hig16080220050013-p1.jpg


大分の女子マネ、甲子園のグラウンドから締め出される 高野連は何と答えた?

8月2日、甲子園球場で開かれている全国高校野球選手権大会の練習中、グラウンド内にいた大分高校の女子マネージャーが、大会関係者に「慌てて制止」されるハプニングが起こった。デイリースポーツが報じた。

大分高校のマネージャーを務めている首藤桃奈さん(3年)は、ユニホームを着て練習の補助をしていたが、約10分後に止められたという。【BuzzFeed Japan / 山光瑛美】

なぜ制止されたのか。BuzzFeed Newsの取材に、日本高等学校野球連盟(高野連)は、大会の規定に従ったためと話す。

平成28年度大会参加者資格規定の第5条には、参加選手について次のように書かれている。

「(1)その学校に在学する男子生徒で、当該都道府県高等学校野球連盟に登録されている部員のうち、学校長が身体、学業及び人物について選手として適当と認めたもの」

この規定に準じて、「女子部員は基本的にはベンチにいるようお願いしている」と話す。また高野連によれば、この規定とは別に、代表校に渡されている手引きにも「練習補助員は男子部員に限る」と明記されているという。

なお、デイリースポーツの報道では、「危険防止」を定めた規定のため、とされているが、その規定の存在について、高野連は否定している。

BuzzFeed Japan 8月2日(火)19時38分配信



大分高校の野球部マネージャーのことですけど、手短に話せば、監督のコメント含め大変好感を持ちました。
マネージャーの首藤さんは3年生で、今年が最後の甲子園。固い決意で甲子園への道を歩んできたことを考えれば、個人的には練習に参加させて欲しい、と思いました。
しかし、あくまで規則は規則です。
スポーツがなぜ楽しいのかは「ルール」に従い、正々堂々と戦うからこそ楽しいのだと思います。
いろいろ規則に対する批判や非難が出ていますけど、この国は法治国家でもありますし、秩序を重んじる国民性です。意義があるなら、今後議論すれば良いことです。外野が騒ぐことではありません。当事者が考えればよろしいことです。
因みに、女子への安全性を配慮して、とのこと。これに関しては、私も頷けるところがありました。使っているのは硬球で、それも各都道府県のトップ選手が集まっています。その球が当たってしまえば、それなりのケガになるでしょう。いや、女子ですから特に顔に当たってしまい傷が残るのはとても心配です。女性ならば、その気持ちはわかりますよね。
そうした配慮もあるのかな、と個人的には考えました。
冒頭にも書きましたけど、松尾監督と首藤さんのコメントには、そうしたルールを重んじるスポーツマン精神を感じ、清々しい思いがしました。
この高校の教育にひとつ光るものを見つけて嬉しくなった、というのは同郷の贔屓でしょうか。


さて、本日はやはり2日目が美味しい「カレーライス」
今日は小振りなコロッケをプラスしてマンネリ化しないようにしました。
ここでドーンと「カツカレー」とかしないところに、貧乏人の厳しさと、だからといって同じにしない意地がございます。
これで大幅にトータルコストが下がったぜ(イヒヒ)
やっぱケチじゃん。