1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

ハングリーであれ。愚か者であれ。


10月5日、Appleのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。56歳だった。
Macの生みの親、いやいやMacには縁がなくてもピクサーくらいならご存知だろう。
ジョブズ氏が亡くなって、2005年6月12日にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチが再注目されている。
このスピーチは日経新聞に全文掲載されている。
以下はその引用。

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. Truth be told, I never graduated from college. And this is the closest I've ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That's it. No big deal. Just three stories.

本日は、世界有数の大学の1つを卒業される皆さんとここに同席することができ、たいへん光栄に思います。実のところ、私は大学を出ていません。ですから私にとって、これが今までで大学卒業に最も近い経験になります(笑)。今日私がお話したいのは、私が自分の人生から学んだ3つの話です。それだけです。たいしたものではありません。たった3つです。


The first story is about connecting the dots.

最初は、「点と点をつなぐ」という話です。


I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out?

私はリード大学を半年でドロップアウトしましたが、実際に退学するまでの間18ヶ月間ほどは大学に居残っていました。なぜドロップアウトしてしまったのでしょうか?


It started before I was born. My biological mother was a young, unwed college graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife. Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: "We’ve got an unexpected baby boy; do you want him?" They said: "Of course." My biological mother found out later that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college. This was the start of my life.

話は私が生まれる前に遡ります。私の生みの母親は若い未婚の大学院生だったため、私を養子に出すことにしました。彼女は、私が大卒者の家庭で育てられるべきだと強く考え、弁護士の夫婦と養子縁組の手配を整えていました。しかし実際に私が生まれた最後の土壇場で、彼らは女の子が欲しいということになってしまったのです。そこで夜遅くに、養子縁組待ちのリストにあった両親のところに電話が行きました。「予定外の男の赤ちゃんが生まれました。養子縁組を希望しますか?」両親は答えました。「もちろん」と。その後、母が大卒ではなく、父は高卒ですらないということを知って、生みの母親は養子縁組の最終書類への署名を拒否しました。彼女が折れたのは数ヶ月後です。両親が、私を大学に行かせると約束したからでした。これが、私の人生の始まりです。


And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents' savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn't see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK. It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn't interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting.

17年後、私は確かに大学に入学しました。しかし私は、さしたる考えもなしに、スタンフォード並みに学費の高いカレッジを選んでしまいました。労働者階級だった両親の貯蓄はすべて大学の学費に消えていってしまいます。6ヶ月後、私はそこに価値を見出せなくなっていました。私は、自分が人生において何をしたいのか、それを見つけるために大学が何の役に立つのか、まったく分かりませんでした。にもかかわらず自分がここにいることで、両親は生涯かけて貯めた金を残らず使い果たそうとしています。だから私は退学すると決めました。これですべてうまくいくと信じていました。もちろん、そのときはたいへん恐ろしい思いをしました。しかしふり返ってみると、あれは私の人生で最良の決断の1つだったといえます(笑)。ドロップアウトしたそのときから、私は興味を持てない必修科目はやめて、それよりはるかに面白そうな科目に出ることができたからです。


It wasn't all romantic. I didn't have a dorm room, so I slept on the floor in friends' rooms, I returned coke bottles for the 5¢ deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it. And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example:

もちろん、すべてがいい話というわけではありません。寮の部屋もありませんでしたから、夜は友人の部屋の床で寝て、コークの瓶を店に返すともらえる5セントを集めて食べ物を買ったりしました。毎週日曜の夜は、7マイル歩いて街を抜け、ハーレ・クリシュナ寺院に行っておいしいご飯にありつきました。あれは大好きでしたね。そんなふうに、自分の興味と直感に従って動き回っているうちに出会ったものの多くが、後からみればこの上なく価値のあるものだったのです。例をひとつ挙げてみましょう。


Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn't have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and san serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great. It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture, and I found it fascinating.

