1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

体にやさしい


今日も暑くなりそうです。これで5月じゃ先が思いやられます。
この季節に夏日を通り過ぎて真夏日ですからね。屋外屋外問わずの木工家の皆さん、熱中症にお気を付け下さい。

さて、本日の話題。塗料についてです。
時々見掛けるのが「この塗料は植物由来の成分で体にやさしい」という説明。
正直言いますと、この説明にはかなり「違和感」を禁じ得ません。しかも「植物」は無害だという思い込みすら感じます。
植物に詳しい人ならご存知でしょうが、そもそも植物にはアレルギーの原因となる物質を有していたり、一部や全草に毒を持っているものがあり無害とは程遠いからです。それも結構身近な植物ですらあるのですから。
例えばスズランは全草に有毒ですし、キンポウゲ科の植物もほとんど。これから旬の緑黄色野菜でモロヘイヤも種は有毒で量によっては人間ですら死に至ることすらあります。春のみに限らず秋にも出現するようになった花粉症の原因も植物の花粉ではありませんか。
もうひとつは、このような説明により「他の塗料や接着剤」が危険であるかのような表現に受け取れるということでしょう。
こうした説明の裏に「化学物質嫌悪感」が元になっていることも承知しています。食品添加物や保存料が入っていないことをウリにしている食品もその心理を利用したもの。
では化学物質は本当に人体に有害なのでしょうか。

台所にに行って食器用の洗剤に付いている注意書きを見ていただけますか?そこには用途が書かれているはずですが「果物、野菜」の表示があると思います。
テレビで野菜や果物を洗剤で洗うと丸で非常識のようにされている表現(料理スキルが低い)を見たことがあるのですが、こうした洗剤が出始めた昭和30年代にはこのような使い方が安全な時代があったのです。
化学肥料を使うことが当たり前になる以前は、肥料は人糞を始めとした堆肥を肥料として与えていました。今で言う有機栽培しか選択できない時代です。この時代までは回虫は極普通に見られる寄生虫でした。もちろん感染ルートは畑に使われた肥料。そこから野菜に付着して食べた人に寄生していたのです。
そこで合成洗剤で野菜を洗うということが行われるようになりました。ですから食器洗剤に要求されたのは多少口から体内に入っても人体に影響を与えないほどの安全性でした。現在でも一部の洗剤を除けば「果物、野菜」の表示がある中性洗剤には頑なにこの安全性を堅守しているので、濯ぎが多少不足していてもあまり心配ないそうです。

一方で爆発的に増加する人口のために食糧を効率的に生産したいという市場からの要望から、より効率の良い化学肥料と農薬を使用した農業が当たり前になってくると、野菜を「寄生虫予防」のために洗うという意識は薄れ、洗剤を使って洗うという習慣は廃れていったのです。
むしろこうした野菜を「浄化野菜」としてブランドのように流通したくらい、日本の畑事情が清潔になったことが受け入れられた面すらありました。
その後、こうした分野の研究は日進月歩で限りなく人体に影響がなく環境への負荷が小さいものへと進化した結果、少ない量でも効果が得られるようになりました。
そもそも営利を目的とした農業では、こうした製造コストは極力小さい方が利益が多くなるのでギリギリしか使いません。近所の農家さんとも話したことがありますが、農薬は最適なときに散布することで総量を減らしていると言っていました。逆に無農薬については「(農薬や肥料はコストに占める割合が大きいので)そうなれば嬉しいが、作物が全滅すれば無利益になってしまうので怖くてできない」とも。これで食っているのですから当然ですね。
こうしたことは例ですが、建材にも規制が掛けられたことで、むしろ問題のあるものを入手する方が困難な時代にあえて「安全性」を訴える意味とは何なのでしょう。
当然、現在流通している接着剤を始めとする建材やケミカル類に人体に影響のある物質が含まれているはずがありません。売ってはいけないからです。
つまり安全性のことに触れること自体ナンセンスと言わねばならないのです。

逆に注意しなければならないのは規制前に作られた建築物や家具でしょう。
これらに使われた接着剤の中にはホルムアルデヒドを含んだものが少なからずありますし、もしかすれば今お持ちの家具も古ければそういう塗料や接着剤が使われているかも知れません。
現実問題、平成15年改正の建築基準法に基いて建てられた建物内でホルムアルデヒドが計測されるケースが報告されています。

