1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*
  2. *clear*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人と海


いろいろと本は面白い発見を与えてくれるものです。
おそらく「ある書評」でも書くと思うのですが、書籍の良さはある事柄について体系的に知ることが出来る点に尽きると思います。ネットでも我々は手軽に情報を得られるようになりました。それでも本は必要です。むしろネット社会の登場がそう思わせるようになったのかも知れません。
かねてから言われているように、大東亜戦争はソ連コミンテルンの工作によって、日本と米国という資本主義国家の対立構造を作り共倒れさせるためでした。多くの動かぬ証拠として、日本サイドではゾルゲ事件を起こしたリヒャルト・ゾルゲの配下だった朝日新聞記者の尾崎秀実(ほつみと読みます)は近衛内閣内部に入り込み、対米戦争を焚き付けました。戦前の朝日そのものが共産主義シンパだったのは、尾崎の論調と同様に、国民に戦争を煽るだけ煽った点に尽きます。
さて問題は、そうした工作が可能なのかどうか、という点でしょう。
以前からの調査で、ある程度のそうした手法が明らかになっています。今回はメディアをどのような操作によって対日戦争へ誘導したか詳細に知りました。
メディアを操作するために利用したのは労働組合でした。アメリカ新聞ギルド、というのがそうです。
1933年に設立された組合ですが、1935年よりアメリカ共産党の巧みな働き掛けが始まります。当初は編集者や記者が中心だったものが、事務員などの従業員が共産党の指導の下次々に加盟し半数以上を占めるようになると、簡単に共産党によって乗っ取られてしまったのです。
第2のターゲットは作家でした。
アメリカからソ連に追放されたジョン・リードの名を冠した「ジョン・リード・クラブ」を1929年に設立しました。ジョン・リードという人はロシア革命やメキシコ革命が始まると現地に取材。労働者に寄り添ったルポを書き有名になった人物です。1919年にアメリカ共産党が設立されていますが、これにも関わっています。
元々が左派の、つまりプロレタリア文学に傾斜していたような作家らが作ったクラブとということになります。ココが米国における文学のプロパガンダの中核になります。
反ファシストを掲げ、共産が民主的でもないのに「ソ連が最も進んだ『デモクラシー国家』」だと喧伝し、作家はデモクラシーを推進する作品を書かなければならない、などという赤面モノのことを言ったわけです。ウソ仰い!
ともかく日本やドイツを擁護するような文書は罷りならん、との論調でした。
さてそのメンバーに著名な作家が名を連ねています。
そのひとりがヘミングウェイです。
偶然ではありません。彼は真っ赤っかの思想を持っています。現にスペインの内戦で人民戦線に関わっています。人民戦線はソ連シンパの共産主義です。そのことを元に書いたのが「武器よさらば」や「誰がために鐘は鳴る」 ほらアカでしょ。
ヘミングウェイはノーベル賞を受賞した「老人と海」が有名で読んだ人も多いことでしょう。あれってノーベル賞を受賞するような内容でしょうかね。実は受賞は政治的な思惑からとは大人の事情。
84日間も漁の成果がなければ干上がっちゃうよね、とか「夢落ちかよ」とかツッコミたい内容だと感じながら読みましたっけ。言わんとすることは分かるが、だからどうした的な印象でした。
老いは誰にでも訪れる平等な宿命ですけどね、体力面ではともかく、人間的成長は長く生きた者でしか得られないものがあるはずです。そうした崇高なものを評価せず、ムダに若いときの体を求めているような感じがイヤでした。元祖アンチエイジング。
イデオロギーで作品の判断をすべきではないと思います。事実、左巻きの人の作品でも好きなものはあります。しかし音楽や絵ならいざ知らず、文学は作家の考え方がかなり反映されますから好き嫌いが出てしまうのは仕方がないでしょう。
ところで、芸術に関わる人に少なからず左翼的な思考が蔓延るのは、その世界を長い年月を掛けて左翼思想に染めてきたことが原因のひとつでしょう。新聞や文学を左翼的にし、それをエリート気取りや知性派を気取って読む。感動して(私は違うが)広める、の流れ。
絵は感情で描くんだ、とか言ってる人いましたけど、それって感情が常に「正しい」と思っているから、そんな厚顔無恥なことが言えるんだと思いますね。感動も含めてですけど、一種の興奮状態だと考えられるわけです。それが良いんだは、結局「キチガイ状態が良いんだ」と言ってるのと変わらないんだと思うのですね。だから深く考えず上っ面の良い言葉に感動して興奮してキチガイになるサヨクにシンパシーを感じやすいことになるのでしょう。
感情の反対側にある「理性」も上手く使わないと、ただのバカになっちゃいます。本当にどうしようもないバカが居ますんでシャレにならないわけですが。
そうそう、キチガイと言えばヘミングウェイはショットガンで自殺。なるほどね、心は作品を執筆しても満たされなかったんだ「老人」のように。
命の尊さを貫けよ、とは単なるお節介です。
かなり皮肉を込めましたが、ヘミングウェイがフィッツジェラルドのアル中を皮肉って批判していいたのに、自分もアル中じゃん、というのが乗り移ったのでしょう、きっと。




