CREDO140823.jpg
昨日はCREDOに出店でした。
幸いなことに雨も降らず、湿度は高いですが曇りで直射日光で焼き鳥になることもなく、どうにか無事に終了しました。
ちょうど車を駐車場に移動させたところで野良さん(いわゆる『猫処野良猫屋』さんのこと)が来て、荷物を降ろしていたところでした。見ると、以前に聞いていたデジタル一眼購入が「本気と書いてマジと読む」の通り、肩から誇らしげにEOSがぶら下がっているではありませんか。

悪いなぁ、野良さん、私のためにEOS買ってくれたんやな。
と、いうのは冗談として、ついてるレンズが結構明るい。私なんかテレ側135mmが解放F5.6のやったし。その後F2.8の単玉を購入したり。明るいレンズは単玉ばっかりでしたな。
カメラの話をしていた時に「『サラめし』好きなんよな」と野良さん。ご存じない方のために解説しますと、日本放送協会が毎週月曜日の夜22:55から放送している働く人の昼飯をテーマにしたバラエティ番組です。再放送は毎週木曜12:20からやっていまして、ちょうどお昼休みになるので楽しみにしている番組です。
昼飯だけでよくネタが尽きないものだと感心する番組なのですが、とても残酷な番組でもあるのです。
だって、本放送は「そろそろ寝ようかなタイム」ですし、再放送は「お昼も食べて満足」の時間なのですよ。なのに、この番組を観ると妙に腹が減ってくるんです。こりゃ「孤独のグルメ」に通ずる拷問ですよ。
せめて飯前に観たいよ日本放送協会さん。

それで、写真の流れから「サラめし」の阿部了さんの写真の話に。写真家の阿部さんは全国の弁当をテーマに作品を制作していた人で、番組内でもどこかの職場に出掛けて行って弁当と人を撮るコーナーになっています。
その写真が何とも言えず良いんですよ。
弁当というテーマも中々思い付かない気がするんですけど、たとえば透明のパックに入れただけ、なんていう稲荷寿司を絵にするセンスは凄いです。
何とはなしに、そこで話が通じちゃった。

私、子どもの弁当をほとんど担当してまして、イベントのときも私が作ることが多いです。この日も長女がテストで弁当が要るので、朝6時から3人分拵えました。最初は長男の弁当のために起きていましたが、今では目覚ましがなくても起きてしまうほど弁当担当班の仕事が染み込んでいます。

昼近くになってきて華音社長が「お腹空いた」とか子どもみたいなので「食べれば」と言うと嬉しそうに食べて、食べ終わるのを待って社員のわたくしが自分で拵えた弁当を食べ始めました。
そしたら麗羽さんが「いいなぁ愛妻弁当」って言うもんですから「いや作ったのは私」
「愛夫弁当なの!?」
正しくそうであります。

毎回のイベントで弁当は楽しみのひとつ。特に何が仕込んであるか知らない社長は蓋を開けるまでも楽しみだと思いますが、中身を知っている私もお昼は楽しみ。食は人生における最大の楽しみだと思います。
栄養のバランスも大事ですが、目で楽しませ、舌で楽しませ、そこに風情や情緒さえも感じさせる。
料理は「ものづくり」と似たところがあります。
ものづくりはお客様を楽しませることに最終目的があるのだと思うからです。技術やセンスはそこに行くための手段です。音楽をやっていた時もよくこう言っていました。

「技術のための音楽でなく、音楽のための技術たれ」


えーと、すごく説教臭くなってオチが付かなくなってしまい今困ってるんですけどね、阿部了さんのことに戻すと、何が凄いって、やっぱり弁当で作品が成立すると思わないことに挑戦したからだと思います。
一口に情熱と言いますけど、たとえば五島列島での撮影が実現するまで数年も粘って交渉して実現しています。こういう「諦めの悪さ」もですが、自分をそうやって偽らず曝け出す格好の悪さの「格好良さ」を凄く感じるんですよねぇ。


** イベント参加予定 **


【vol.38 ものづくり発見市】
日時:8月28日(木) 11:00~16:00(18時までには完全撤収)
場所:大分市中央町2丁目5-3セントポルタビル1F
   (トキハインダストリー若草公園店軒先)



【第20回アートマーケット】
日時:9月13日(土)14日(日) 10:00~16:00
場所:大分市荷揚町 3-31 アートプラザ