テストなのは長男だけでなく次男もそうです。
返ってきた次男が「社会、歴史のこと完全に忘れてた!」
それを聞いて、範囲が中世日本とわかったので、できるだけ丁寧に講義したんですよ。
例えば蛮人渡来。
ここはとっても重要なんです。

ザビエルが種子島に漂着したやろ。ザビエルっち言うたら坂が多いで路面電車や。
「それサンフランシスコ」
そうや、サンフランシスコでザビエルは大分銘菓やろ。
お菓子が鉄砲とキリスト教を日本に持ってくるんや。
それがやなキリスト教がクセモノやったんやな。キリスト教を布教して現地民が信者になるやろ。それでな、ある程度布教に成功すると軍隊を送り込むんや。
するとな、内部にも信者ちゅう仲間ができてやな最小限で征服できたんやな。それでアジアをどんどん植民地化してきたんや。
そのアジアが西洋列強から独立したんは1950年代で。
「400年以上も支配されちょんやん!」
そうや、そんなに長いこと植民地にされたんやな。それが大東亜戦争の大きな原因やな。
こん時代はな、ヨーロッパの「キリスト教圏」と中東の「イスラム教圏」の戦いが一段落したんや。ヨーロッパからイスラムを追い出すレコンキスタが成功して、やっとヨーロッパに封建社会が確立できたんよ。
今頃で。日本はとっくの昔に封建制度も議会政治制度も確立できたに遅ッちゅう感じやな。
ヨーロッパもイスラムの問題がちょっと片付いて、ようやく外に目を向ける余裕が出て来た。それが大航海時代や。
本当はな、香辛料を運ぶのにイスラム圏内を通らんとイケンかったんやけど、それやと税金メッチャ掛けられるんよ。それで何とかイスラム圏を通らんで東南アジア行けへんかが根底にあるんやわな。
それでやなバスコ・ダ・ガマがアフリカ廻りでインドに行くことに成功。そしたら貿易しようと思うわな。
ガマ君もそうするんや。
それでガマ君たちはさわやかに大砲をぶっ放して、僕たちとお友達になって貿易してよ。こうお願いするんやな。
そしたら断られたんや。
ガマ君たちは悩んだんよ、僕たち何がいけなかったんだろう、って。
まるで森田童子の「僕たちの失敗」状態やな。
それでガマ君たちはインド人を捕まえて、それをマストから吊るして「今度こそ大丈夫、きっと仲良くしてくれるさ」と貿易をお願いしてみたんよ。ついでに女子供を数百人ほど殺してもみた。そしたら上手く行ったんやな。謎なのは、インド人がすごく怯えっちょったことやろか。
ほら、ペリーの黒船来航が江戸の後期にあるやろ。
あのときも、爽やかに大砲をぶっ放して「ユーたちは鎖国をやめてミーたちと仲良くしなさい」ち、友好を求めたわな。それで大老井伊直弼が独断で通商条約を結ぶんよな。
それが原因でどーも桜田門外の変でーす。

「お父さん、社会のテスト、もう終わったに」
鎌倉時代から講義を始めてすでに2時間半。
オ・マ・エェ…(プルプル)


本日は説明不要の「メシア丼」