1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

作り手と経営者は両立しない


以前から社長とよく話題に上っていたことです。
経営と作り手の両立はすごく難しい。

ショップを持つと開店時間に作るということは、作品にもよりますが暇なときに作るって難しいものです。というか不可能に近い。
以前にも人から「お店持てばいいのに」などと言われることの多い*Clear*ですが、如何に製作しながら店の経営もやるかとなると「2足の草鞋を履くことは共倒れになる」という考えから却下してきたんです。

モノづくりをする会社のトップが現場の人か、あるいは営業上がりの人が良いのかは意見が別れますが一長一短だと思います。
現場経験者だと「モノづくりの視点」から経営できるメリットがある半面、どうしてもソロバンの方が疎かになりがちですし、営業方だと作れないようなものでも強引に仕事を獲って「現場に丸投げ」ということもあり得ます。でも会社が大きくなったり成長するのはこのタイプ。
多分どちらが良いのではなく、バランスの問題。

でも多くの経営サイドに立った人が口を揃えて言うのは「現場の仕事はできなくなった」ですし、それ以上に仕事が増えたと言います。現場のときとは違ったところに神経を傾けなきゃならないということでしょう。そういう意味では宮崎駿さんは幸せな人だと思うんですよね。

さて体調不良で遅れていたディスプレイボックスも明日より塗装。
寒いですけど2月も頑張って行こう!


本日は「貧乏飯」
昨日とバランスを取るべく、というより家族が喜ぶからですかね。
社長に「今日は貧乏飯だよ」と言うと「うわーい!」と期待してましたから。こりゃご飯が足らなくなるんじゃ…


関連記事

ホワイトソースは手作りに限る(社長談)


本日は「チキンライス」と「白菜のクリーム煮」
チキンライスは炊飯器任せですが、クリーム煮はソース・ブランシュ(ホワイトソース)からの手作りです。ベシャメルソースとも呼ばれますが、フランス料理のクラシックソースです。
これ、缶詰を買うとすごーく高いですよね。実は簡単に作れるものなんですよ。

コツなんですけど、意外と大事なことが書かれていないレシピが多いのでポイントだけ。

バターと薄力粉は基本1:1です。薄力粉は60%くらいまで減らせますが、それ以上少ないともったりとしたルーになりません。
加える牛乳の量は10です。
一人分バター10g:薄力粉10g:牛乳100mLと覚えておけば良いでしょう。

良く見るレシピでは「鍋にバターを熔かして」とあることが多いのですが、これは小麦粉の入れ方が悪いとダマダマになって後で苦労します。小麦粉は疎水性といってとにかく液体と混ざり難い性質を持っています。天ぷら衣など水で溶いて使うので混ざり易いと思いがちでが、ドバっと一度に全量を入れると疎水性のため混ざらないんです。
そこで鍋に最初から必要なバターと小麦粉を全部入れてから弱火に掛けてしまいます。
意外ですか?
多分パイ生地などはこんな作り方じゃなかったでしょうか。あれは混ぜ過ぎないのがコツですが、こっちは温めながら木べらで練って行くとあっという間に混ざってルーになっちゃいます。

そこへ牛乳を少しずつ加えていきます。
最初の何回かは本当に少し。徐々に入れる量を増やし、そしたら火力もちょっぴり上げます。
冷えた牛乳を加えるので量が多くなると作業が遅くなってしまうからです。グラタンなどの粘度が必要なソースならこれで基本は完成。固ければフォンで希望の固さまで緩めます。
あとは味をみて塩で調えます。胡椒やタイムを加える人もいますがこれは好みですね。今回のは胡椒とナツメグを加えました。
クリーム煮のように緩いソースはここからフォン(フォン・ド・ヴォーやフォン・ド・ヴォライユ)などの出汁で好みの濃度まで延ばしていきます。
なに、そんな洒落たスープは我が家に常備してないって?
市販のチキンブイヨンで十分ですって。ちょっとカッコ付けただけですよ。
もちろん我が家にもありません。

最後にチーズを20gほど加えて完成。本当はグリュイルチーズやパルミジャーノ・レッジャーノなどの香りの強いチーズをすり下ろすと気分も盛り上がるんですが、我が家の経済力ではプロセスチーズが精一杯ということで気分的なもんです。

あ、チーズが入るとソース・ブランシュじゃなくて「モルネーソース」と名前が変わります。
つまりこういう商品は「ホワイトソース」じゃなくて「モルネーソース」だったわけですね。

さて、恐らくどのような市販のシチュールーも牛乳を加えるようになっていると思いますが、更にコクを出そうとチーズを追加したりすると結構庶民の味方じゃなくなるんですよね。今回のこの方法なら場合によっては半額以下でホワイトソースができてしまいます。因みに多過ぎたら冷凍保存もできますよ。
ぜひお試しください。
また、その際にはホワイトソースと呼ばずに通ぶって「そーす・ぶらんしゅ~ん」と舌を噛みそうになりながら紹介もよろしくです!


