IKEA氏を見ていればわかりますが、木工のアイデアは練れば練るほどいいものが出来上がることが多いです。
それに対し、練りすぎてはいけないもの。
それは…パイ生地!!

実は昨年も一度アップルパイを作ろうとした長女。パイ生地を冷凍パイシートに頼らず自分で作ろうと奮闘した結果、上手くいかずに結局生地はクッキーにして始末いたしました。
細かく刻んだバターの周りに粉をつけてそぼろ状にしてから水分を足してまとめるので、粉とバターが完全に混ざり合っていないのが理想なのですが、どうやらその過程で練りすぎてしまったのが敗因のようです。
その失敗を踏まえての今回の生地作りは、細心の注意をはらって丁寧に。そうして出来上がったアップルパイがこちら。

apple_pie.jpg

ケーキ屋さんで売っているようなものにはまだまだ程遠いですが、パイ生地自体はサクサクっとしていて美味しくいただきました。
大体がこのパイ生地というシロモノ、作るのがすごく難しいんですよね。「パイ生地とシュー生地はなかなか成功しない」と昔からずっと言われています。お菓子作りが好きな私でも作り方を見て「めんどくさっ!」と思い、この二つは一度も作ったことがないくらいです。
一度の失敗にめげず再チャレンジした長女には脱帽です。見習わなくては。



** イベント参加予定 **


【大分ものづくり発見市】

日時:2月15日(土) 11:00~18:00
場所:大分市中央町2丁目5-3 セントポルタビル1F(トキハインダストリー若草公園店軒先)

【第32回クリエイターズドーム(CREDO)】
日時:2月22日(土) 11:00~16:00
場所:ガレリア竹町ドーム広場