リード大学は、カリグラフィ教育において、おそらく当時国内最高水準でした。キャンパス中どこでも、ポスターやら戸棚のひとつひとつに貼るラベルなど、すべてが美しい手書きのカリグラフィで飾られていました。私はもうドロップアウトしていて普通の授業には出なくていいわけですから、カリグラフィのクラスに出て、そのやり方を学んでみようと思ったのです。セリフとサンセリフの書体、さまざまな字の組み合わせに応じて文字間隔を調整する手法や、美しい字体は何が美しいのかなどを学びました。それは美しく、歴史があり、科学ではとらえられない繊細な芸術性をもった世界です。私は夢中になりました。


None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts. And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backwards ten years later.

もちろんそのとき、これらが人生の上で実際に役に立つ可能性があるなどとは思ってもみませんでした。しかし10年後、最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計していたとき、その時のことがよみがえってきたのです。そこで私たちは、それらをすべてマックに組み込みました。美しいフォントを持った初めてのコンピュータです。もし私が、大学であの授業にもぐりこんでいなかったとしたら、マックには複数フォントも字間調整フォントも入っていなかったでしょう。ウィンドウズは単にマックをコピーしたものなので(笑)、パソコンがそれらを持つことはなかっただろうと思います(拍手)。もし私がドロップアウトしていなかったら、あのカリグラフィのクラスにもぐりこむこともなく、パソコンが現在のようなすばらしいフォントを備えることもなかったでしょう。もちろん、大学にいた当時、そんな先々のことまで考えて点と点をつなげてみるようなことはできませんでした。しかし10年後からふり返ってみると、非常にはっきりと見えるわけです。


Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever. Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart; even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference.

繰り返しますが、先を読んで点と点をつなぐことはできません。後からふり返って初めてできるわけです。したがってあなた方は、点と点が将来どこかでつながると信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ、何でもいいから、信じなくてはなりません。点がやがてつながると信じることで、たとえそれが皆の通る道からはずれても、自分の心に従う自信が生まれます。これが大きなちがいをもたらしてくれるのです。


My second story is about love and loss.

2つめは、「愛」と「敗北」についての話です。


I was lucky ― I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents’ garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees. We had just released our finest creation ― the Macintosh ― a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

私は幸運でした。自分が何をしたいのか、人生の早い段階で見つけることができたからです。実家のガレージでウォズとアップル社を始めたのは、私が20歳の時でした。私たちは一生懸命働きました。そして10年後、アップル社は、たった2人のガレージ企業からスタートして、従業員4千人以上を抱える20億ドル企業になっていました。しかし、私たちの最高の作品、マッキントッシュを発表して1年後、30回目の誕生日を迎えたその矢先に、私は会社をクビになってしまいました。なぜ自分が始めた会社をクビになるのでしょうか?(笑)アップルが大きくなっていったため、私たちは、非常に有能と考えた人物を、私の右腕として会社を経営してもらうために雇いました。最初の1年前後はうまく行きました。しかしやがて、互いの将来ビジョンは離れていき、最後は決定的な亀裂を生じてしまいました。そのとき取締役会が支持したのは彼のほうだったのです。こうして私は、30歳にして会社を追い出されました。それはもう公然と追い出されたわけです。自分が大人になって以来全てをかけて打ち込んできたものが消えたのですから、私はもうぼろぼろでした。


I really didn't know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down - that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me ― I still loved what I did. The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over.

数ヶ月の間、私はどうしたらいいのか本当に分かりませんでした。自分は前の世代の起業家たちの名誉を汚してしまった、渡されたバトンを落としてしまったのだ、と感じました。デビッド・パッカードとボブ・ノイスに会って、全てを台無しにしてしまったことを詫びたりもしました。知らぬ者のない失敗者です。シリコンバレーから逃げ出すことすら考えました。 しかし、やがて私の中で何かが見え始めました。私はまだ自分の仕事を愛していました。アップルでのできごとがあっても、その気持ちはいささかも変わらなかったのです。私はふられてしまったわけですが、まだ好きでした。だからもう一度やり直してみようと決めました。


I didn't see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

その時は分かりませんでしたが、後からみると、アップルを追い出されたことは、人生で最良のできごとでした。成功者であることの重みが、もう一度初心者であることの身軽さに代わったのです。ものごとに対して前ほど自信も持てなくなりましたが、同時に私は自由の身となり、人生で最もクリエイティブな時期にもう一度入ることができました。


During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the world's first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple's current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together.

