決してトイレで力んでいるのではありません。
急にスマホが鳴り出したんで、誰からと思いきやグーペコの裕ちゃんから。
「なんだらう」

どうも弁当箱のことで困っている人がいて、それで*Clear*のことを紹介してくれた模様。

「ちょっと本人と代わるな」

お話を伺うと、幼稚園のお子さんが使う弁当箱なんだそうで、幼稚園の方針で「キャラ物禁止、箸を使うこと」なんだそうです。
それは立派な教育方針ですよ。日本人は早くから箸に慣れる必要があると思います。箸って凄い食器です。小さなものまでこれで摘まめるんですから。
正直なところ、大元である中国の箸のマナーはなっちゃいません。自己流が普通だったりするし、見てもあまり感じの良いものじゃありません。ところが日本人と来たら「ちゃんと箸を使えるのは教養」とばかり躾けの厳しい親御さんが多いです。良い事じゃありませんか、文化を大事にするって。
最近では欧米の方でも、箸をしっかり使えるよう練習なさって来日する方が多いと聞きます。

さて、これまで子供たちや大人用の弁当箱を作って来たので、いざ設計を始めて「あれ?」と思うことがありました。幼稚園児って、大人と同じ仕組みの弁当箱って上手く使えるんだろうか?
そしたら思った通りでした。
パッキンが付いているものや、ロックできるのものは、上手く使えずにひっくり返すことがあるそうです。大人ほど器用に操作できないからです。それでなのか、いわゆるかぶせ蓋タイプの弁当箱を推奨もしく指定する幼稚園が多いとのこと。
年齢から300~400mLサイズが最適とわかったのに加えて、上手く使ってもらえる設計を考えました。
それでうーんうーん唸っていたわけです。
まずは現状での回答を明日ご覧いただきたく申し上げ候。


本日は「シチュー」
大分冷え込んでますからね。何かシチューに副菜は何が良いか、とかいう質問見たことありますが、いらんやろ。