関連記事

ああ、1月が、1月が終わってしまう

作るのに一生懸命でいつも写真を撮り忘れ、夜に「あーーーっ!」ってなるパターンを毎日のように繰り返しています。
私のような人、きっと他にもいますよね?

寒いのと天気が安定しないのとダブルパンチで来てますが、頭痛と闘いながらも作ってます。しかもちまちまと小さい折り紙折ってるので余計に頭痛くなるという悪循環。でも、今回はかなり満足のいくものができてきているので頭痛も吹っ飛び…ませんが、楽しいです。



本日は「豆腐ハンバーグ」とサラダ。
昨日の長男のお弁当にコストが掛り過ぎて肉なしデーw
しかし、みんな大満足。肉入ってなくてもハンバーグはハンバーグ。立派なおかずですもの。
見よ!豆腐の底ヂカラ!!
関連記事

魚は食いたし


突然ですが、魚って皆さん食べてます?
実際問題、魚って肉より割高ですよね。今日、息子の弁当に鮭の塩焼きを入れましたが、やはりというかやっぱりというか200円をわずかにオーバーしていました。
鮭もそうですけど鯖や鯵などの大衆魚の価格が上がって1尾丸ごとの購入は滅多になくなりました。丸魚は秋刀魚、鰯、小鯵ぐらいでしょうか。あとキビナゴやアメタ(イボダイ)くらい。

今朝、寒塩鯖のフィレを格安で入手できました。3枚で149円。
でも安くなった理由は賞味期限が近いから。
こういう魚は臭みが出ているものが少なくありません。さすがに塩蔵なので腐敗はしていないですけど。
この魚特有の臭いを消すにはいい方法があります。

魚の臭いの原因は「トリメチルアミン-N-オキシド(C3H9NO)」が分解されて「トリメチルアミン(C3H9N)」という物質になり、さらに分解されて「メチルアミン(CH5N)」という物質に変化するからです。アミンという物質はアンモニアの仲間だから臭いんです。
そもそもトリメチルアミン-N-オキシドは旨味の成分ですが、これは多くの魚介類が体内に持っています。その役割は細胞の塩分濃度を調整するためだそうです。海水は約3%の濃度ですが、魚の体内では1%にコントロールする浸透圧調整物質として、他の遊離アミノ酸と共に働いています。元々トリメチルアミン-N-オキシドは不安定な物質で安定したトリメチルアミンに死後急速に変化。同時に免疫機能がなくなり細菌の活動も活発になり、やがて腐敗臭の原因となるメチルアミンへ分解されていくのです。トリメチルアミンは細菌のエサということですね。

さて化学式からもわかるように、というかアンモニアはアルカリ性です。水に溶けると次のようになるからです。
NH3+H2O→NH++OH-

水酸化物イオン(OH-)が生じる物質はアルカリ性で、水素イオン(H+)が生じると酸性と覚えませんでしたか。
ですから手っ取り早く身近な酸性のもので中和してやれば臭いは消えるか減少します。それができるのが酢酸です。
酢や柑橘系のレモンやかぼす(大分県なので)他にはクエン酸など。
反応して塩(えん)を生成。一方で酢はオルト酢酸トリメチルに変化して酸っぱさもなくなってしまいます。

おそらく古くから経験的に酸っぱいものが魚の生臭さを抑えてくれることを知っていたからこそ、酢橘を絞ったり、梅干しと煮たり、酢〆が行われてきたのでしょう。因みにトリメチルアミンもメチルアミンも水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。従って適切な下処理をして加熱すると見事に魚臭さが抑えられるのです。足の速い魚を酢水を張った桶で洗うのもこうしたことからでしょうね。コノシロなんかがそうです。

