hitosujinohikari.jpg




鎖で雁字搦めにされ
羽ばたくことを許されぬ者

絶望の中
唯ひとつの救いでさえ無いと言うのか

目を凝らせ

さすればひとすじの光
汝の前に現れ出でるであろう