今日も暑くなりそうです。これで5月じゃ先が思いやられます。
この季節に夏日を通り過ぎて真夏日ですからね。屋外屋外問わずの木工家の皆さん、熱中症にお気を付け下さい。

さて、本日の話題。塗料についてです。
時々見掛けるのが「この塗料は植物由来の成分で体にやさしい」という説明。
正直言いますと、この説明にはかなり「違和感」を禁じ得ません。しかも「植物」は無害だという思い込みすら感じます。
植物に詳しい人ならご存知でしょうが、そもそも植物にはアレルギーの原因となる物質を有していたり、一部や全草に毒を持っているものがあり無害とは程遠いからです。それも結構身近な植物ですらあるのですから。
例えばスズランは全草に有毒ですし、キンポウゲ科の植物もほとんど。これから旬の緑黄色野菜でモロヘイヤも種は有毒で量によっては人間ですら死に至ることすらあります。春のみに限らず秋にも出現するようになった花粉症の原因も植物の花粉ではありませんか。
もうひとつは、このような説明により「他の塗料や接着剤」が危険であるかのような表現に受け取れるということでしょう。
こうした説明の裏に「化学物質嫌悪感」が元になっていることも承知しています。食品添加物や保存料が入っていないことをウリにしている食品もその心理を利用したもの。
では化学物質は本当に人体に有害なのでしょうか。

台所にに行って食器用の洗剤に付いている注意書きを見ていただけますか?そこには用途が書かれているはずですが「果物、野菜」の表示があると思います。
テレビで野菜や果物を洗剤で洗うと丸で非常識のようにされている表現(料理スキルが低い)を見たことがあるのですが、こうした洗剤が出始めた昭和30年代にはこのような使い方が安全な時代があったのです。
化学肥料を使うことが当たり前になる以前は、肥料は人糞を始めとした堆肥を肥料として与えていました。今で言う有機栽培しか選択できない時代です。この時代までは回虫は極普通に見られる寄生虫でした。もちろん感染ルートは畑に使われた肥料。そこから野菜に付着して食べた人に寄生していたのです。
そこで合成洗剤で野菜を洗うということが行われるようになりました。ですから食器洗剤に要求されたのは多少口から体内に入っても人体に影響を与えないほどの安全性でした。現在でも一部の洗剤を除けば「果物、野菜」の表示がある中性洗剤には頑なにこの安全性を堅守しているので、濯ぎが多少不足していてもあまり心配ないそうです。

一方で爆発的に増加する人口のために食糧を効率的に生産したいという市場からの要望から、より効率の良い化学肥料と農薬を使用した農業が当たり前になってくると、野菜を「寄生虫予防」のために洗うという意識は薄れ、洗剤を使って洗うという習慣は廃れていったのです。
むしろこうした野菜を「浄化野菜」としてブランドのように流通したくらい、日本の畑事情が清潔になったことが受け入れられた面すらありました。
その後、こうした分野の研究は日進月歩で限りなく人体に影響がなく環境への負荷が小さいものへと進化した結果、少ない量でも効果が得られるようになりました。
そもそも営利を目的とした農業では、こうした製造コストは極力小さい方が利益が多くなるのでギリギリしか使いません。近所の農家さんとも話したことがありますが、農薬は最適なときに散布することで総量を減らしていると言っていました。逆に無農薬については「(農薬や肥料はコストに占める割合が大きいので)そうなれば嬉しいが、作物が全滅すれば無利益になってしまうので怖くてできない」とも。これで食っているのですから当然ですね。
こうしたことは例ですが、建材にも規制が掛けられたことで、むしろ問題のあるものを入手する方が困難な時代にあえて「安全性」を訴える意味とは何なのでしょう。
当然、現在流通している接着剤を始めとする建材やケミカル類に人体に影響のある物質が含まれているはずがありません。売ってはいけないからです。
つまり安全性のことに触れること自体ナンセンスと言わねばならないのです。

逆に注意しなければならないのは規制前に作られた建築物や家具でしょう。
これらに使われた接着剤の中にはホルムアルデヒドを含んだものが少なからずありますし、もしかすれば今お持ちの家具も古ければそういう塗料や接着剤が使われているかも知れません。
現実問題、平成15年改正の建築基準法に基いて建てられた建物内でホルムアルデヒドが計測されるケースが報告されています。

それでも「何となく」とか「気分的に」という理由で怖がるのはわからないでもないですが、理系の私には膨大な実験結果を基にした安全の方が安心できるのですよね。
って、これが一般的には最も理解できないらしいが(笑)


** イベント参加予定 **

【大分ものづくり発見市】

日時:6月5日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【大分ものづくり発見市】
日時:6月26日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場