ということで2枚は焼き物、1枚はムニエルにして冷凍。
塩鯖は長男の好物なんで喜ぶだろうな。


本日は白菜処理のため「鍋」です。
なんとか鍋などという大層な料理ではありません。土鍋で作ったので鍋なんです。
でも寒い夜の鍋料理って嬉しいよね。温まるし。
明日は昼の雑炊で活用されるでしょう。


関連記事

節約月間


正月に贅沢をしたので、その分を取り戻そうと食費節約に勤しんでいます。今月は現時点で食費20,944円(子どもの学校給食は除く)
どやっ!
そのために見えない努力をしていることも事実ですが、これだけ抑えていてもあまり貧しい感じがしないのは、多分に華音社長と長男の誕生日で凝った料理が入ったからだと思われます。社長のときは申し訳程度にデザートもあったしね。(因みに私の分はナシ)

で、ここ最近はメディアでも「手作り弁当持参」が取り上げられましたよね。私たちも時間が許せれば、イベントのときには「弁当持参」です。しっかり食べられて栄養のバランスも良いですし、何より工夫次第で買うより安上がりです。息子の弁当も高専に通い始めたときからずっと手作り弁当です。
高専には学食があり、かなりリーズナブルなお値段でご飯が食べられます。それでも弁当を持たせた方が家計的は助かるんです。

さてお弁当といえばいわゆる「鉄板メニュー」というのがあると思います。玉子焼きとかウインナや鶏の唐揚げなど。割と出現率の高いおかずですよね。その中でウインナだけでなくハムやベーコンなんかもそうですけど割高になりませんか。当然です。肉をさらに加工してる手間を考えたら高くなって当然。

社長と「今期は長女の弁当も加わるから割高な加工肉は控えようか」と相談していました。我が家ではこうしたものが使われたメニューは「贅沢品」という見解で一致しています。そのクセ、節約料理のレシピで惜しげもなくそのような高級食材が入っていることに疑問を感じていたんです。
多分、我々と同じように感じている人がいるに違いないと面白半分に検索してみるとヒットの中に「ヤフー知恵遅れ」のこのようなトピックが引っ掛かってきました。

この質問者は節約ができない人だろうと想像できます。何故なら米が弁当のために余計に炊くから不経済ではないかなどということからして「コスト計算が丸でできない人」ということが窺えるからです。
本当に手作りだと高いのか実際に息子の今日の弁当で検証してみたいと思います。

IMG_8705.jpg


(単位:円)

ご飯 430g 48.94
梅干し 1ヶ 7.60
味付け玉子   7.45
ウインナとセロリのソテー ウインナ 16.80
  ニンニク 0.27
  セロリ 0
安納芋のバター煮 安納芋 3.30
  砂糖 1.51
白身魚フライ 白身魚フライ 7.48
  ウスターソース 1.42
  マヨネーズ 2.03
メンチカツ   7.45
  トマトケチャップ 1.76
  お好みソース 0.99
ハンバーグ   6.50
ペンネアラビアータ ペンネ 3.68
  ピーマン 1.13
  玉葱 1.50
  人参 1.02
  ニンニク 0.03
  トマトケチャップ 0.37
  ウスターソース 0.27
フレンチサラダ ロメインレタス 7.50
  赤チヂミレタス 0
  パセリ 0
  ミニトマト 8.17
  貝割菜 7.00
  フレンチドレッシング 3.34
  合計 147.50

リストで価格がゼロのものは家庭菜園からの収穫です。
さすがに計量が難しいゴマや塩コショウはコスト算出を諦めましたが、概ね算出した金額から大きくはずれていないと思います。もしかすると、フレンチドレッシングは目側で作ったのでもう少し安いかも知れません。
ちょっと話を戻して高専の学食ですが、メインになるランチが350円と破格です。一度だけ私たちも食べてみたんですが、味もボリュームもこの価格なら満足できます。食べ盛りの男子学生が多いとあって父兄の私たちにまで「ご飯はどうします?」と聞かれました。リストを見てもわかるように、今日はご飯が430gも弁当に入っているのに夜もそれと同じかそれ以上に食べる息子。
でも総額は147円50銭。圧倒的コストパフォーマンス(コスパって言うな)
他の日もほとんどコストは一緒だと思われます。
仮に毎日学食で350円のランチを食べるとして1ヶ月を20日とすると7,000円。弁当を持たせると2,950円で差額は4,050円。年間38,475円の節約になります。高専は8月と3月が丸々休みなので9.5ヶ月で計算しています。
どうでしょう。350円のランチですらこれですから、コンビエンスストアの弁当1食に500円も掛ったら更に3000円出費で、米の1袋如き問題ではないのではありませんか。余裕でもう10kg買えます。

