1. *clear*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キビナゴのオイルサーディン


Oiled_sardine.jpg

冬の寒さも本格的になってきたな。
何しろ平野部でも雪が舞う日があるから、今が寒さのピークと思って良さそうだ。
しかし、海の中は季節が少し先になっているようだ。
それが証拠に店先に「キビナゴ」が並び始めたからだ。
キビナゴは鹿児島や長崎が有名だが、この地も昔から多くの漁獲を誇ってきた。瀬戸内では春先までが最盛期でサヨリと並ぶ「春を告げる魚」だ。
西日本では馴染みのキビナゴも東日本ではほとんど利用されないそうだ。水揚げがないからだけど日本は魚のご当地性が色濃く、関東なら差し詰め「シロギス」や「メバル」北陸の富山では「ホタルイカ」が水揚げされる頃に春を迎える。
新鮮なキビナゴは何と言っても刺身がうまい。
キビナゴは傷みやすい魚なので、これは漁獲地ならではの特権だと思う。
他には天ぷらや煮付けもオーソドックスだけど旨い。
実はな、オレは油っぽい魚があまり好きじゃない。
例えばブリやマグロは年間でほとんど食べない。とにかくギトギトの動物性油が苦手。
その点、キビナゴはアッサリした味わいで実に好み。
先日キビナゴが安かったので買ったのだが、その前は煮付けだったので今回はちょっと面白いものを作ろうと考えた。
オイルサーディンだ。
本来、オイルサーディンはイワシ(特にマイワシ)を使うのが主流だが、キビナゴも同じニシン科の魚だから使っても良いだろう、と安易に作ることにした。
因みに似たような料理にアンチョビがある。
同じように油漬けにした魚料理だが、オイルサーディンとアンチョビは製法が違うんだ。
アンチョビは塩漬けにして醗酵させた魚にオイル(オリーブオイルが多い)を加えて貯蔵する。オイルサーディンは塩味をつけた魚をオイルで煮て作る。加熱するか非加熱かが全く違うし、醗酵の工程がある分、アンチョビは少なくとも半年はかかる。
家庭で作れなくはないけど、アンチョビはそれなりの覚悟がいるな。

油が苦手じゃなかったか?
気にすんな。
足の早いキビナゴが1ヶ月近く保存できるんだからまぁ良いんじゃね。

じゃ、作り方行くぞ。

続きを読む »

スポンサーサイト
関連記事

それって通じないんじゃ…の件


“パソコン”って国際的に通じるんだろうか。
Personal computerと言うかPCでないと国際的にはまず通じないだろう。
我が家ではPCかマシンと呼んで“パソコン”とは言わないなぁ。
ましてノートパソコンとなるとほとんどの人に意味が通じないじゃないだろうか。
“Laptop Computer“か”Notebook computer“でないと日本以外では通じないと思う。

エアコンも恐らく通じない言葉。
Air conditionerかACと言わないとまず意味が通じない。
デパートやアパートも通じない。”~ment”はどこに消えたんだ?
マンション(Mansion)となると意味が全く違ってしまう。
豪邸だからな。
分譲型の高級集合住宅は“Condominium”だろうね。
そもそも日本でしか通用しない略語やカタカナ語は誰が言い出したんだろう。
多分、最初に紹介した人や誤って広めたメディアに責任があるように思うんだが。

他にはこういうのもある。
ホームページ(Home Page)の用法の間違い。
日本では一般的にホームページ=ウェブサイトと思っている人が多いようだ。
でも本当の意味は2つある。
ひとつはブラウザを立ち上げた時に最初に表示するページのこと。
もうひとつはWeb Siteのトップページの意味。
だから「ホームページを作る」とか言うと「へっ?」と顔をされるのはそのせい。

ちょっと日本語ってややこしい。
そもそも英語の発音を日本語の発音に直すこと自体ムリがあるのに、外来語は各国から入ってきていて語源が曖昧なものが結構あるし勘違いで広まっているものもかなりあるからだ。
正月にかるた遊びをした人は多いと思うけど、かるたがポルトガル語というのはワリと有名。
パンもポルトガル語。
これらは最初に日本に広めたのがポルトガル人だからだな。
アンケートはフランス語で「調査」や「質問」という意味の“enquête”が語源(uの後のeにアクサンが付いているので環境によって文字化けしてるかも)
だからアンケート調査は「調査調査」www
こういう意味から考えるとムチャクチャなものまである。

