昨日は長男の通う大分高専の学祭に家族で行ってきました。
普段はマジメで勉強も研究もレポートも大変な学生とあって、この日ばかりは解放されるのか本当にバカ騒ぎになります。しかし、そのバカ騒ぎに根がマジメな部分が見え隠れするのも高専祭の特徴です。異様にムダが注ぎ込まれた高専祭の一部をレポートしてみたいと思います。

49thONCT_fes01.jpg

まずはロボ研のヤドマリスをムダにカッコよく撮影したカットから。ロボ研の部員がムダに乗機して操縦してみませんかと誘っています。私も誘われましたが、50が近いオッサンが嬉しそうに操縦していたのではムダな人生を歩んで来たと思われてしまいそうなのでムダに丁重にお断りしました。

高専祭の名物は女装コンテストと言っても過言ではないと思います。借りたのか自前なのかわかりませんが、今年は大分の他の高校の制服姿が何人か見受けられました。メイクは女子学生にやってもらったり、ムダ毛の処理が完璧だったり、そのクオリティはムダに高いのです。実は声を聞くまで男か女かわからないことがあり、今年も素晴らしく化けた学生がいました。

高専祭の名物は何と言っても模擬店でしょう。クラス単位と有志、それに部単独とかなりの数の店になります。中央の広場では、ムダにいい香りを周囲に放つ炭火焼。それにつられて多くの人がムダに寄って来るので、ムダに歩き難くなってしまいます。

49thONCT_fes03.jpg

今年もハッシュドポテトを販売する息子のクラスの模擬店に行ってみました。するとPOPボードの兵庫の野々村元県議と佐村河内守のイラストがムダにクオリティが高くて笑ってしまいました。お隣のムダにでかい艦これの島風のイラストもムダに巧くて、しかも肝心な店の商品と関係なくてこれも脱力します。
肝心なハッシュドポテトは毎年腕前が上がり、今年は外はカリっとして中はしっとりのお店レベルまでムダに向上しています。来年は更に美味しくなっていたらどうしよう。おまけに聞いた時はウソ?と思った目標800個はほとんど達成したらしいです。ムダに商売も上手くなっています。

次男はムダに文芸部のある学生に懐いているし、長女は何故かイラストにペン入れまでしてムダに力が入っています。
長男の部に行ってみると、今年から展示が少し変わって高専プロコンで制作したプログラムがどのような理論で作られたのか説明を付けるようになりました。それがムダに堅苦しくて恐らくその数式は来場したお客さんにはわからない内容です。
時間がなかったらしく、当日にハレパネに出力した説明書を貼ろうとしていますが、あまりに不器用な息子の手際を見兼ねて思わず手を出してしまいました。トンボの引き方や定規と原稿の関係、カッターナイフの使い方などムダに手解きしてしまう私。

49thONCT_fes02.jpg

最後は都市環境工学のコンクリートの破壊検査に使うテストピースの山を撮影したムダカット。
本篇に何も関係ありません。
最後の最後までムダだらけのレポートでした。


** イベント参加予定 **


【minneマルシェ in 門司港グランマーケット】
日時:11月8日(土)10:00~16:00
場所:門司港レトロ中央広場・親水広場・門司港ホテル周辺・ハーバーデッキ



【モノヅクリサローネ2014秋】
日時:11月22日(土)10:00~16:00
場所:大分市ガレリア竹町ドーム広場



本日は「韓国風湯豆腐」です。
昆布と椎茸の出汁ベースに、メインとなる豆腐以外に鶏肉や野菜類を増やしていわゆる湯豆腐と言うより単なる鍋料理です。
タレは酢醤油に煎りゴマや唐辛子を加えごま油を少したらしたもので頂きます。カゼを引いてしまった長男と今日がオールの社長のために色々と工夫しています。