その後5年の間に、私はNeXTという会社を立ち上げ、ピクサーという会社を作り、素晴らしい女性と恋に落ち、その女性と結婚しました。ピクサーはやがて世界初のコンピュータ・アニメーション映画「トイ・ストーリー」を創り、今では世界で最も成功しているアニメーション・スタジオとなりました。思いがけないことからアップルがNeXTを買収し、私はアップルに復帰しました。NeXTが開発した技術は、最近のアップルの復活において中核的役割を果たしています。ローレンと私は一緒に素晴らしい家庭を築いてきました。


I'm pretty sure none of this would have happened if I hadn't been fired from Apple. It was awful-tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don't lose faith. I'm convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You've got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking, and don't settle. As with all matters of the heart, you'll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking. Don't settle.

私は断言できます。もし私がアップルを追い出されていなかったら、これらのことはひとつとして起こらなかっただろうと。もちろんそれは苦い薬でした。しかし患者には、それが必要だったのでしょう。時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことも起きます。しかし信念を投げ出してはいけません。私が続けられた理由はただ1つ、自分のやっている仕事が好きだったということです。そしてこれは皆さんの仕事や恋愛においても同じです。皆さんも、仕事が人生の大きな部分を占めていくでしょうが、真に満足するために必要なのはただ1つ、皆さんが素晴しいと信じる仕事に取り組むことです。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら、皆さんがやっている仕事を愛さなければなりません。もしまだそれを見つけていないのであれば、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません。心というのはよくしたもので、見つければそれとわかるものです。そして素晴らしい恋愛と同様に、年を重ねるごとによくなっていきます。ですから、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません(拍手)。


My third story is about death.

3つめは、死に関するお話です。


When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right." It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.

私は17の時、こんな言葉をどこかで読みました。「毎日、これが人生最後の日と思って生きなさい。やがて必ず、その通りになる日がくるから」(笑)。それは私にとって印象的でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分に問い掛けてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることを私は本当にやりたいだろうか?」と。その答えが「ノー」である日が続くと、そろそろ何かを変える必要があるとわかります。


Remembering that all will be dead soon is the most important tool I've ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything ― all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure - these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

自分がそう遠くないうちに死ぬと意識しておくことは、私がこれまで重大な選択をする際の最も重要なツールでした。ほとんどのものごと、外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折に対する恐怖、こういったもののすべては死に臨んでは消えてなくなり、真に重要なことだけが残るからです。自分も死に向かっているという自覚は、私の知る限り、何かを失ってしまうかもしれないという思考の落とし穴を避けるための最善の策です。あなた方はすでに丸裸です。自分の心に従わない理由はありません。


About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn't even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor's code for prepare to die. It means to try and tell your kids everything you thought you'd have the next 10 years to tell them in just a few months. It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family. It means to say your goodbyes.

今から1年ほど前、私はガンと診断されました。 朝の7時半にスキャンを受けたところ、私のすい臓にはっきりと腫瘍が映っていました。私はその時まで、すい臓が何かも知らなかったのですが。医師たちは、これはまずまちがいなく治療不能なタイプのガンだと言いました。長くても3ヶ月から6ヶ月の命だろう、と。主治医は私に、家に帰って身辺を整理しなさい、とアドバイスしました。「死の準備をせよ」という場合の医師の言い方です。要するに、今後10年かけて子どもたちに伝えたいことがあるなら、この数ヶ月のうちに言っておきなさい、ということです。それはまた、家族が対処しやすいよう、何もかも準備しておけ、ということです。別れを告げろ、ということですね。


I lived with that diagnosis all day. Later that evening I had a biopsy, where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor. I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery. I had the surgery and thankfully, I'm fine now.