身近な間違いで言えばピアスとイヤリングの違いもそう。
英語では耳飾りはどの方式でも“Earrings”で、方式による区別をするときだけ“Pierced esrrings”や“Cliped earrings”という。Pierceが「穴を貫通させる」という動詞なので名詞にはなり得ない、と考えるとこれは誤って広まったとしか考えられない。
似たようなのではナイーブとレジャーな。

Naïve:考えの足りない、世間知らず、騙されやすい
Leisure:自由時間、暇

日本でいう意味とかなりかけ離れているだろ。
多分ナイーブ=繊細な、レジャー=娯楽という意味で理解していることが多いと思う。
ナイーブ=シャンプーっていうのは完全な間違いだからな、注意しろ。
ナイーブは“sensitive”レジャーは“Amusement”か“Recreation”が近いかな。あと“Entertainment”もOKか。
プリザーブドフラワーはどうだ。
スペリングは“Preserved flower”だから「保存した花」という意味だな。
“Preserved”は“pre”と“serve”に分解されるがpreには「予め」という意味がある。“serve”には提供するとか仕えるなどという意味があって“Service”となるとお前らの大好きなサービスになる。
「ブリザード」と書いているヤツをたまに見かけるが、どうしたら「吹雪」になるんだ?
吹雪花なんておかしいだろ。

オレの得意な自動車分野はそういう間違いの宝庫だぞ。
一覧はアメリカでの呼び名に限定してみた。

ハンドル:Steering Wheel
ウインカー:Turnsignal
サイドブレーキ:Hand brake Parking brake
フロントガラス:Windscreen Windshield
クラクション:Horn
ボンネット:Hood
オープンカー:Convertible
スーパーカー:Exotic car
バックミラー:Rear-view mirror
アクセル:Gas pedal

ざっと思い出しただけでもあるわあるわ。
アクセルは本来UK英語のAcceleratorが訛った言い方で、米国英語だと単に“Gas pedal“と言う人が多い気がする。”Throttle“という表現を使う人はもっと専門的なレース関係者に多い。
スーパーカーはそのままでも通じないわけじゃないけど、ちょっとバカにされるだろうな。
ボンネットはUKなら通じる。
オープンカーというのはほとんど通じないだけじゃなく、お国で呼び名が違うので注意が必要。
例えばフランスではカブリオレ。
イタリアはスパイダーかバルケッタ。
ドイツはカブリオレに加えてロードスター。
屋根のない自動車をオープンカーと呼ぶ国の方が世界的には少数のはずだし、日本ではワゴン(昔はライトバンとも言った)もアメリカではステーションワゴンなのにイギリスではエステートでフランスではブレークなどという。
ウインカーはニュアンスで通じるかも知れないが、米国なら“Turnsignal ”“Blinkers“、UKなら”Indicator“なら誰にでも通じると思うが”Winker“はかなり考えて理解できるレベルだろう。「目配せするもの」と言われて「ああウインカーのことねw」と理解できるかって話。
同じ英語でも国や地域で異なる場合も多いけど、特にアメリカって国は自国の言葉に直す傾向が強い例も話しておこうと思う。
イタリアのランボルギーニがかつて製造していたカウンタックというスポーツカーがある。
スーパーカーブームの世代にはお馴染みだろう。
アメリカでは全く違う発音をしている。
アメリカでは「クーンタッチ」と発音される。“Countach”のスペリングだと英語読みはそうなるのねw
これってクルマブログでネタになったのだけど、エンスージアスト(Enthusiast)の間では結構有名。
カーライフやマイカーは完全に和製英語。

こうしてみると本当の言い方や意味が異なる英語ってかなりあったりするんで、最近は買い物のメモを全部英語表記にしてみる試みを始めた。
それというのも長女があまりに英語に対して拒否感が強いので、せめて名詞からでも興味が持てないかと思ったから。
調べてみると意外におもしろい。
先日もおでんをしようと思い蒟蒻を買った。
蒟蒻はずっとマンナンか表記は日本語と同じ“Konnyaku”なのかと思っていたが、マンナンは単糖類のglucomannanのことで、主に食べるのは日本以外に少ないことからやはり“こんにゃく”と言われるそうだ。
しかしスペリングは“konnyaku”でなくて“konjak”
ストレートにヘボン表記なわけないか。
他には“Devil's tongue”なんて言い方もある。
何故「悪魔の舌」なのかと思ったらコンニャクイモの花の形が由来だそうだ。
今更だけど勉強になるねぇ。

