今日は一日曇り空。直射日光に照らされて外作業となれば、さすがに気温の下がった昨日今日でもへこたれますよ。
つまり、今度のイベントで出す食器類のルーター加工をやったんであります。ケヒキでガイド入れてんのに欠けちゃうところが出るのよね。くっそ歯痒い。
怒ってもしょうがないんで大人しくパテ入れてるんですけどね。

さて、昨今は啓発本なるものやセミナなんかがやたら多い気がするんですが、私はあれが嫌い。
何でか?
実は凄いこと言ってそうで、良く考えたら今までもそういう考え方はあったでしょ、というような内容ばかりだから。
例えば「会社はマニュアル化するな」なんかのタイトルで、各コンテンツには凄く良い切っちゃった言葉ズラリ。でも、良く考えたらね、マニュアルが無い会社、働きやすいですか?私は働き難いです。
つまりマニュアルは神聖化しちゃあいかん、と言えば済むことなんですよね。マニュアルは必要だけど、そのマニュアルに疑いを持たずやっているのでは進歩はないぞ。こんなとこでしょう。
確かに時代のニーズが変わればそれに対応して変化する柔軟さこそ組織には大事ですが、大きくなると変化を嫌うようになるのはどの時代も似たようなもの。
そんな考えれば誰でもわかるようなことを金出して聞くのは私はアホらしい、とそういうことですな。
しかし困るのは、そういうのが大好きで自分で考えることができないトップを持った社員たち。いきなり「今日から我が社はマニュアルを撤廃するぞ」なんて言いかねないからです。

いや、そうじゃなくて

そう言いたくても言えない会社なら…
悲惨ですよね。


本日は「チキン南蛮」と「芝エビのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」
南蛮続きですけど何か。
どこかの誰かさんが、やらなくてもいいのに弁当の仕込みの途中だった茹で玉子の殻を剥いて痘痕面にしたからです。見た目最悪の茹で玉子はポテトサラダかタルタルソース行きでしょう。