昨日「一安心」などと社長が書いてますけど、どーなんでしょーねー?
あれだけじゃ足らないとおもいますけどねぇ。

さてさて、随分と小ざっぱりしたご紹介をした昨日の記事ですが、もう少し詳しく情報を今回はお伝えしようと思います。



場所はちょうど「大分銀行 豆田支店」の斜め前。

Beans-map01.jpg

非常にわかりやすい場所だと思われます。
Googleのストリートヴューが撮影した日が店休日だったようなので閉まってますが、矢印で示したお店が「日田ハンドメイド雑貨 Bean's]です。

幹線道路212号線からだと「中央通り2丁目交差点」のローソンを目印に入ると一本道でわかりやすいと思います。この交差点から約1.2kmで、自動車で4分程度でしょうか。
基本道なりですが、エブリワンのある交差点は一見微妙な印象の交差点ですのでご注意を。エブリワンの左の道をそのまま進み、左手に「日田咸宜小学校」を見ながらであれば間違っていません。別に読めなくても困らないんですが「かんぎ」と読みます。すぐ近くに咸宜園という施設があったことから因んだものです。咸宜園とは江戸時代の後期、儒学者だった広瀬淡窓が開いた私塾です。日田が天領であったこともあり、学問は武士のみならず望めば身分も男女の差もなく入塾できたことから全国から入門者が殺到し、江戸時代における最大級の私塾となりました。

昨日の記事にもあるように「日田おひなまつり」の期間中。ぜひ豆田のそうした文化なども散策してご覧いただくとより楽しめると思います。


本日は「牡蠣と蕪のグラタン」
レシピを見た時に「ソースの量が少ないんじゃ」という一抹の不安があったので少し多目にしたのに、思ったより少なくて急遽パン粉やら卵をプラスして誤魔化した次第。
その原因は…牡蠣が少ないからです!
だってレシピの半分以下だもん(てへ)
よし次回は大根や野菜でかさ増しするぞ!(あくまで牡蠣は増やさないらしい)