日本で通じるんだから良いんじゃない。そういう人もいることだろうな。
しかし逆のパターンだったらどう思う?
例えば寿司な。
最近は日本食ブームもあっていろんな国で食べられるようになったよな。
日本も顔負けの本格的な寿司のレストランもある。
ところが日本人が見たことも聞いたこともないような寿司なるものが紹介されていて、それをさも日本の寿司のように紹介されていたら、忠告まではしないにしても失笑はするだろ。
これも案外有名な話だけど、バンコクではバイクのことを”Honda”と言う。
バンコクで初めてバイクを広めたのがホンダのカブだからそうだ。
バイク=ホンダになっちゃった。
だからスズキのホンダやカワサキのホンダとなるのは結構笑えるだろ。
もっともバイクも間違いだけどな。
“Motorbike”か“Motor cycle”だよな。

さっきトイレに行ったら紙がなくなっていて、補充しようと思ったらトイレットペーパーそのものがなくなっていた。
“Bathroom tissue”と買い物メモに書いたけどアメリカではこう呼ぶのが一般的。
“toilet paper”はUK英語。
因みに“tissue”はちり紙の意味で通常“paper”は付けないので「ティッシュペーパー」は和製英語なんだよな。
とにかく最後に紙を補充した人は「なくなった」って伝えなさい、とあれほど言ってるのに。
Good grief!「ったくもう!」


関連記事

出店と場所が決まったぞ


今日は久し振りにこのブログの本題の話だ。
どうだ少しは安心したろ。

今年の春にあるクラフトフェスタの申し込みに早起きして行って来た。
自分らでは早いと思っていたんだがな、行ったらクルマが駐車場にいっぱい。

「おまいら何時から来てるんだ?」

これはヤバイかな、と思ったが滑り込めたよ。
今回は申し込みと同時に場所も決定する方式だったのが、深夜から並ぶ原因になったんだと思う。
前回は「説明会」で場所を決めたのだけど、何回も出店していると毎回同じような内容の説明会に出る意味があるのか、という声もあったことから申し込み時に場所を決めることになったようだ。
極端に説明会の内容が変わったことは確かにないな。
開催日にくじ引きで場所を決めたこともあったし、毎回試行錯誤のようだ。

で、今回はもう場所がわかってる。
どこか知りたいだろ?
そうか、そうか。
そんなに知りたいか。
じゃ、仕方ない、教えてやろう。
オレ達*clear*はココで出るぞ。

クラフトフェスタ区画表


絶対来いよ!
待ってるからな。


関連記事

料理を化学する~数の子

Herring roe



π = MRT

M :モル濃度 [mol/dm³]
R :気体定数 [atm·dm³/K·mol]
T :温度 [K]

この方程式は何か知ってるか?
浸透圧を算出するファントホッフの公式だ。
これが料理とどうして関係あるかだが、大有りなんだよ。
今回はおせち料理に欠かせない数の子をやろうと思っているんだが、普通に売っているのは塩蔵の数の子だよな。
因みに塩蔵の数の子が出回るようになったのは戦後のことだ。それまでは干した乾燥数の子を使っていた。
戦前までは干し数の子を米の研ぎ汁に漬けて1週間もかけて戻したんだそうだ。
現在は塩蔵の数の子なんだが、当然そのままじゃしょっぱくて食えない。
そこで適度な塩分になるよう塩抜きの作業が必要になる。
ここで利用しているのがさっきの式で言う「浸透圧」なんだな。
一般的に塩抜きには2~3%くらいの食塩水に数の子を漬けて行う。
じゃ、真水じゃダメなのか。
普通そう思うわな。
確かに真水でも塩は抜ける。
でもな、まずいんだよ。
極端に濃度が異なると、塩分濃度の高い数の子の細胞に急激に水が引き込まれる現象が起きるんだ。すると内部に浸透した水の圧力で破壊が起きてしまう。
コイツは赤血球の溶血と同じ現象。
しかも浸透圧が0の水では周辺部はよく塩が抜けるのに芯がしょっぱい、ということも起きる。
もっと困ったことに、数の子には塩化マグネシウムも含まれている。
この塩化マグネシウムは塩より水に溶けるスピードが遅い。するといい塩梅になった頃にはまだまだマグネシウムが残っている。
塩を抜き過ぎると塩化マグネシウムの味を感じるようになる。
塩化マグネシウムは…苦い!
当たり前だな、塩化マグネシウムとは“にがり”のことなんだから。

ところで浸透圧は使う食塩水の説明にあるような%、すなわち重量パーセント濃度ではなくモル(物質量)濃度を使う。
ある物質の分子がどれくらい存在するかを表したもんだ。
高2の化学あたりでやるんじゃなかったけ?
水1リットルに1molの塩を溶かすにはどれくらいの塩が必要か計算してみると、以下のようになる。