それでも「何となく」とか「気分的に」という理由で怖がるのはわからないでもないですが、理系の私には膨大な実験結果を基にした安全の方が安心できるのですよね。
って、これが一般的には最も理解できないらしいが(笑)


** イベント参加予定 **

【大分ものづくり発見市】

日時:6月5日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【大分ものづくり発見市】
日時:6月26日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場




関連記事

今月は7台制作です


制作を始めて多く制作してきたピアスディスプレイスタンドです。色々な要望にお応えできるよう、本当に様々なバリエーションを作ってきました。
これまではブログのオーナーメールからの受注でしたが、この1年くらいはイベントやらも含め毎月1台は作っている状態でした。しかし今月の受注は今までちょっとないです。
今月は7台受注ですから。
すでに4台は完成してオーナー様に発送し、現在は3台を同時制作しています。
この3台はminneに作品登録してお問い合わせいただき同時に受注したものです。本当にありがたいことです。
現在はフレームの部材をサンディングしているところです。
今回はベーシックモデルとピアスとショートネックレスの組み合わせに、アンティークホワイトの3台。作業が共通しているのはサンディング作業までなので、今後は全く別作業。

私の多分特徴なのだと思いますけど、エイジング作業に入る前の状態はいわゆる新品の状態で作ります。
このスタンスでのエイジングは今まで見た記憶がありません。
多くの他の作品も拝見しましたが、感じたことは「エイジング(つまりはシャビーってことですな)するんだからキレイに仕上げなくても良い」と思っている、ということです。極論なんですけど、ある人に「ホワイトを適当に掠れたように塗ればシャビー」みたいに言われ、まぁ本来の言葉の意味からすれば間違ってないか(笑)

私が言う「エイジング」というのは「経年劣化」を表現するものですから、新品の状態からどのような場所がダメージを受けるか考えながら仕上げて行くのが基本スタイルです。
だってそうでしょ。どうして汚れるかとか、どうして塗装が劣化して剝げるのか考えないと説得力のあるエイジングにならないではありませんか。
こういう考え方は模型で行うウェザリングで学んだことですが、家具はお客様のところで使われ本物の使用感が生まれます。だから極端なエイジングはただただ汚らしい作品に成長してしまう可能性が大きい。つまりエイジングは「どこで終わらせるか」の判断が難しいということなのです。

現在受注しているアンティークホワイトはそのサジ加減で今回もきっと悩むことでしょう。

** イベント参加予定 **

【大分ものづくり発見市】

日時:6月5日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【大分ものづくり発見市】
日時:6月26日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場




関連記事

ヒメシャラ花盛り

抜歯したあとが痛くて、鏡見たらほっぺた少し腫れてるような気がしてそう思った途端余計に痛みが増したような気がする華音です。
誰ですか。「元から腫れてるじゃん」とか言ってる人は?
私はア○パンマンではなくてよ!

さて、今日ご紹介するのは私の新作…ではなくて、こちらの白く涼しげな花。

hime.jpg

「ヒメシャラ」です。
うちのアパート建てたときにパティオ(中庭)を作って初代ヒメシャラを植えのですが、どうも成長が良くなくてどんどん元気もなくなっていって結局数年で枯れてしまいました。
その後、今はなき「花かぐら」で2代目ヒメシャラを購入。
届けに来てくれた花かぐらのお兄さんに枯れてしまったヒメシャラのことを話すと、「この庭で枯れるなんてことないと思うんですけどねぇ…」と首を傾げていました。
確かにそうなんですよね。
凝り性のIKEA氏のことなので、ちゃんと植物の特性を調べてその中から良いと思われるものを選びました。だからこの環境でヒメシャラが枯れるのはおかしいのです。きっと他になにか原因があったのでしょう。
ヒメシャラが原因もわからず突然死するという話は珍しくないようですし。
そんな訳で2代目を植えてからもう数年が経ちますが、実は初めて花を見たのは一昨年のこと。昨年も咲くかと思いきや、全く咲かず。
ところが、今年。
一週間ほど前のこと、IKEA氏が「おい。ちょっと来てみろ」と言うので何事かと思ったら、なんとヒメシャラの木に花が咲いているではありませんか!しかもよく見るといくつもの枝にたくさんの蕾が!
ヒメシャラ、やった!!と叫びそうでした(共用通路ではお静かに願います)
ここまで来るのに時間かかりましたねー。