スポンサーサイト
関連記事

お客様は神様か


誤解を恐れずに言えば、お客様は神様ではありません。人間だよね。
冗談は兎も角ですね、売る側と買う側は対等な立場であると考えます。もしここに上下関係があるのだとしたら平等主義の左翼が「人権がー」と叫べなきゃならないはずです。
こういうことを書いているのは、ここ最近の話題で思うところがあったから。
ひとつは寿司屋でシャリを残す投稿が話題になったからです。
原因は「糖質制限ダイエット」 それを実行しているというアピールのためのツイートかと思われます。

あのな、それなら最初からシャリ抜きで注文しろよ。
できるんだよ、そういうの。ただし金額は変わらないけどね。
ダイエットアピールのために食べ物を粗末にすることに対して「不謹慎」だとか「モラル」とかが議論になってるってクズですよ。無知なこいつ等がただバカなだけだって話です。
不謹慎な客はすでに客ではありません。

もうひとつは近鉄の車掌が飛び降り重症の話題。
記事内にあるように、当時の車掌は数人に取り囲まれ、罵声浴びせられるなど通常の精神状態とは考えられません。これを耐えろ、とは余りにご無体ではありませんか。
年間、鉄道関係者が暴力を被るケースが年々増加しており、年間900件がこうした暴力を伴うクレームだったとされています。
一方、近鉄側ではこうしたクレーマーに対しての対処で特別な規定は用意していない、との回答。更に客との争いはご法度とあり、その場に置かれた職員の神経はどのようなものか想像に難くありません。
これでは一方的に殴られろと言うのでしょうか。
そもそも暴力を振るった時点で客ではありませんし、警察に通報すべきです。

近年、医療現場においても理不尽なクレームを付けたり暴力が行われているとの報告があります。それ以外でも小売業など様々な分野で、非常に理不尽なクレームをする人間が増えているばかりか、それを目的に来店するケースを明らかに見ています。
こうした人々を外敵と見做して、従業員をきちんと守れないと、この国の経済に大きな影響を与えかねない問題です。
自分の事しか考えず、公共性を著しく損なうような行為は客ではありません。それが子供であってもです。公共性を育てるとは、そうしたシーンにおいて親がしっかりと躾けることです。子供のする行為を、どのようなものであっても「ニコニコ顔」で見ているのが親だと思っている「バカ親」が次のバカを育てているのです。バカは遺伝子同様、遺伝していくのですよ。

だからこそ売る側も毅然とした態度を見せなければならない時が必ずあります。そうしなければ守れなくなるからです。
その前提はお互いが対等である、という認識をしっかりと持つことです。
その昔は、売っていただく、売ってやるも存在しました。そぐわない客は頼み込まないと売って貰えないことも多々あったのがこの国の歴史です。どちらが欠けても商売が成り立たず、それがお互い解っているからこそ健全な市場があったのです。
だから場違いな失礼極まりない者には「一昨日来やがれ!」と一蹴しても構わないのです。それで商売にどれほどの影響もありません。ソイツの思い上がった考えに冷や水を浴びせる方が、余程この国の幸福を生み出すことになるでしょう。
私、一昨日来やがれは一度言ったことがあります。
*Clear*は常にお客様に感謝をし、不当な客と差別する「平等主義」を貫くリベラルです。
だから言えば良いのです、山口二郎氏のように

13907072_1062772600483385_2706788477211898528_n.jpg


『クレーマー。オマエは人間じゃない、叩き切ってやる!』と白目を剥いて叫びましょう(笑)