塩は塩化ナトリウムなので化学式はNaClだな。

化学式を見た途端帰ろうとしたヤツ。
オマエだ、オマエ。
もう少し読んでけ。

それぞれの原子量は

Na 22.99g
Cl 35.45g

だから1モルを求める式は
22.99+35.45=58.44g/mol

重量パーセント比で5.844%水溶液になる。

身近な水溶液の砂糖水で比較してみよう。
砂糖は単体では表せない複合物なので、主成分のショ糖で考えてみると化学式はC12H22O11となる。
さっきのように原子量は以下の通り。

C 12.01g
H 1.008g
O 16.00g

すると、こんな式になる。
(12.01×12)+(1.008×22)+(16×11)=144.12+22.176+176=342.296g/mol

何と同じ1g/molにするためには砂糖は約6倍の量が必要だ。
砂糖漬けなどの加工食品がたくさんの砂糖を必要とする理由も何となくわかったろ。
しかもだ、塩のほかに少量で高い浸透圧が得られ、しかも食べられる物質はない。
もうひとつ塩には高い浸透圧を得られる秘密がある。
それは溶け方の違いだ。
比較に使った砂糖の場合、水溶液には分子の状態で溶ける。
一方、塩の場合、イオンの状態になり水の分子間に入り込んでいる。つまり水溶液ではNa+とCl-になっているため塩1molは事実上2molの水溶液になるんだ。このエントリで長女が先生に突っ込んだ話はこのことを言ってるんだが、基礎化学を理解する上で避けられないのがコレなんだな。
物理溶解と化学溶解の違いってわけだ。
この特性を人類は身近な調味料として利用するだけでなく、防腐剤や脱水材として用い様々な用法を編み出してきた。
呼び塩、立て塩、振り塩、塩揉み
いずれも塩の濃度を変えたり、使い方を変えたりした塩のテクニックだ。

もっと言うと砂糖は温度を上げると水にどんどん溶けるが、塩は一定の量まで溶けるとそれ以上溶けなくなる。(吸熱反応)これを中学で習って、高校でルシャトリエの原理(平衡移動の法則)として学習するんだったと思う。
普段何気なくやっていることにはこんな科学的裏付けがあるんだ。
そんなことわからなくても言われた通りにやればできる、だって?
そりゃそうかもな。
だがなオレはこう思う。

そいつは職人的発想だ。

オレは職人と技術者の決定的違いは、やっていることへの「理解と科学的裏付け」があるかなないかだと思う。
要するにな、職人というのは先代から受け継がれたことを愚直に繰り返すだけの「猿マネ」
一方、技術者というのはやっていることに科学的な見地が入るために、条件が異なっても対応できるだけでなく、他の知見から新たな手法や別のものに置き換えることができる。
このことはな、職人がイノベーションを起こすのがほとんど「偶然」なのに対して、技術者や研究者が多くのイノベーションを生み出している事実と一致する。
起こすべくして起こすものと偶然は全く確立が異なるのは当然。
これから職人はどんどん要らなくなるぞ。

料理つうのも、その内容は化学そのものと言っていいんだろうな。
数の子の塩抜きだって高校の理科で習う内容が使われてるんだからな。
つまりな、料理も科学的に解釈してるのとそうじゃないのじゃ出来が違うってことだ。
しかも理論的に物事を判断する人間は理解のスピードがもの凄く早い。

子供と料理するときに、科学的にどんな現象が起きているのか勉強する絶好の機会でもあるんだぞ。
問題は親がそういう興味や知識を持ち合わせているかなんだがな。
親ももっと勉強しろ。

今日は前置きが長いな。
じゃ、作り方行くぞ。

続きを読む »

関連記事

皇紀2672年

12greering_card.jpg


明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
去年は年末年始が猛烈な忙しさで年賀状すら出せない状況でしたが、今年は何とか年賀状も書き(まだ出してないけど)、正月料理らしきものも作ることができました。

昨年はこの日本で色んなことが起きた年でした。
大震災に始まり原発事故、海外では大洪水と国内の台風災害。
自然の猛威の前に人間の奢り昂ぶりがどれほどちっぽけなものか思い知らされ、しかし一方では挫折しても立ち上がる人間の強さを感じ、助け合う人々の優しさと逞しさを実感しました。

震災が起きた直後に考えたことは「日本は再び立ち上げれるのだろうか」ということでした。
しばらくは混乱がありましたが、徐々に平常を取り戻し今では何事もなかったかのような生活になった感があります。これは被災地以外の印象ですが。
しかし、平穏無事な生活は薄氷の上に成り立っているのも今回の震災が教えてくれていると思います。
いつでも私たちの生活は壊れる可能性があると言って過言ではないのでしょう。
そして今回ほどの規模の痛手から完全に復活するには私たちの世代だけで終わらず、本当に終わるのは次の世代だと思われます。
子供はその次世代の担い手でしょうね。
震災を境に子供の将来への考え方は大きく変わったように思えます。
いや、以前から考えていたことがハッキリと固まったと言った方が正しいでしょう。

キミ達はこの日本にどう貢献するか?

