世の中にはいろんな考え方があると思っています。
同じ家族で同じ空気を吸って生きていても同じ考えを持つとは考えられません。いや同じである方が珍しいくらいです。それが親子や兄弟間での争いの元であることもよくあることです。
それを認めた上で対等な立場で話し合うのが民主主義だと信じていますが、こういうものは百歩譲っても断じて許してはならないと私は思います。

page1.gif

この国では主義主張を発言できる自由と権利を有しています。
しかし、子どもはそのための「道具」ではありません。
こういうものを見ると非常に気分が悪くなります。

今、憲法の改正についてこのような主張が根強くあるのは予てから承知の事実です。一方で独立国家が自国を防衛のため守る行為は国際的に見ても正当なものです。この観点からすれば現行憲法の9条問題は非常に歪な条文だろうし、内容はダブルスタンダードです。この憲法がどのような経緯で発布されたか考えてみるのもこういう機会でもない限りないのではないでしょうか。
個人的に、この憲法改正問題は我が国にとって独立した主権国家たるものが何か。そういった戦後60年以上私たちが骨抜きにされてきた「パンドラの箱」を開け、そのタブーとは何だったのか総決算するものだと思っています。
しかし、こういう内容を簡単に拡散する連中も信用できない人物ということなのでしょう。



** イベント参加予定 **


【モノヅクリサローネ】
日時:6月15日(日) 11:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場



【大分ものづくり発見市】
日時:6月26日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)