1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

ブラック企業


朝5時から仕事しています。
もう根性ですね。

先日の新規入居からのメンテナンスから引き続きですからかなり堪えてきました。
言うまでもないでしょうが、我が物件のメンテナンスは「掃除」のレベルではありません。補修から修理まで、クルマで言えば「レストア」に近いかも。
そこにオーダーが重なったのですから、そりゃ大変ですよ。
いつも思うのです、どこの馬の骨かもわからないヤツに何万も払ってくれる人って「凄い」と。お蔭で私は仕事できます。
だからその人たちをガッカリさせたくないと思うんですね。できれば「期待以上」の技を提供したいと。
明日もまた頑張ります。
あと5台だ!

今日は「ジンギスカン」
えーと、私20年以上食べてないですね。
北海道に旅行したとき以来ですから30年弱かも。
羊の肉って結構柔らかだったんだ。上品な牛肉とも言えなくもない。
490gで249円。
ご飯が進む~(*´∀`*)
関連記事

祭り最高潮!!

春のオーダー祭りは本日新たなオーダーが入り、祭りも最高潮に達しております!
そして、IKEA氏のイライラも最高潮!!目が三角を通り越してつり上がっています。「仕事がある内が花だ!!」とか言いつつも怖い顔。いやこれは必死の形相と言うべきか?

などと、あんまり茶化したような書き方をするとキレられそうなのでアレなんですが(アレとは?)
頑張るのは良いですが、体を壊さない程度にして欲しいです。体壊しても、中々病院行きたがらないしね、コノヒト。


3日の臼杵のイベントで死にそうな顔したIKEA氏を見掛けたら、そっとしておいてあげてくださいね…


本日は「大根と鶏胸肉のクリーム煮」と「ほうれん草の白和え」
シチューに白和えは合わない。しかし、クリーム煮なら…?
関連記事

春のオーダー祭り


2016-03-27-1128.jpg

世間では春のパンツ祭り、もとい春のパン祭りをやっていますが、こちらはオーダー祭り。
現在はオセロのステインカラーのみのモデルとリピーター様からのピアスディスプレイスタンド4段モデル。
あと男性用の弁当箱(こちらが完全に止まってしまっている)
更に本日、3本まとめてのオーダー。
まさに祭り。
こういうこともあるさ、ととにかく仕事が入ってくる時は良いですけど、切れてしまった時に戦々恐々なのがフリーランス。将来そうなりそうな長女に「これがフリーで働く人々の姿や」と言い、将来への覚悟をしてもらわなくては。
今でこそ、毎月そこそこのお仕事を発注していただき何とか人並みに暮らしています。それは数年前のことです。ピタッと何もオーダーもなくなった時期がありました。全く1年間丸々です。
悪いときには悪いことが重なるものでして、当時のアパート経営の状態も悪化。一気に空きが出ることになりまして、毎月の返済にも苦慮するようになります。この時期はちょっと精神的に追い詰められて鬱状態だったと思います。
こうなった原因は自分にあって家族を巻き込んだ責務から、自死すら考えるようになっていました。生活を支えるために私は夜にコンビニで働き、社長も某寿司チェーン店でかなりブラックな働き方で食い繋ぎ1年で経済回復させ、翌年には貯金すらしてみせたのは私の手腕。
ただこの頃は工芸の世界に見切りをつけようと本気で思っていた時期でした。
あるイベントで私の作ったかなり大きな棚を「投げ売り価格」で出していました。
イベントももう終わろうか、という頃になって「これ頂きたいんですけど、本当にこの値段で良いんですか」と尋ねられました。
「ええこの値段で大丈夫ですよ、何ならタダでも良いです」
その棚を収めさせていただいた方から家の家具一式をオーダーされ、それでやっと自信を取り戻すことができました。それでウチが何とか子供を学校にやれたのは事実です。
このお客様が私にはまさに「神様」に思えました。
私の仕事を信頼して仕事を任せてくれるお客様を絶対に裏切らない仕事をする。その気持ちはこうした経験から生まれたものです。私にとってお客様が第一であって、自分は二の次なのです。自分が納得するか、ではなくお客様が納得することが第一です。
そのためには「相手に寄り添う」ことが、とても大事だと思うのです。
と、一日中、目が三角だった私が言ってみる。