私はその診断結果を抱えて丸1日過ごしました。そしてその日の夕方遅く生検を受けました。内視鏡を喉から入れ、それが胃を通って腸に達します。そこからすい臓に針を刺して腫瘍の細胞が幾つか採取されました。私は鎮静剤を服用していたのでよく分からなかったのですが、立ち会った妻に後で聞いたら、顕微鏡を覗いた医師が私の細胞を見たとき、叫び出したのだそうです。それはきわめて珍しいタイプのすい臓ガンで、手術で直せるものでした。私は手術を受け、そして今は、ありがたいことに元気です(拍手)。


This was the closest I've been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more decades. Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept:

これが私の人生の中で最も死に近づいた経験です。この先何十年かはこれ以上近くならないよう願いたいですが。この経験を経た今、私はあなた方に、死というものが有益ではあるが純粋に頭の中の概念でしかなかった以前と比べて、少しだけ確信をもっていうことができます。


No one wants to die. Even people who want to go to heaven don't want to die to get there. And yet death is the destination we all share. No one has ever escaped it. And that is as it should be, because death is very likely the single best invention of Life. It is Life's change agent. It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

誰でも死にたくありません。たとえ天国に行きたいと願う人でも、そこに行くために死にたいとは思いません(笑)。しかし死は、私たちすべてが共有する行き先です。かつてそこから逃れた者は1人としていません。そしてそれは、そうあるべきことなのです。死はおそらく、生物にとって最高の発明です。それは生命にとって、古いものを取り除き、新しいもののための道を開いてくれる変革の担い手です。今、「新しいもの」とはあなた方です。しかしそれほど遠からぬうちに、あなた方もしだいに「古いもの」となり、取り除かれる日が来ます。ドラマチックな表現で申し訳ありませんが、これが真実です。


Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma ― which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

あなた方の時間は限られています。他の誰かの人生を生きて無駄にしてはいけません。ドグマにとらわれてはいけません。それは他の人たちの思考の結果とともに生きることだからです。他人の意見の雑音によって自分の内なる声が掻き消されてしまわないようにしてください。そして最も重要なことですが、あなたの心や直感に従う勇気をもってください。心や直感は、あなたが本当は何になりたいのかすでに知っています。他のことは全て二の次です(拍手)。


When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation. It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch. This was in the late 1960's, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors, and polaroid cameras. It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: it was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

私が若い頃、「ホール・アース・カタログ」という驚くべき本がありました。私の世代にとってはバイブルの1つです。それはここからそう遠くないメンローパークに住むスチュアート・ブランドという人物が作り出したものです。彼の詩的なタッチは、誌面に命を吹き込んでいました。1960年代終わりごろですから、パソコンやデスクトップ印刷はまだありません。全てはタイプライターとはさみ、ポラロイドカメラで作られました。グーグルが生まれる35年も前の、ペーパーバック版グーグルとでも呼ぶべきものです。理想主義的で、いかしたツールやすばらしい考えに満ちあふれていました。


Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: "Stay Hungry. Stay Foolish." It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.

スチュアートと彼のチームは、この「ホール・アース・カタログ」の発行を何度か重ね、一通りのことをやり尽くしたところで最終号を出しました。1970年代半ばのことです。私はちょうど今のあなた方と同じ年頃でした。最終号の背表紙には、早朝の田舎道の写真がありました。あなたが冒険好きならヒッチハイクの途上で一度は出会いそうな光景です。写真の下にはこんな言葉が書かれていました。「ハングリーであれ。愚か者であれ」。それが彼らからのお別れのメッセージでした。ハングリーであれ。愚か者であれ。私は常に、自分自身そうありたいと願い続けてきました。そして今、卒業して新たな人生に踏み出すあなた方に対しても、同じことを願っています。


Stay Hungry. Stay Foolish.

ハングリーであれ。愚か者であれ。


Thank you all very much.

