長女は中学時代に不登校になりました。原因はあまりに幼稚なクラスへの不満で耐え切れなくなったからです。この代の生徒は特に酷かったようです。卒業の言葉で学年長が書いてしまうくらいですから、そりゃ歴史に残るものでした。
恐らく長女のASDによる特性と、クラスの騒がしさが合わさった形で不登校へ向かったと思われます。
これは何というか貧乏くじを引いたようなものでした。

2年生からフレンドリールームに通うようになり、相談室登校しながら中学生活を送り、少しずつではありますが、そうしたことへの耐性を身に着け、一方でクラスは受験を控えて少し落ち着き始めて、最終的にクラスに戻れたのでした。
そんなこともあって、彼女の高校受験は学力や将来の夢だけで決定できなくなりました。まずASDなどの発達障害を持つ子供たちへの理解が大きい学校でなければ、また通えなくなることも十分に考えられたからです。
そうして決めた高校へ現在通っています。
2学期になって1度だけ休みましたが、ずっと休まず遅刻もせず通えています。

それでもスクールカウンセリングの先生に会ってきました。
今の時点で問題を抱えているわけではありません。でも、もし問題が発生してしまった場合、つまり不登校の再発となった場合、それから対処したのでは手遅れになる可能性が高いと思ったからです。
そうなる前にカウンセリングの先生と会っておき、いつでも相談に行ける環境を整えておくことが重要だと思ったのです。
現在でも全く不満がないわけではない長女の話を家庭で聞いてあげることで多少は気も晴れるでしょう。しかし家庭は学校に対して改善して欲しいことがある場合、どうしても後手に回りがちです。その点、カウンセラーは担任への働きかけが必要と判断すると、すぐに改善策を提示できますから即効性が期待できます。

今日はそうした顔合わせを兼ねての面談でした。
これまでの経緯とWISCのテスト結果などの説明と現状での困り事などの話をするだけと思っていました。
ところが長女がスイッチが入ってしまったらしく、マニアックな話ばかりを恐らく後半話していました。これは聞いてもらえたから嬉しかったんだろうね。あまり周辺で理解されそうにないことだから。

もしスクールカウンセラーが常駐しているような学校の場合は、ぜひ不安のある親御さんは面談しておくことをお勧めします。相性というのもあってこればかりは会わないとわかりませんから。


本日は「チキン南蛮」
2日連続で揚げ物とは。でもタルタルソースも自家製で…というかこれが必要だったからチキン南蛮になったようなもの。