タイトルの通りです。
社長が一番怒っています。
「直接に私が対応してなくて良かったな」

尤もです。
私IKEAだからこそ、いわゆる「ビジネス文書」で柔らかく窺っているのですけど、その私ですら質問と違う答えが返って来てムカッと来ましたもの。
概ねわかりましたけど、ご自分の落とし前は、やはり自分でつけるのが筋ってものでしょう。子供じゃないんだしね。
それが大人として、社会人としてのケジメではありません?
多分に*Clear*が言っていることは、多くの作り手だけでなく会社員などにも共感されると思われることです。

社長は「洗いざらい公表する」との覚悟。
その前に、きちんと自分の方からお返事するのは誠意じゃないかな。


今日は「プルコギ」と「ポテトサラダ」
月末なのに牛肉。このやり繰り上手。
実はまだ牛肉を隠し持ってる。
ポテトサラダはマカロニで嵩増し。
この内容で予算500円以内!
関連記事