ありがとうございました。




wholeearth_e_1.jpg


このスピーチが今、注目された理由は死について触れたからだと思うが、このときはすい臓癌で一回死の覚悟をしたあとなので、こういう話なのかも知れない。
死をリアルに感じればこういうことを考えるようになっても不思議ではない。
僕自身、病院のベッドの上で死の予感を何度か感じた。
この世に生を受けたものは必ず死ぬ。
これは必ず誰もが公平に与えられた運命。
普段、その当たり前のことをあまり意識していないだけのこと。その運命の日はある日突然やってくるかも知れない。

ジョブズ氏が大学は必要ないと言いたいのでは無論ない。彼は、他人が作った生き方にはまって生きるな、自分の心に従えと言いたいのであって、その生き方に必ずしも大学は必須なものではない、と言いたいのだ。

昨日のエントリで進学について少し触れたが、子供の話を聞いてココなら実現できる学校じゃないの、と言った。
「上野は十分狙えるけど、大学受験のために3年間机に付くの苦しくない?」
「だったら好きなことを勉強できる学校の方が楽しいし、君のためじゃないかな」
でもね、自分の人生だから自分で決めなさい、とも言った。
親に気を遣って自分の生き方を曲げる必要はないよ。
今後、長女と次男にも同じことを言うだろう。

このスピーチで大事なことは「失敗した」ことが決して失敗ではないということだ。それは過去を振り返ってみると点と点で結ばれて、次のステップへの通過点とわかると同時に、それはその時にならないとわからない。
人間は思っていた人生と違う生き方をしていることは多い。
しかし、それは失敗ではない、と彼は自身の人生を持って教えてくれている。

2回目のApple退任をしたジョブズ氏だが、今回は自分の命の限りを予測していたんじゃないだろうか。
いろんな評価が(いい意味ではない)がある彼だけど、彼がいなければMacもiPhoneもiPodも、そしてピクサーもなかった。もしかするとPCがこんなに手軽に誰もが使える時代はもっと先になっていたかも知れないし、ビル・ゲイツがWindowsを開発することもなかったかも知れない。
あらためて人生とは不思議なものだと感じる。

最後までハングリーで愚か者だったのだろうか。

ご冥福をお祈りします。

関連記事

それでは問題です


作図の問題です。
図のような底辺一辺が50mm、高さ70mmの四角錐の展開図を描きなさい。




Cones01.jpgこのような作画演習は工業系M科(機械科)の一年生一学期で習います。
この問題以外にも、円柱を斜めに切ったときの展開図や、四角錐を斜めに切った展開図などを描き、実際に組み立ててみるようなこともします。
この四角錐の展開図は基本問題で、考え方がわかれば難解ではありません。
えっ、難解なの?と思った人は、恐らく三角形の高さを勘違いしている人です。
さぁ、解いて見ましょう。

できましたか?
この問題でポイントなのは四角錐の高さが70mmなのであって、実際の三角形の高さは異なる、という点です。これを三平方の定理で導く方法もあります。
しかし、これはあくまで作図の問題ですから、製図によって導かなくてはなりません。
つまり、どのように見方を変えるか「気付き」の部分が重要なのです。

答えは続きを読むをクリックしてください。

続きを読む »

関連記事

カップ麺って贅沢じゃねの件

セロリを一袋150円で買った。
これを一回で使ってしまえば高い買い物だけど、野菜なんて一回の料理で使い切ることなんて、まずない。
初日にポトフ(少し豪華すぎた)、翌日は中華スープになり、翌々日の昼にケチャップ蒸しになり、最後に筍と合わせてキンピラにした。
一回当たりは38円弱。これなら納得の材料費。
今年の夏は葉物野菜中心に価格が高くて、夏野菜の茄子がほとんど旬でありながら食べられなかった。
でも、肉や魚をふんだんに使うことを考えれば、やはり野菜中心の献立は食費削減の強い武器だ。
週末は料理当番を僕がするが、肉抜きの日があるので肉好きには堪えるだろうが、子供たちは嫌がらず食べてくれるし、寧ろ豆腐やこんにゃくが好きな長男は喜んでくれる。

