ちょっとオーダーで設計上行き詰ってしまいました。
フラットバーのクロスメンバーを装着する設計なんですが、中々計算でスッキリした数値が出ないのです。
ある程度の気持ちいい数値が出ないと気持ち悪いので追い込みにかけたものの、どこかに変な数値が出てしまいます。

ちょうどそこに長男が帰宅しました。

「お帰り。帰ったばかりで申し訳ないんだけどさ、こいつを見てよ」

「えーどれどれ。これ何を計算したいん?」
「構造的にはこの範囲に支点を定めて角度とLの寸法を切り良く纏めたいんだけどね」
「単純に逆関数で求めるしかなくね」
「それは解かってんだけどさぁ、それって小数点第5位とか普通に出ちゃうでしょ」
「まぁそうだよね」
「それってさ、正確にアナログで加工できる範囲超えてるでしょ」
「それを丸めるって結構ムズいよなぁ」
「だからさ。INTで丸める方法以外で気持ちよく計算できないかなって思ったんだよね」
「そもそも関数丸めで良いんじゃね。加工誤差の範囲なら」
「そうだよねぇ。そいつだよね」

計算そのものはPCがやってくれるので瞬時に求められます。
大体、モーメント計算なんて学生の時、手計算でも10分くらいでやってたんだから。
どちらかと言うと手法やアイデアに産みの苦しみを感じていたような気がします。計算なんて事務的な手続きですもんね。
手法が決まったんで、この後サクッと設計終わらせちゃいます。


** イベント参加予定 **


【大分ものづくり発見市】
日時:7月10日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)


【大分ものづくり発見市】
日時:7月17日(木) 11:00~16:00ごろ(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)