弁当を作るために「惣菜」やら「冷凍食品」に頼ったら、そりゃ高くなるのは当然です。先の「加工肉」と同じ理屈ですもん。半額セールでも買いません。
おかずは冷凍できるものを普段の食事と合わせて作っておき、小分けしてすぐに冷凍へ。逆に冷凍すると食味の落ちる「雷蒟蒻」とか「春雨のサラダ」「ジャガイモを使った料理」は前日か当日に作るなどの工夫が必要。お節で作った「煮豚」も弁当に入れられるよう、冷凍して2回分ほど別にしていました。
子どももこういう「特別扱い」は嬉しいものです。
しかも冷凍したおかずは凍ったまま詰めて自然解凍すれば作る時間が短縮できるだけでなく、それ自体が保冷材の役目もしてくれ衛生的にも良好です。
実は家庭での食中毒発生件数は全体の大半を占めています。この点で大量生産されるコンビニ弁当やパンには完全に負けています。これらが常温で腐らないのは高い衛生管理のお陰です。たとえばパンの工場の場合、空気のモニタリングによってカビの胞子が何個(!)あるか、というレベルで管理されています。そのために防腐剤を使用していなくてもカビが生えないのです。現在の日本の工場とはこのレベルなんです。

ご飯も少し余分に炊いて、使いやすい量で冷凍保存し、もしダブついたら迷わず「炒飯」にします。炊きたての米より冷凍ご飯の方が美味しくできるからです。

もうお分かりでしょう。段取り良く工夫して計画調達することで手作り弁当は経済的だと。そのお金を他のことにまわすことでゆとりとすることもできます。我が家では勉強用の本はケチらないのです。必要と思われる書籍はAmazonで自由に注文して良いことになっています。また緊急事態にそなえて貯蓄することも可能。これは万が一の病気や将来の学費として備えるもの。

節約ばかりのようですが、それでいて味で楽しませようとも心掛けています。
夏の暑い時期にかやくご飯を何回かやって残し、貯まったところで「蕎麦弁当」とかもちょっと楽しい。まぁ朝にこれを仕込むのは面倒ではあるんですけど、蓋を開けた時の驚きが楽しくてついやってしまいます。蕎麦打ちはコスト的にアウトですが、麺汁は作ってます。市販品より旨くて安いからです。

「節約とか言ってながら『ビーフシチュー』とか贅沢なもんやってんじゃねぇかオマエ」などというお叱りもあることでしょう。
確かにコストが掛りました。
初日の製作費は880.51円でした。我が家の1日分の予算に迫る勢いです。
しかし、翌日の分も残り、これに手直ししてハヤシライスにするのに144.5円。その翌日の社長と私のお昼ご飯分まで行きましたから、延べ12人分を1025.01円で賄ったことになり、人数割りすると初日と2日目はAv477.088円だったことがわかります。今月の食費は967.74円/Dayですから、朝からでも十分に予算内に収まっていました。
味はいわゆる洋食屋さんの味。できあいの市販ドミグラスソースでは望むべくもない至高の一皿。到底この価格でレストランでは食べられるものではありません。
昨日の「鶏レバーのソテー赤ワイン風味」も2日目がとてもまろやかで美味しいのですが、この2品に使ったワインは2011年のボルドーの頂き物。
2011年というとワイン好きはご承知でしょうが、ヨーロッパの天候が悪かった年です。その前2年が滅多にない天候に恵まれ「グレートイヤー」と高値がついたのに対して、2011年は値の付かない難しい年でした。そのフルボトルをずっと3年寝かして、こういう料理に使ってやろうとストックしていたんですよ。
時間という贅沢。

あと2004年物のカベルネ・ソーヴィニヨンも寝かしてあるんだけど、いつ飲もうかしら…


本日は「鶏のパン粉焼き」
これも何を隠そう始末の料理。オイルを多目に熱したフライパンで揚げ焼にするのですが、そのオイルの正体はコンフィを作ったときのオイル。ローズマリーやタイムの香りも移っているので、基本の味付けは塩コショウとニンニクのみと極めてシンプル。もちろん財布にもヤサシイ価格で作れます。


関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

10 08 07 05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

12 | 2015-01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31