先日、母と話した時、昔はもっと質素だった、という話になった。
タマには子供もラーメンくらい食べたいだろう、と一度ラーメンの出前を取った。
「そうしたら爺ちゃんから『お前は贅沢や』っち起こられてな」
祖父は質素な男だった。
食べ物は畑で採れる野菜中心で、それはそれは寺の食事のようだった。
脳卒中で半身不随の祖母と病気がちだった僕のことを考えてだったそうだけど、もう精進料理のオンパレード(笑)
ココまで僕が生きているのは、この当時の食事のお陰もあるかも知れない。
そんな風だったので、子供の頃、即席ラーメンなんて滅多に食べたことがなかった。タマに食べさせてくれるラーメンは特別な時だった。
いやいや、子供の頃、即席ラーメンは結構高かったんじゃないか?

日清チキンラーメン
1958年(昭和33年)8月25日発売 価格35円
大学卒初任給13,467円

2004年大学卒初任給(男性)203,537円

経済格差は約15.1倍
現在一袋100円程度なので2.86倍に値上がりしたのみ。
発売当時の35円という価格は結構高かったと思う。
道理で滅多に食卓にインスタントラーメンが出なかった訳だ。あとマルタイの棒ラーメンかチャルメララーメンと出前一丁なんかもあったが、それなりの値段だったようだ。

一度カップヌードルを食べたい、とせがんだら
「あんな高いものはダメ」
当時100円は確かに高かった。
ポテトチップスも怒られたな。

僕のイメージでは「ラーメン=高い」という感がある。
なぜ即席ラーメンのことを書いたか、というと、芸人が売れなかった下積み時代や経営者が苦しかった時代に「金がなくて即席ラーメンを侘しく食べた」などという話が出るからだ。
これには違和感を感じていた。
だって僕は即席ラーメン=高いなんだよ。
1つのラーメンを分け合って食べたとかの話なら分からなくもないけど、どうもマスコミ的なイメージは即席ラーメン=貧乏なんだろうな。
本当に金がなくて食えなきゃ、野菜を自分で料理するだろうし、野菜も買えなきゃ道端に生えてる食える植物を採ってでも食べると思うけどね。子供の頃は田んぼも多かったから、探せば食える雑草が必ず見つかったものだった。
だから「ラーメンなんか食える内はまだマシ」と突っ込んでしまう。
メシ炊いて味噌汁で十分だろ。味噌もなければ塩か醤油かけて食え。金がない時、そうしてたもの。

こう考えるのは僕だけだろうか、と思って検索してみると同じ考えの人が結構いた。

カップラーメン(うどん含)って、貧乏な人が食べるものなの?

カップ麺って贅沢だよね、と今朝二人で話したんだけど、時間がないときやとりあえず空腹を満たしたい時の武器ってことで完結した。
イベント当日の朝、ほとんど徹夜になっている我々の場合、確かに武器だわ。
「空腹じゃマズイからとりあえず食おう」と分け合って食べるカップ麺には確かに助けられてるな。

子供が勝手にカップ麺を食べるなんてことはおろか、マックすら行かないし、そもそも外食そのものをしないのは、質素だった家庭の影響かも知れない。
その分、手料理を振舞うんだけど、一緒に台所に立って作ることに意味があるんじゃないかな。そういう経験が将来役に立つのではないかと考えている。
食べるとは生きる上で基本だからね。


関連記事

酔って候

えっ!?柳ジョージが亡くなった。
昨日のことだ。
Googleの検索キーワードでトップになっていたので「何かあったのだろう」と思うのと同時に「まさか亡くなったのでは」と考え、検索ページを開くとニュースに亡くなったと書かれてあった。
数年前から入退院を繰り返していたことは、以前情報を聞いていたけど、まさかの63歳。
若過ぎる。

