気が付けば6月も終わり。すでに今年の折り返し地点を過ぎてしまいました。
思えば色々あった年だなと思っています。すでに通常運転の*Clear*はモノサロに間に合わなかったローテーブルの制作に取り掛かっています。今回は「不埒」というテーマで作っています。
私はどちらかと言うと「きっちり」とか「綺麗」というような作風のものが多いと思うのですが、今回は外保管していたいい加減にくたびれたパイン材で製作中。雑な感じを如何に演出するか、その折り合いを付けるために、かなり今までと異なる作り方をしています。それと今回は「駒止め」という方法で天板を取り付ける方法を使います。これは天幕に溝を掘って、そこにL型の駒を嵌め込んでビス止めする方法です。この方法の良いところは天板が湿度や温度である程度動いても脚側への負担が小さくなる点です。
よく天板から脚や天幕に上からビスを入れる方法が見受けられますが、天板が厚くなると想像以上に伸びることがあるんです。そうすると場合によっては天幕が破断してしまうこともあるくらいです。
しかし駒で止める方法は溝の中を移動できる範囲であれば全く影響を考慮しなくても良いので、非常に有利なのです。
この方法は天板が厚30mm以上なら効果的だと思われます。

それともうひとつチャレンジを始めたのがドールハウス用のミニチュア家具製作です。
先日のイベントでお向さんがミニチュアのパンを中心に製作しているgravis5さん。興味津々でお話させていただいていて「こんど家具作ってみようかな」というとぜひ作って下さいよ、と言われました。
私は子どもの頃からプラモデルが趣味。メインは1/24のカーモデルです。ドールハウスの世界はいわばホームのようなもの。今まで1/1の家具を作って来たのですから、その経験を1/12でやってみようかなという試みです。こちらはね、もうひとつ理由があるんですよ。
今は糸鋸盤があるのでできるのですが、以前は曲線切りができなかったんです。うちの糸鋸盤は通常の家具製作ではそう多くは望めない機械ですが、ミニチュアのサイズなら全く問題がないんです。この設備投資を十分回収できそうな分野がミニチュアの家具というわけです。これで椅子の曲線を作るぜ。
さぁ、後半も頑張って行きますよ。


本日は「*Clear*名物若鶏の唐揚げ」と「茄子の揚げ浸し」
茄子のチーズ焼きなら唐揚げじゃなかったと思います。揚げ浸しなら鶏も揚げる料理の方が楽です。先日はチキンカツをやっていたので唐揚げという選択。