artmarket-vol2401.jpg

昨日のクリスマスアートマーケットが終了しました。
*Clear*は今年のイベント予定がこれにて終了です。吉川さん始めスタッフの皆様、お疲れさまでした。そして今年も大変お世話になりました。
いつまで経っても出来の悪い*Clear*を大事にしてくださり感謝いたします。
そして出展者の皆様もお疲れさまでした。時期的にちょっと早いのですけど「良いお年を」と言葉が出て、年末であることを実感いたします。それこそ「良いお年を」というくらい、来年も素晴らしい年になりますように。

そしてお出で下さったお客様、本当にありがとうございました。
わざわざ末尾に申し上げますのは、華音社長にとって20年ぶりくらいに会う懐かしい方がご来場下さったからです。
かつては同じ選挙事務所で戦った仲。つまりは戦友であります。そして来年は保守陣営として、我々も参戦いたします。
別に良いお話もいただいております。我々の考えもようやく面白い方向へ向かおうとしているところ。

私正直なのでハッキリ書いてしまうのですが、この客数でよくこれだけ売り上げたな、という感じでした。
これを運営側だけに責任を押し付けるのはどうかと思います。

敢えて直截に申し上げる。
参加者の宣伝が我々も含めて足りないでしょ。
フライヤの画像を貰っているのに、それ使って告知してましたか?

イベンターだけに「おんぶに抱っこ」して文句を言うのは簡単。なら出展者はどうなのだ。
周知させるための努力は足りていたのか。
来年もお世話になろうと思うのであれば、個々が「何ができるのか」良く考えるべきだ。
世話になる者の矜持を示せ。
そうでなければ「お客さん少ないね」などと口が裂けても言わぬことなのだ。

わからぬなら何度でも言う。
委託先と、イベンターとは持ちつ持たれつである。

artmarket-vol2402.jpg


帰宅すると待っていたのは、子供たちの作ってくれた「豚汁」
日中は上着がいらないほどでしたが、夜は冷えますから。作らないで済むのが最も有難かったかもね。