16Mar03dinner01.jpg

なんか更新されてないんですけど。
昨日は社長の番だったじゃないですか。週に2回しか担当しないのに、そんなんじゃブログやってないのと同じじゃないですか。

ブログのネタって、普段から色々考えることが多いほど、ネタに困りません。
だって、世の中に発信したい考えがいっぱいあるからです。
なにも「どこかで美味しいもの食べた」とか「こんな事件があった」という、実にセレブな生活でもしてなければ遭遇しないようなことを望んでいるわけではありません。
つか、普通の生活してれば早々そういう事態は少ないわけです。
しかし、ブログを読みに来る読者は「事件」を求めているのも事実でしょう。
だからこそ、普通を「事件」にしちゃえば良いのです。
そこに必要なのは、自分なりの視点です。
金にモノを言わせられなければ、自分のアタマが頼りでしょう。
記事を書くって基本、頭脳労働だからねぇ。


ということでして、昨日は桃の節句でしたので「ちらし寿司」でした。
見た目は豪華に見えるかも知れませんが、表面を覆うだけの海鮮ネタですから、実は多くありません。
その証拠に、刺身用の生鮭なんかは一番小さいのを買ってきて半分も使いませんでした。これがまた別の料理に化けて登場するわけです。
つまり、我が家が食費をケチりながら貧相にならないのは、そうした比較的お高い食材を、うまく使いまわしてトータルで押さえる作戦なのですね。蛸はさすがに使い切りましたが、剥きエビも1/3程度使って保存。
エビはポイント使いができるので、こんなにセーブできちゃったりします。
野菜のかき揚げなんかに1尾入っているだけで豪華に見えるじゃないですか。こういう工夫は大事です、貧乏人なら。


今晩は「葉にんにくと豚肉の鍋」
産直に珍しく葉にんにくが出ていました。麻婆豆腐は本来この葉にんにくを使いますが、そう、日本ではあまり流通していません。
それで韮を代用しているってわけです。代替品なわけです。
「だいがえひん」じゃなくて「だいたいひん」
間違ってる人が多いので念のため。
他にはほうれん草やキャベツ、椎茸など。昆布ベースの出汁に醤油と味醂を合わせ、唐辛子とスライスにんにくを加えます。
多分に博多のもつ鍋に近いと思ってもらえば。〆は当然にちゃんぽん麺。
最後まで飽きさせない味は折り紙付きですよん。