関連記事

歳の所為かな


artmarket2602.jpg

artmarket2603.jpg


第26回アートマーケットに出展して参りました。
今回は、大変疲れました。2日間だったことより、ワークショップが盛況だったことからでしょう。
その疲れを、まだ今日まで持ち越しています。

老若男女問わず、体験されたり興味深々でお話いただきまして、誠にありがとうございました。
やはり男性は道具に関心があるようで、作り方やら苦労談など様々な話に花が咲きました。木工で花形なのはやはり鑿と鉋となるのでしょうけど、鑿の場合、じゃあ何作るのとか、短時間で作れる品物を思いつきません。その点、箸なら鉋掛けを体験し、遅くても1時間で一膳拵えることが出来ます。

artmarket2604.jpg

artmarket2605.jpg

artmarket2606.jpg

木工の手道具を実際に見ることも触ることも減りました。だからこそのワークショップ。
同時に木工の難しさの側面を知っていただくことにもなりましょう。ほら、価値が上昇するじゃないですか。
最初は上手くできるのか不安な表情だった体験者も、出来上がれば笑顔。
モノ作りは「完成」する「楽しさ」が長続きするコツ。
自分で作ったら、それは販売している箸のようにウレタン処理されてなくても嬉しいものです。ちょっとした自慢でしょ。
まぁ、そんなわけで、色々とハードな2日となってしまいました。

一方、今回のライブは音楽に合わせて絵を描く、というパフォーマンスが行われていました。

artmarket2607.jpg

しかし、2日目。その会場と真反対の場所では、違ったパフォーマンスが繰り広げられていました。
題して「イラストレーターあだちかなライブドローイング」
初の試みですぜ、旦那。

artmarket2608.jpg

私も絵を描く人間だけど、人前で描くのは絶対ムリ。
アトリエShinyさんが「凄いなぁ、それ500円で譲ってよ」って草生えるWWWWWW
オマエそれはないだろー(志村けん)
まぁ、そんな感じの2日間。
疲れたけど楽しかったと。疲れたのは都市歳の所為ではないと言いたいところです。

初日にワークショップを体験したいと仰っていた他の出店の方。しかし、時間がなくなり
「出来がったものを買うことにした」と。
いろいろ話している内に陶器の話になりまして。一人だと大きいお皿とかは出番がない、というものです。
だったら、お皿に点盛で盛り付ければ良いんじゃないですか、日本料理は基本、余白の美ですから
そしたら、そうね使いましょう、お値段以上の価値があったと喜んでいただけました。
同時に、磁器と陶器の扱いの違いにも言及。つまり本来の陶磁器には、正しい使い方があるのです。
見えない小さなヒビや穴があり、使う時には予めお湯に浸して使うものなのです。そうすることで、それ以上内部に汚れが入らなくなりお手入れが楽になるのですね。それでも残る汚れは「味」として作品の深みを増していくものなのです。
骨董の良さとは、良い手のモノだけでなく、人が使い年月を重ねて作られる味わいに価値があるはずです。漆器にもそうしたしきたりがあり、年月を重ねて増す色艶は、作ったばかりのものとは違うからこそ意味があると思います。

こうしたイベントを通じて、工芸や芸術の世界の側面に触れていただければ良いのかなと思いますね。

そして*Clear*の事件はテレビ取材を受けたことでしょう。
お昼のローカルニュースで放送されましたが、意外にバッチリ写っていて笑っちゃいました。

この次はクリスマスアートマーケットでお会いしましょう。


関連記事

アートマーケット2日目



今日は朝イチでワークショップのお客さまが!凄い!という事で、IKEA氏頑張れ。←応援だけの人www

生憎の雨模様ですが、朝からお客さまが多いです。楽しんでいただけると幸いです。
本日16時まで、アートプラザでお待ちしてます( ̄∇ ̄*)ゞ

関連記事

アートマーケット開催中



アートプラザがポケストップになってて大喜びの華音さんです。
モンスターボール取りまくり。しかし頭が痛い(´д`|||)

そんなこんなで、アートマーケット始まってます。今日明日の二日間です。

大分市アートプラザで16時まで、お待ちしてます!
関連記事

NEW ENTRY « | BLOG TOP | » OLD ENTRY


プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・You-caのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト


イベント

---
クリスマスアートマーケット Vol.27
日時:2016年12月10日(土)10:00~16:00
場所:大分市アートプラザ 2F アートホール


ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

08 | 2016-09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

2016-09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。