普段から異常行動ばかりの次男がイナビルでどれほど異常な行動をとるのか、と思っていたら相当に応えたらしくずっと寝てるものですから静かになって暮らしやすくなりました。それも体力が回復してくるといつもの騒がしさが戻りつつあり、内心「このままでいろ」と思わずにいられない今日この頃。
長女も夕方には37度になり、ご飯をおかわりする余裕が出て来ました。
次男は火曜日から、長女は金曜日から学校に登校できそうです。

さて、昨日病院の待合で検査結果が出るまでの間、特にすることもないため珍しくテレビを観ていました。私は普段テレビをほとんど観ないので今どんなCMが流れているか知りません。
するとシリアスな作りのCMが流れて来ました。
役所広司さんが出ているので例のあれかなと思いましたが、それまでのシリーズとは雰囲気も作り込みもかなり違います。結論はダイワハウチュのCM。
でも一番気になったのは、チラッと映った黄色いスポーツカー。
デ・トマソ・パンテーラだとはすぐにわかったんですがウイングが付いてるんで多分GT5だろうと半信半疑の予測。ただアメリカではキットカーやGTSベースのカスタムがあるのでわかりません。
それでダイワハウチュのサイトに行ってみるとCMサイトがありました。

やっぱりデ・トマソ・パンテーラGT5でした。因みに役所刑事の乗っている車は古いマークⅡのクーペ。MX30だと思われるのですが、登場したのが1976年でいわゆる排ガス規制の時期。それそれはこの時期の日本車ときたら氷河期の時代。このマークⅡは通称「ブタ目」などと呼ばれていました。

その前に同じようなものでカウンタックが使われているんですね、始めて知りました。そちらも観てみると「ランボルギーニ カウンタックLP5000クワトロヴァルヴォーレ」だとすぐにわかりました。
フロントからのショットでエアダムのサイドにダクトが入っていますから間違いないでしょう。引きのショットでサイドスカートのリアにスリット式のダクトがあることからもそれだと思われます。
このモデルはLP500の5リッターエンジンを4バルブにしたことが最大の違い。なのに燃料供給はウェーバー(笑)
アクセルを踏むだけで肉体労働だったことでしょう。


本日は昼に「うどん」夜は「ホワイトシチュー」
朝はまだ37.8度でしたから消化の良いうどん。夜は蛋白質も炭水化物もビタミンもこのひと皿から摂りやがれ、とホワイトシチューです。
父の作るシチューは美味いやろう。野菜切ったの兄ちゃんなんで。