクレルよりは高いが、乳児以外の基準300ベクレルは下回っている。乳児以外にはまったく心配はない。大人が自分用にペットボトルを買い込み、乳児を抱える家庭が手に入れられないのでは、安全情報も逆効果になってしまう。
 また、乳児の基準値も1年間毎日、飲んでも健康被害が出ないレベルよりさらに低く、短期間の飲用で健康リスクが高まるわけではない。放射性ヨウ素は8日で半減することも知られている。
 都の発表が「代替となる飲料水がない場合には飲用しても差しつかえない」といった説明を付け加えているのもこのためだ。不安を解消するためにペットボトルの水を配布するような措置も応急的には必要だっただろう。
 ただし、それは危険性について落ち着いて考えられる状態を取り戻すための措置である。
 一方で福島第1原発の状態が沈静化するまでは食品や水の放射性物質の計測を続け、検出した数値とその意味合いを継続的に発表していくことも行政の使命だ。
 新しい事態に遭遇して、市民の間に一定の不安や混乱が生じることは避けがたい。
 現在のように社会が大きな危機に直面している時期にはむしろ、個人も、国や自治体も、こうした経験を次の行動に生かし、不必要な混乱の長期化を防ぐことが大切である。

そもそも日本が設定している放射性ヨウ素(I-131)の規定量はどの程度人の健康に影響を与えるのか知る必要がある。
WHO(世界保健機関)が3月22日に発表した東日本大震災に関する報告書「Japan earthquake and tsunami Situation Report No. 13(SITREP NO 13)」によるとヨウ素は3000ベクレル、乳児(1歳未満)は1000ベクレルとしている。(13ページ参照)
日本の基準は世界基準より10倍厳しい数値だとわかる。飲料水は他の食品に比較すると摂取量が多くなる傾向なので基準が厳しくなるが、少し厳し過ぎるきらいがある。
しかもこの基準を多少オーバーしても1年間飲み続けたとしても健康への影響はないという。


それと私たちは普通に生活していれば自然に放射線を浴びている。
原発からじゃないよ。原発からの放射線量は平時なら0に等しい。
自然界にも放射線を出すものがあるってこともあるが、一番大きいのは太陽だろう。何しろ太陽は核融合の塊だから。大気がなければ放射線での被曝はもの凄い量、の以前に生物が住めないか(笑)
オゾンホールの問題は太陽からの放射線が増大するのがあった。
そういうことから太陽からの被曝量は地域差がある。ブラジルなんかは日本より遥かに多い。
また飛行機をよく利用する人も被曝量が増える。X線検査やCTスキャンでも被爆する。年間被曝量にかなり個人差があると思っていいだろう。
今回の東京金町浄水場で検出された210bq/kgという数値は大きさに驚くかも知れないが、人間自身も放射線を出していてその数値は6000?7000ベクレルと比べ物にならない。こっちの方が驚きじゃないだろうか。
逆に健康のためと称して飲むラジウム温泉水なんか10万ベクレルくらいだという。それでもそれが原因で癌になったとかは聞かないし、むしろ健康になった話の方が多いように思う。
ヨウ素131の半減期は8日と短い。仮に体内に取り込まれてもほとんどが代謝によって短期間に体外へ排出される。一方、セシウム137は30年と半減期が長いがこちらも体外へ排出される。
チェルノブイリの時は10%程度の甲状腺癌が発生しているが原因はヨウ素だと言われている。多いように思われるが、当時のソ連は物流が良くなく「ヨウ素剤」が行き渡らなかった。今回の日本のケースでは条件が違い、そういう状況にはならないだろうと思われる。セシウムは筋肉に蓄積されるが筋肉腫のような症例は1例も確認されていない。
ともかく確認できているのは甲状腺癌とヨウ素131の因果関係だけで他については不明である。
ピークの数値ばかり見出しにするものだから不安になってパニックになる。ヨウ素が半減期が短いためすぐに問題にならない数値になる、とそちらを優先して発表されればもう少し落ち着くのではないだろうか。
今日、福島原発周辺30キロ圏やさらにその外も含めて一部のところでは、放射性ヨウ素により、住民が甲状腺に100ミリシーベルトを超える被曝(ひばく)をするおそれがあるという、SPEEDIの試算発表があった。
しかしなぁ。
12日間屋外にいた場合って現実味のないシミュレーションどうよ。
放射線以外の原因でもっと先に死ぬね(笑)

参考資料

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について
育児用コナミルクを“ミネラルウォータ”で調乳するのは止めてください
文部科学省「上水(蛇口水)、定時降下物のモニタリング」
東京都「水道水の放射能測定結果について(第17報)」
WHO Japan earthquake and tsunami Situation Report No. 13(SITREP NO 13)
IAEA Safety Standard
文部化科学省「日常生活と放射線」
Wikipedia被曝


関連記事

被災地を襲う第二の災害

本日はもうひとつ。

もう繰言になるので詳細は書かない。何度もこのブログで繰り返しているから。
Wikiの記事にリンクしたので読んでちょーだい。
記事からのリンクも読んだ方が良いと思う。

第二の災害


今回の震災でもうちょっと違う側面を見ている部分があるが、それは別の機会で。

<追記>

地獄への道は善意で舗装されている


有用と思われるので追加リンク
これには少し補足が必要かも知れない。
ネットを徘徊してみたら曲解しているものが結構あったからだ。
意味はリンク先を読めば理解できると思うが、善意の心算で行ったことで結果的には相手に苦しみを与えることがあるという意味で良いだろう。じゃあ「善意でしたことは全て悲劇を生むのか」と曲解するのは違うと思う。更に「善意は信用できない」とまで曲解すると倒錯している。
「妙薬口に苦し」も「良い薬とは必ずしも口当たりの良いものではない」と解釈するのが筋。「苦い薬は良い薬」は順番が入れ替わっただけのようで全く意味が違ってしまう。
行動の根底には悪意よりは善意が元になっている方が良いと思うのだ。
これが一番適格だな、と思ったのが「善意に知性がプラスされれば鬼に金棒だ」というもの。

2manji | raurublock さんのインタビュー

私は、『悪人は頭を使うけど、善意の人はあまり物を考えない』という点に問題があると見てる。悪人は悪事がバレないようにとかズル賢く頭を使って先のことまで考える。ところが善意の人は、「私のやることは善いことなんだから良い結果を生んで当然だ」と無邪気に信じ込んで、あまり先のことを考えずにコトを進めてしまう傾向が強い。ヨーロッパだとこういう諺があるぐらいだからそういう人って多いんだけど、日本でも負けず劣らず多い。でもね、悪いのは善意そのものじゃない。悪いのは『頭を使わないこと』の方なんだ。善意に知性がプラスされれば鬼に金棒だ。どうすれば善意で天国への道を作ることができるのか。それをみんなで考えてみないか。

こう括っている。ナルホドと思った。
悪事には大概、良心のブレーキが多少でも掛かる。だが「私のしていることは良いことだから」と信じ込んでいる人にはブレーキがない。していることへの疑いもないので振り返ることもない。こういうことだな。
いい事と思っても「結果的にどうなるのか考える作業」ができる人は知性が伴っているのか。

関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

10 08 07 05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

02 | 2011-03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2011-03