ヒメシャラのように中々株が充実したり環境に適用するまで時間がかかる植物や、植えた年から物凄い成長をみせる成長旺盛な植物やら何かと人間の思う通りには行かないもの。
待った分だけ喜びもひとしお。
オーダー家具と一緒だったりして(笑)

それにしても、植物を育てるのも根気が要ります…


** イベント参加予定 **

【大分ものづくり発見市】

日時:6月5日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【大分ものづくり発見市】
日時:6月26日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場

関連記事

値上げの理由(わけ)


日本経済新聞の1面に「春秋」というコラムがあります。朝日で言えば「天声人語」のようなもの。
日付が5月25日なので日曜の分です。そこには最近香辛料が高騰していると書かれています。今年のマレーシア産黒コショウの取引価格は前年同時期と比べて4割ほど高く、国内の卸価格は史上最高値を記録したそうです。
香辛料の価格とこのブログに何の関係があるのか?と訝しげられそうですね。
実は関係大アリなのです。

今回の香辛料の高騰の原因は中国でのカップ麺普及がそのひとつだと記されています。
中国という国は変わった国でして、インスタントラーメンを軽食として食べるのはまぁ良いとして、そのインスタントラーメンが屋台のメニューに並び、それを出すお店がいっぱいあるんです。それどころか日本のインスタントラーメンはブランド品扱いで「出前一丁」がその頂点にあります。
そもそも香港なんか自宅では炊事をせず外食する風習がありますから、こうしたラーメン類が中国人民(この国だとこう書きたくなりますよね)の胃袋を満たしているのです。
一体あの国人口は何人かと言いますと13億5100万人なわけです。日本と比較にならない数の人民がラーメンを食べていることを想像したら、香辛料だって膨大に消費され高騰しておかしくないですよね。

実はこうした動き、昨年から木材にも見られるようになりました。
まずはロシアからのパイン材が品薄になり北米産のSPFも品薄状態になりました。この原因も中国と米国の住宅建設が活況になり需要が大幅に増えたからだと言われています。
そもそも日本向けのパインを含むSPFグループはJグレードと呼ばれ中国や米国向けよりグレードが高いものです。しかし日本の買い付け業者はそのグレードから更に篩にかけ最上のものだけ買い付けて来ました。製造する業者からすれば日本は言葉悪く言えば「小煩い面倒な客」として敬遠される客。
ところが中国や米国ならつべこべ言わずロット買いしてくれるので、どうしてもそちら優先に木材が流れたのです。当然、日本は木材が品薄だったため大幅に価格が高騰してしまったのでした。
そうでなくても円安に加えて原油価格の上昇とトリプルパンチ。

何と25%も価格が上昇!
それに連れられて国内産のヒノキやスギも価格が上昇。そら外材が高くなったのと、国産材を使うと補助制度を利用できるのが重なったのさ。
もはやブラックウォールナットなんて手が出ません。

昨年もお取引先の業者さんにはこのような事情から価格を少し上げさせていただいておりましたが、さすがに一時に材料価格分あげられず、今回の消費税増税に合わせて従来品の価格を上げさせていただきました。
私のような吹けば飛ぶような弱小工房にさえ世界経済の余波は影響しているのだと、とりあえず大風呂敷を広げたような話をして値上げの理由を述べさせていただきました。

って、本当に材料が高騰してんだから!


** イベント参加予定 **


【モノヅクリサローネ】

日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場




関連記事

どうしよ…


昨日の記事でminnneへの作品アップロードをはじめたことは書いたのですが、いざ始めてみると「これどうすんの」ということはあるもので。
これまでアップした作品はゆうパックで送れるものばかりでしたが、今回大きさの制限を超えている作品を説明文まで鼻歌交じりに書いてさぁアップするぞ、と管理画面を見て愕然。

送料の項目が10項目しか用意されてない…
あらためて調査した家財便の項目数を数えますと21項目。
全然足りていないという。
まったく予想外なことで、他の家具系の人の送料を慌てて見てみると、これまた?
なんでこんなに送料安いん?
まさか大口送料とほぼ同じサービスに加入してるんやろうか。
まさか誰も知らないミラクルな方法があるんやろか。
まさかどこでもドアを持ってるとか。

いろいろ考えたけど今日はまとまらないので寝るっ!


** イベント参加予定 **


【モノヅクリサローネ】

日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場



関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

10 08 07 05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

04 | 2014-05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31