この季節、庭の花が一杯咲いてて嬉しくなります。

bara_1.jpg

bara_2.jpg

受水槽の周りに植えてある『ピエール・ド・ロンサール』
「バラは手が掛かる」と敬遠する方も多いみたいですが、
手を掛けすぎて過保護にしちゃうのは、本当はいけないんですよね。


うちは基本、「バラに厳しく」

…いや、ほったらかし??

「スパルタ」とも言う?(^^;

とりあえず、冬の強剪定だけは欠かしていませんが…


ま、あんまり手を掛けてない割には、毎年頑張って
美しい花を咲かせてくれます。
ピエール様は咲いたら圧巻です。
時々、花びらの間でカエルさんが休憩してて驚きますが(><)


bara_3.jpg

こちらも受水槽の周りに咲いてます。
『アンジェラ』…花は小さいですが、ミニバラではありません。
遠目に見るとバラに見えないらしく、通り掛かった人に「あの花は何?」って
聞かれることも少なくないです。



kurematisu.jpg

クレマチス。
花が終わってほったらかしにされていたところを救出。
なんとかここまで持ち直しました^^


beru.jpg

ベルフラワー。
カンパニュラの仲間は育てにくいものが多いのですが、
このベルフラワーだけは何とか持ってます…


そして今日は、ミニトマトとピーマンの苗を植えました。
毎年恒例、プランターで細々と育ててます。
収穫までの成長を見守るのもまた楽しみ♪