弁当箱の制作が終わって一息、ではなくて、オーダーからスタートが雨で遅れた什器の制作の続行と、Banbinoさんからの依頼什器の打ち合わせが午後。

自慢させてください。
これはオレにしか作れんやろう。

多分、お話しの最初から「うちには、ムリですなぁ」と言われそうな内容だと思いました。
折り畳めるパーテーション型の什器なら、ベーシックなモデルを*Clear*も作っています。それも、木製の持ち手や、ドローラッチのロックなど、随所にクールなディテールを盛り込んでおります。
しかし、このモデルは最大展開が180度まで。
今回の依頼は「360度展開」と「展示用のバーが外せる」
ま、普通にムリと言うレベルかと。
それを可能にするのが*Clear*ですよ。
それで今日は午後から、図面を提示しての打ち合わせ。というか、打ち合わせより、当地ハンドメイド界の危険人物Mやその取り巻きなどのことや、それとやり方のにている「恨」の国朝鮮や支那の話が長すぎました。


本日は「牛カルビとニンニクの芽の炒め物」
市販品ですが、何と奥様、100g88円でございますわよ。
この値段なら買ってしまいますわ。
そこをそのまま使わないのが主婦の意地。牛肉と相性の良い牛蒡と、炒めた最後の旨味を吸わせるべく玉葱。炒め油は牛脂と胡麻油。
味も自分で整えて出来上がり。
ご飯が止まりませんwww