AM-Vol22.jpg

GWも終わりに近づこうという昨日、アートプラザでの『アートマーケットVol.22』に参加して来ました。
いつもはゆったりとしたイベントなので、大した心の準備もなくいつものように緩~くやっていくつもりでした。

が、

事態はそういことじゃなかったんでございます。

それはそれは多くの方々に注目され、多くの作品が旅立って参りました。
特に嬉しいのは*Clear*を心底気に入ってくださっている方々がいることでした。本当に感謝に堪えません。
私たちは私たちが好きなもの。それをありのままに再現しようと作って来たように思います。
例えば今回の新展開である「食」をテーマにした作品群も、そうしたものがあれば良いのに、探せばない、からスタートしたようなモノばかりです。
それに多くの方々がご注目くださり、さらに多くのご質問やご希望をを伺うと、みなさんが「欲している」モノはなんだったのか少し見えたような気がしました。

今回は子どもたちが実際に使っている弁当箱を参考商品として展示しましたが、とても大きな反響があり手応えを感じる一日でした。
特にありとあらゆる方法でコストを切り詰めている料理が、豪華な食事に見えていることは、こうした器の大きな功績だと思わずにはいられません。

次回は、また一歩踏み込んだ器を企画中です。
この次は臼杵でお披露目となりそうですので、お時間ございましたら是非足をお運びくださいませ。


本日は大量にもらった竹の子を一日中処理と料理するという、イベント明けにしたはかなり拷問だよね、な一日でした。よって晩ご飯は家族からのリクエスト「竹の子ご飯」
副菜は常備菜がいっぱいあるんで作らずに済みました。