wall_oita_1.jpg

minneでIKEA氏の「オセロ」の注文が入り、明日からこのくっそ暑い中、外作業をすることになりました。頑張れIKEA氏。みんな応援しているぞ。

さて、今日は長女の勉強にもなると、大分県立美術館(OPAM)に【進撃の巨人展】と【『描く!』マンガ展】の両方の展示を観に行ってきました。まぁ、巨人の方は私の趣味でもあったんですけどね。というか、普通この手の展示っていったら東京・大阪・名古屋あたりです。まぁ、うまくいけば福岡もあるかも。
しかし!今回の巨人展は原作者が大分県日田市出身ということもあり、異例の大分イベント!いつもだったら諦めるしかないところですが、他県に行くことを考えたら入場料2000円は安いもんですよ(いや、実のところ諦めかけてたんですが、進撃好きの友人にこう力説されましてw)
肝心の展示内容ですが、すごい!の一言です。あの内容、あの規模の展示を大分に持ってきてくれて本当に嬉しい限り。オープニングシアターからすごく凝った作りで、訪れた人を飽きさせない。よく考えられた展示、計算しつくされた展示とでも言いますか、見せ方がうまい。これで2000円はむしろ安いんでは?と思わせる内容でした。
展示室の外でも大きなパネルの前で「なんちゃってコスプレ」で写真も撮れるし、もう大満足。ええ、もちろん着ましたよ調査兵団の一員になったつもりで!ぐふふふ…

マンガ展の方はそこまで期待はしていなかったんですが、入ってみたらとんでもなく内容の濃い展示でした。原画の展示がかなりあり、プロの漫画家さんの生原稿とか普通は見られないものをかなり間近で見ることができ、マンガの描き方のポイントなんかも解説してあったりと、長女にとってはかなりプラスになる展示だったようです。私も個人的に「ローゼンメイデン」の原画が見られたのが収穫でした。
こういう内容の濃い、興味深い展示はどんどんやって欲しいと思います。今回の進撃の巨人展なんかは若い世代を美術館に呼び込むのにいい題材だったと思います。ジャンルに拘らずに色々な面白い企画展を期待します。「OPAM、最初だけはやる気あったよねー」とか言われないように!

本日は「親子丼」
やっぱうちの親子丼はうまいわー。
お店で食べるより安いしね!


お・ま・け
 ↓
wall_oita_2.jpg