オーダー作品の合間にイベント用の作品や、同じ加工をするような作品を制作しています。何しろ時間は貴重。いろいろ工程の工夫をすることで限られた時間にどれだけ効率よく作業するか。そして、その苦労を悟られぬよう涼しい顔で納品するのがカッチョイイ木工屋と思っとります、ハイ。
なかなか理想と現実は一致しないのが最近の悩みです。

そんなわけで、ちょうど先日からのオーダー分が終わったので、前日から着手していた「ガラス蓋のケース」に入るガラスを、午後の用事で出掛ける前にささっと終わらせようと作業にかかったのです。
アワヨクバ、今日中に一回目の塗装まで済ませてしまおう。おっ、それってカッチョイイじゃない。
心の中で、そのような未来予想図を描きつつガラス切りでカット。

あれ?割れない。
なんで、なんで・・・(脳みそフル回転)
突こうが叩こうがビクともしません。そこで思案。プライヤで挟んで割ってしまえ。
この方法は、通常こういう場合に用いる方法ではありませんが、こうなりゃ仕方ありません。

すると力をいれた途端、ガラス木端微塵。
うわー、強化ガラスやないのー。

切ったときの音で気が付くべきでした。
同じ厚さの強化ガラスを同じ場所に保管していたので、うっかり通常の板ガラスと間違えて切っちゃったのです。楽勝と思ったのに時間は取られるは、貴重な強化ガラスはパーにするは…
未来予想図もろとも木端微塵(トホホ)

今度は普通の板ガラスを取り出して切ったら「チー、パリン」
今日ほどこの音が虚しく聞こえた日はこざいませんでした。

** イベント参加予定 **

【クリスマスアートマーケット vol.18】

日時:12月21日(土) 10:00~16:00
場所:アートプラザ2F アートホール



【モノヅクリサローネ】
日時:2013年12月23日(月/祝)雨天決行 11:00~17:00
場所:iichiko総合文化センター2Fおよび1Fの一部