1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルニャ

今日は一日病院で時間とられてヘトヘトの華音さんです。

えー今月初めから世間を賑わしていた華音さんのぎっくり腰ですが、この話題もそろそろ終息に向かってきたと思った矢先!
新たな事実が発覚。

なんと「ヘルニア」

もとい

「ヘルニャ」でした!

MRIを撮ったところ、頚椎の間に何匹もの猫を確認することができました。
これは世間でいうところの「ヘルニャ」であることは間違いないと思われます。
喉をゴロゴロ言わしているものや毛繕いをしているものなど、それぞれに思い思いに過ごしているようですが、その中の1匹などお腹を見せてひっくり返るほどくつろいでおり、華音さんの脊髄はかなり居心地のいい場所であろうと推測されます。

ということで…

この痛みとは長い付き合いになることが決定。
一応リハビリに通いつつ腰痛体操を続けることで何とかなるかもということです。


本日はピーマンの肉詰めならぬ「ゴーヤーの肉詰め」
中々おいしい。しかし、ゴーヤーは一度ゆでてから具を詰めた方がより一層おいしくなるだろうとの見解です。
スポンサーサイト
関連記事

先生、何で数学の勉強は必要なんですか?


Facebookでニュースフィードにこんな記事が上がってきました。

子供の頃からの疑問「なぜ勉強をするのか?」ある母親が出した答えに絶賛の声!

絶賛ねぇ…。
どうして、この手の記事のタイトルは大袈裟なんでしょう。

自然科学は身の回りのの「何故」を解き明かすことからスタートした学問です。数学や理科とは、割と単純なところから始まった学問なんですよね。語学はどうでしょうね。これはちょっと難しいかも。社会科は言うまでもなく「社会の仕組み」について学び、歴史では私たちの生い立ちについて学びます。
いずれの学問も、将来必ず必要になるものです。
人類は誕生から、その謎を多く解き明かしてきました。時には生活の豊かさにつながったり、時には戦争につながったこともあります。
しかし、根底にあったのは我々の「何故」という「好奇心」だったのだと思います。

そもそも私の子供たちに「なぜ勉強するのか?」なんて訊かれたことがありません。
学問ほど人間として面白いエキサイティングなことはないからです。知らないことがあるから学び、わかると更に知りたくなるのが人の性ですよ。
だから私ならこう答えます。
「楽しいから」

タイトルはかつて長女の担任が訊かれたことです。その答えは「何に役立つんやろな、先生もわからん」ってオイ!
数学って理工系だったら即ツールです。めっちゃ役立つやん!


本日は「焼肉」
とは言っても、*Clear*家は貧乏ですから肉は鶏肉(笑)メインは野菜です。
でもタレは手作り。弁当でも使えるし安上がりなので以前から自作しています。

関連記事

なかなか大変でして


ブログが2日ほど停止した理由。
それはとても忙しいということになりましょうか。

実は今回のオーダーは夏の高温で苦戦しております。切り出した材が急速に乾燥したことで、節周りの狂いが想像以上でした。これが思いの外、修正に時間を取られることになったわけです。
それに加えて、申し込みの入った居室のメンテナンスも同時進行。
もうね、猫の手も借りたいほど忙しい。

でもね、子供たちにも手伝ってもらいながらのメンテナンスですけど、それが不動産会社の営業さんには甚く感銘を与えたようです。今日、先日の少しばかり調度品を置いてみたモデルルームの撮影のために来館したのですが、家族で物件維持をしていることはとても珍しいだけでなく、そうして子供たちが協力してくれることは滅多にない、そういうことでした。
加えて、モデルルームは女子のハートをガッチリ掴んだようで、評判は上々。部屋の評価も上がって、この部屋が決まれば念願の100%稼働に漕ぎつけます。

というか、10年越えの物件で100%稼働なんて普通じゃないですけどね。
そうなってくれないと、デザイン性を優先することで商品価値の下がりにくい物件にしようとした目論見が外れてしまうんですよ。
私はまだこのビジネスモデルは間違っていないと信じています。


本日は「チリコンカン」
メキシコ発祥の料理ですから、それはもう激辛。
食べているとじっとりと汗が噴き出ていきます。

関連記事

ファーストリテイリングの苦戦


猛烈な雨音と風の音で早朝に目が覚めてしまい、すでにアタマがまわらないIKEAです。
いやー、凄かったっスね。台風が通過した後の吹き返しも何だか強烈で、重量鉄骨のアパートが振動するなんでホント滅多にないことです。沖縄の方では、信号機が倒れたとか。

さてお題の通りなんですが、ユニクロが苦戦をしています。全世界に3000店舗を構え、この25年間に200倍に売り上げを伸ばしてきた優等生でしたが、今年の6月が前年同月実績を11.7%下回りました。
言うまでもなく、ユニクロは日本の広い層に受け入れられ、現在では外国人観光客にも日本来たら「一度は行きたいショップ」というブランドになっています。
それでも売り上げが急落して、もしかするとユニクロのビジネスモデルは終わろうとしているのでは、そういう声も上がるようになりました。