本日は「回鍋肉風炒め物」
あくまで”風”ね。
500g299円でゲット!もやしで嵩増しは忘れませんです。


関連記事

お迎えの準備整いました


305-04.jpg

早朝から忙しい。
新規ご入居者様をお迎えする最後の仕上げ。
新生活に必要なメンテナンスブックやゴミ出しカレンダーを玄関にセット。
アパートの植栽から花を摘み取って飾るのも我が物件の特徴。
今回はイングリッシュラベンダーと白のビオラ。
決して豪華ではないけれど、私たちからのこうしたお出迎えこそが他の物件との「差別化」です。
できるかできなかは「状況」に拠るでしょうね。例えばオーナーが遠方の人だったらムリです。それを不動産会社の営業さんにお願いするのもムリでしょう。できるからやると言うスタンスも、ビジネスの基本かと思いますね。
よくある一般論が全てに通用するわけではありません。
貴方にしかできないことや、貴方だからこその特殊性がある以上、解答は貴方が考え苦しみ出さなければならないはずです。
ビジネスのセミナーは参考にならないわけではありません。ですが、その大半は考えればわかることばかりで、気付かない自分に問題があるのです。また、セオリーは何故セオリーなのか理由を考える必要もあります。そこに普遍性のある解釈が生まれると考えているからで、誰かが言った模範解答を「猿真似」してもあなたの実力にはなりません。
ビジネスとは頭脳労働であり、同時に精神力を試される場所でもあります。


本日はメインがメンチカツ、パスタのサラダ。我が家のご飯はこの品数ですけど何か?
これでお腹いっぱいになるよね普通。
これ以上あったら食べ過ぎでしょう。つか、秋山好古は飯と沢庵だけの食事でしたし。
パスタのサラダには山葵を使っています。粒マスタード、山葵、白出汁、酢、EXオリーブオイルを合わせたちょっと変わった味付け。
それが奥さん、とっても合うんです!

関連記事

対価の基準


305_03.jpg

更新が3日滞りました。
毎度のことながらですが、一見キレイに見えた部屋も、家族総出で5日間掛かってようやくメンテナンスが終了。
明日にはお客様をお迎えします。

さて住宅費は基本3大費目の中でも大きい存在です。
賃貸住宅の家賃となれば、被服費とは違って毎月必ず発生しますし、食費の場合は毎日必要ですが工夫して抑えることもできます。
もちろん住宅費が他の2項目より高いのは「高額」だからです。でも、その価格の根拠まで知って払っている人はあまりいないのではないでしょうか。
現在の建築物は、工業製品の部品を組み合わせて作りますし、本来設計には基本モジュールと言われる、基準となる寸法を利用してブロックの組み合わせのように設計されます。それでも、この世に同じ建物は存在しません。
最大の理由は立地条件が異なるからです。しかし、この建物の場合は、それ以上に現場で作る「一点もの」が多い建築物でした。
たとえばこの天井は、この建物のアイデンティティでもあります。
この形にするために、多くの材料を指定のRで曲げて使っています。
他にないデザインがこの賃貸建物の付加価値です。

唐突ですが、1万円以上する本を購入したことはありますか。
人によって様々な価値観はあると思いますが、一般的に1万円以上する本は高価でしょう。
高価であるからには理由があります。しかし、その本の原価まで考える人はあまりいないかも知れません。
私は印刷会社に長年勤めましたのでわかるのですが、その1万円以上する本の材料原価はかなり安いです。何故なら、機械を使って大量生産するシステムだからです。むしろその程度の原価率でないと倒産する会社が続出するでしょう。

先日ネットで見掛けましたが、TOKIOの「鉄腕DASH」で究極のラーメンというコーナーがあるらしいのですが、原価が600円すると聞いて「2,000円以上じゃないと売れないじゃん」と松岡が言ったとか。これが普通の感覚です。
彼らはビジネスの感覚も優れています。
ラーメンの原価率が30%とか高過ぎです。食品関係は回転率が高いので原価率ベースで価格設定します。その中でも飲料は極めて原価率が低いグループで、その次に「粉物」と呼ばれるグループが入ります。ラーメンはこのグループに近くて、通常だと原価率は20%もないでしょう。それを大量にまわせるシステムがあって初めて店も維持できるし、従業員に給料も払えるのです。

正直なところ、こうした相手の生活がどのようにして成り立っているのか無頓着だな、と思う時が結構あります。
手作り品なんて本と違って、大量生産とは無縁の世界です。場合によっては、ウチの賃貸みたいに一点ものという場合すらあります。
その対価をどのように判断するのか。
私は、そうしたものを「贅沢」なものだとも思いますし、また「心を潤す豊かさ」だとも思うのです。
だからです、他の人の値付けは大丈夫なのかとも思いますし、スーパーで食料品を買うような感覚の人もちょっとどうなのかなと。
人によって物差しは違いますが、やはり正当な評価をしない人は「客でない」と割り切る必要もあるでしょう。
売る方も売る方で、芸術家や工芸家「気取り」にありがちな「儲けてはいけない」というような風潮も、ぜひ改めねばならないでしょうね。ぼろ儲けすることに問題があるのであって、自分の労働や能力に正当な対価をつけることは、当たり前です。
それを否定するようなら、もはや共産主義国にでも行けば良いのに。
いや共産主義国では、資本主義国よりもっと酷く搾取されますが。


今晩は「鶏と玉子のマヨネーズ焼き」
鶏胸肉を柔らかく食べられるレシピで、時折作ってます。
下準備してグラタン皿に載せてオーブンで焼くだけ。
今日は新じゃがとアスパラで嵩増し。

関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

07 05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

02 | 2016-03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2016-03