初めて彼の音楽を聴いたのは高校生だった頃。
渋いハスキーボイスとブルースロックは一般ウケはしない音楽だったけど、背伸びをしたい年頃の僕は嵌ってしまった。
日本人でもこんな音楽をやる人がいるんだ。
僕の青春時代は中2で聴いた“Queen”に始まり”Rainbow””Deep Purple””Led Zeppelin”とブリティッシュハードロックにドップリ浸かっていた。
その中に元Creamのエリック・クラプトンもいた訳でブルースとロックの狭間も見ていた。
当時の日本はアイドル全盛、歌謡曲全盛でそれを冷ややかな目で見ていた。
だから柳ジョージみたいな人はある種の神的な存在と思ったんだ。

この人もそうだけど故ジョー山中みたいな人たちは絶対的に一般ウケはしないと思われる音楽をやっていた。逆にマニアな人にはもの凄く支持されるという(笑)
ポリシーを持って生きていく、と言葉で言うのは簡単だけど、実行するのは大変。
時には誤解され、時には敵対視され、それでもポリシーを貫くのは並大抵のことじゃないだろう。
因みにジョー山中氏も今年、肺癌で亡くなった。
享年64歳。
二人とも逝くのが早いよ。



ところで柳ジョージ氏といえば大変な読書家だった。
司馬遼太郎の大ファンだったことは有名。
僕も司馬の作品は好きでよく読むけど、曲まで書くというのは流石にない。
「酔って候」は司馬の「龍馬がゆく」の山内容堂公をモデルにした作品。自身も同様に大酒飲みだった。
今頃は病気の心配もなく大好きなウイスキーを飲んで「酔って候」になっているのかも知れない。


関連記事

行楽日和の連休に

festa7_1.jpg

今日までお休みの方が多いと思います。
体育の日を含めて3連休。
その中日9日に恒例の「秋のクラフトフェスタ」が行われました。
ハンドメイドでは言わずとも知れたビッグイベント、という感のあるクラフトフェスタですが、今回も*clear*は参加してきました。

急に冷え込みが激しくなった一週間でしたが、当日は寒いどころか暑いほどで屋外のイベントとしては嬉しい限り。持って行くのが億劫になるタープも、その役割を十分に果たしていました。
私たちも、すっかりハンドメイドの世界では馴染みになったようで作家さんやお客様と「こんにちは」「お疲れさま」と声を掛け合うようになり、何事も長く続けるものだ、などと思ってしまったり。
以前にお買い上げ下さったお客様から「使ってますよ」とのお言葉を頂くこともあり、対面での販売の良さはこの辺ではないでしょうか。

さてさて、*clear*は完全に寝不足状態。
前回のアートマーケットからあまり時間がなかったのもありますが、こちらでも結構売れてしまってストックが乏しい状態でした。
2人とも仕事の合い間を縫って製作していましたが、オーダーも抱えていましたから実質2週間程度で新作補充という無謀な計画を実行。
その所為でほとんど徹夜でクラフトフェスタに突入。
でもT.G.Leatherの後藤さんに「モノ少ないッスねぇ」と言われました。

これでも頑張ったんだよ(TДT)

確かに時間はなかったですが、手抜きの作品でお茶を濁すようなことはできませんし、同時に普段オーバークオリティー気味な部分の排除も行いつつ製作ペースを上げてきました。
毎回が勉強です。
弛まぬ研究と進化が*clear*の真骨頂。
玄人ウケ。
*clear*の作品群が作り手にウケが良いのは「それをするのにどれだけ手間が掛かっているか」知っているからでしょう。
私たちの“細かすぎて伝わらない仕事”は折を見てご紹介したいと考えています(笑)

次回の「春のクラフトフェスタ」でお会いできることを楽しみにしています。
年内はクリスマスアートマーケットに出店できればそれが最後かと。
それ以外のイベント予定は今のところありません。


さて、今回お客様に大ウケだったのがこの小さな木の家。

festa7_2.jpg

ではなく、こちら。

festa7_3.jpg

木の家のプライスカード。
これを見た皆様、じわじわとクルものがあるらしく、「写真撮ってもいいですか?」と聞かれることも数回。
いや、楽しんでいただけて何よりです。

関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

09 | 2011-10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

2011-10