私の印象ですが、近年の原材料の高騰や流通コストの増大分を値上げしたことによるダメージではないでしょうか。というのも、かつてユニクロといえばそこそこの価格でそれなりの品質が得られるところに価値があったからです。あまり流行に左右されないベーシックデザインの衣類がまずまずのお値段で買えることに最大の価値があったように思えます。だからこそ、年齢や時代を意識しないアイテムやインナーの品質向上路線があり、更には「ヒートテック」を代表とする、ユニクロならではの「高機能商品」が魅力だったわけです。

まさかユニクロを高級ブランドと捉えている日本人はいないと思われます。普段使いできるアイテムが揃うからこそお値頃な価格であり続ける必要があるのだと思います。一方で高級ブランドの老舗、例えばシャネルやルイヴィトンなどは支払う限界値がユニクロとは比較にならないほど跳ね上がります。それは「そのブランドならその程度が普通」と思える土壌がすでにできあがっているからです。この差は大きいと思います。

ユニクロが打開というか破壊しようとしてきたものこそ、そうしたファッションブランドの「文化」でしたし、おそらく社長柳井正氏の経営哲学だったと思うのです。言ってみれば高級ブランドの場合、価格の設定に自由度が高い分、価格が上昇してもあまり購買層は大きく反応しません。しかし、普段使いというポジションのユニクロでは僅かな値上げでも、元々の想定している価格が小さいために「強烈に損をしている」気分を感じてしまうのです。これは、こうしたファストファッションのブランドがもつジレンマだと思います。

私たちのビジネスモデルはユニクロのような「大量生産・大量消費」ではありません。
強いて言えば手作りなだけに「高級ブランド」に近いビジネスモデルです。それを、何を履き違えているのか、強烈に安売りする連中がいます。それも理由が何か良くわからないものなのです。
「持って帰りたくないから」(じゃあ、そんなに持ってくるなよ)
「まだ自信がないから」(じゃあ、自信がついてから来いよ)
こうした不謹慎な理由から破格の値段を付けるのは、正直他の人にとって迷惑行為です。そればかりか相場以下で販売することによって価格が不当に崩壊し、なかなか労力に見合うだけの値付けができない状況を生んでいます。それこそデフレスパイラルなのです。
この構図こそ、全く業態の異なるユニクロと同じ苦悩と言えるのではないでしょうか。


本日は「メシア丼」
長女からのリクエストにお応えして(笑)
夏休みに子供たちに覚えてもらおうと作らせてみましたが、何かが私と違うのです。何が違うんだろう?
これは家から出て行った子供たちが帰省するたびに注文されそうな気がしてきた。

関連記事

ぴ、PCがぁーーっ!!

key-board.jpg

朝、居間に行くと何やらIKEA氏がワタワタしている。
不測の事態があると、いつもは人一倍冷静なのが嘘のように慌てふためくことをよく知っているのですが、大抵がそんなに大変なことではないことが多いので、ここは慌てず騒がず訊いてみることに。
「どしたん?」
「PCが起動せん。電源ボタンがイカレてるっぽい」
「………」


え?
そりゃーーー…
エライこっちゃーーーっ!!


と一瞬思いはしたものの、それって原因がはっきりしてる分すぐに対処できるのでは?
なぁーんだ、すぐに修理終わるじゃん!



いえ、すぐには終わりませんでした。


PCを解体して電源ボタンを付け替えられるようにしていたのですが、どうやら以前からキーボードの汚れが酷いことが気になっていたようで、いきなりキーボードバラし始めましたよコノヒト!!
【キーボードバラバラ事件】と、後の人々が言ったかどうかは定かではありませんが、とにかくめんどくさいことを始めたIKEA氏。
ところがどっこい。
洗ったキーボードを組み立てる段階になっていきなり楽しいことに!
バラバラに外したキーを記憶を頼りに嵌め込んでいくと、結構憶えていないことが判明。長男も加わって3人であーだこーだと言いながらパズル感覚でやっていましたが途中でギブアップ。
「こういうこともあろうかと、ちゃんと写真撮ってたんだぜー」とドヤ顔で言うIKEA氏に「当たり前やろ」と心の中でツッコミつつ、写真を見ながらパズル完成(いや、キーボードやん!)
何だかんだでほぼ一日仕事でした。
あれー、今日なにしたっけ?てな感じ。


本日は「ゴーヤチャンプルー」「鶏レバーの煮物」

関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・You-caのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト


イベント

---
クリスマスアートマーケット Vol.27
日時:2016年12月10日(土)10:00~16:00
場所:大分市アートプラザ 2F アートホール


ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

07 | 2015-08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。