今日は長女の中学の卒業式でした。
以前からこのブログでも書いていたように、長女は1年の途中から不登校になり2年の途中まで全くと言っていいほど学校には行っていませんでした。
しかしフリースクールに行くようになり、しばらくして学校(相談室)に行けるようになり、高校は不登校だった生徒に対応してくれるようなところを選ぼうと相談していました。そして高校見学などしていくうちに、長女がかなり興味を持つ分野のコースが新設されることを耳にし、本人はそこしか考えられなくなりました。
でもそのコースはもちろん不登校児に対応しているはずもなく「あそこに行きたいならそれだけの気概を見せること」と条件をだしたところ、朝もきちんと起き、みんなと同じ時間に登校するようになり、段々と授業にも出るようになり、ついにはテストを相談室でなく教室で受けるようになりました。
そして今日、他のみんなと一緒に最初から最後まで卒業式に参加することができ、教室でもみんなと過ごし、一緒に写真に写り…その変わりように驚くばかりでした。
1、2年の担任の先生や3年の担任の先生、学年主任の先生にご挨拶に行くと、皆さん「最後の方、すごく良く頑張っていました」と口をそろえて言ってくださいました。先生方がすごく良くしてくださり、いい先生方に恵まれたこと、先生だけでなく、お友達やそのお母さん方などいろんな人に陰で支えて貰っていたんだと今更ながら実感しました。
家に帰りついてしばらくすると、フリースクールの先生からも電話が。来週のお別れ遠足と修了式の連絡ついででもあったようですが、やはり卒業式はどうだったのかが気になってお電話くれたようでした。
本当にたくさんの方に気に掛けていただいていたんですね。感無量です。

長女へ
卒業おめでとう。
あなたの頑張りも凄かったけど、たくさんの方に支えられてここまで来ることができたね。
感謝の気持ちを忘れずに、自分の好きな道を突き進んでいってください。
私たちはいつでもあなたを見守っています。


本日は「油淋鶏(ヨウリンチィ)」
鶏肉をパリッと揚げて甘酢を掛けた中華料理。
卒業祝いのパーティーは今度小学校とまとめてやるのですが、今日は少しだけいつもより豪華な感じにしたかったのでこの料理を選びました。
パリパリの皮が美味しいのですよ!