大変な時代を生きて行かなければならないことはわかっています。
でもこう言います。
苦難はチャンスだ。
チャンスは向こうからやって来てはくれない。
掴もうとして掴んだ者にしかチャンスは訪れない。
掴もうとすることすらしない者にチャンスは未来永劫訪れない。
そのためには今は勉強をしっかりしなさい、と言うでしょう。
ゆとり教育なんてクソ食らえ、というのが以前からの持論ですし、今後も変わらないと思います。
乾いた砂が水を吸うように知識が身に付く10代までの間にゆとりなんてものを教える必要は全くないと思います。
50が近くなって物覚えの悪い僕らの世代とは脳のキャパシティーが全く違うんですから、死ぬほど勉強してもらいましょう。
去年は子供たちと社会の構造や理念あるいは経済について話すことが以前より増しました。
問題点についてディスカッションする試みもやってみました。ゼミでやる討論みたいなものです。
今まで学んできた学習が立派に役に立ち必要なものだと実感してもらう為です。そして知的な作業の面白さを感じてもらう為でもあります。
長男は受験生ということで今年はこちらもまとめてみようと考えています。

そしてもうひとつのテーマは「この震災をいつまで記憶に止められるか」
阪神淡路のとき、あれだけのショックを受けたにもかかわらず、残念ながら1年どころか半年すらその気持ちを維持できませんでした。

喉元過ぎれば熱さ忘れる

そうならないよう現在も継続しているのが売上金の10%を寄付することです。
今年3月まで赤十字の寄付が延長になりましたので、そちらも継続しています。
確かに金額は大したことはありませんが、多くの人が同じように行動すれば大きなものになります。

信念を持って貫き通せ。

Appleのスティーブ・ジョブズ追悼記事はこうした行動への基本理念を書きたかったことと、我が子たちへのメッセージとして書いたものです。
もちろん行動を起こす前には頭脳をフル活動させなくてはなりませんし、行動に責任も発生します。
世の中には言うだけ言って、後は丸投げの無責任な人間もおりますがね。
さてさて、昨年をザックリ総括してみると文系思考の人間がこれほどいるのか。
マジメに驚いたことです。
感情だけで行動するなんて信じられない!
直感が正しいこともありますが、多くは運です。プロの直感というのはそれとは異なっていて、長い経験から培われたノウハウみたいなもので、そいつは勘じゃないわけです。
予備知識がないクセに直感だけで動くというのは薄ら寒い感すらあります。
もう少し理系人間もがんばって世に発言を。

今年はテーゼも含めて書こうと思っていることがあります。
僕にとってブログは「日記」ではありません。
インターネットをコミュニケーションの場と考えていないことも大きな原因です。
ネットは情報と知の集合体という側面を初期から評価してきたことが、現在の論調になっているのですから、当然、そこに踏み込んだ文章を書くのは致し方ないことです。
当然、自分自身も文章として読み応えのあるものを読みたいのでして、悪いのだけどそうでない文章は読んでいません。なんとかナウみたいな文章を読みたいわけではないのです。震災の時は確かにそういう側面はありましたが、それはエマージェンシーだったからです。
ネットは議論するには本当に面白いし最適な場所かも知れません。匿名性があるからこそ言える「本音」や「真実」もあるはずです。
それを考えると地元密着型のブログコミュニティーではフラストレーンションもありますね。
実は以前から議論になっているのは「じゃん公のブログ」は継続すべきなのか、なんですね。
今年はもしかすると思い切った決断を下すかも知れません。

本質的には知的探究を楽しむ方のためのテキストを今後も書き続けると思います。
どうぞ今年も宜しくお付き合いの程を。


関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・You-caのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト


イベント

---
クリスマスアートマーケット Vol.27
日時:2016年12月10日(土)10:00~16:00
場所:大分市アートプラザ 2F アートホール


ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

12 | 2012-01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2012-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。