1. 大分のハンドメイド作家ユニット *clear* のブログ | *clear*

週末はクリスマスアートマーケット


ここで便乗告知を一件お許しください。
今週末12月10日に、大分市アートプラザにおいて行われる「クリスマスアートマーケット Vol,27」に参加させていただきます。
このアートマーケットは、以前から開催の度に、雨が降ろうとも槍が降ろうとも参加させていただいているイベントです。私たちは工芸の分野に末席を構えているのですが、絵や彫刻の方もご一緒できる総合的なアートイベントということで、好んで*Clear*が参加しております。
お天気の方も極端に崩れる様子はなく、まずまずのお出かけ日和となりそうな週末。
ぜひアートプラザにもお立ち寄りいただけたら、と思っております。

15109337_719044001582035_4347615458212476034_n.jpg




日時:2016年12月10日(土)10:00~16:00
場所:大分市アートプラザ 2F アートホール
入場料無料(抽選ですてきなプレゼントがもらえます)

ご来場の方は、隣にある「荷揚町駐車場」並びに「大分市役所駐車場」が無料でご利用いただけます。必ず駐車券に受付にてスタンプを押してもらってください。



関連記事

クリスマスアートマーケット




遅くなりましたが、クリスマスアートマーケット始まってます。
今日は長女も参加、イラスト原画とポストカードの展示販売もしています。
16時までアートプラザでお待ちしてます。
関連記事

バッファローウイング


11月19日の夕食 バッファローウィング

バッファローウイングを作りました。本当はバッファローチキンだけど。

アメリカのB級グルメの一つでもありまして、ビールのお供としても有名。ピザやハンバーガーが食事の意味合いが強いのに対して、これはおつまみの色合いが強い料理です。
お蔭でビールが2リットルほど必要です。要するに辛いチキンの唐揚げやな。

ニューヨークのバッファローが発祥だそうで、由来は「水牛」ではなく残念。
比較的、家庭でも作られる料理のようで、専用の「ホットソース」が販売されています。日本でもコストコやアマゾンを使えば入手できますが、そこは家庭にある材料で手軽に作ろうというのがコンセプト。専用品を用いずに再現してみようというわけです。
本来はウイングの名が示すように、鶏肉の手羽を使います。骨付き肉の方が、身が縮んで小さくなることもなく、見栄えも味も良いので、食べ難さを無視できるなら手羽を使ってください。

今回は鶏もも肉2枚を使いました。
肉は食べやすいサイズに切り分けます。筋切りと余分な脂を取り除くのは当然。
塩胡椒して馴染ませ、小麦粉を塗し、唐揚げの要領で揚げます。
揚がったら油を切って「ホットソース」に絡める、だけ。
ここからオーブンに通すのが標準レシピですが、骨なしの肉だと堅く小さくなって、気持ちもしぼむので絡ませるのみです。
骨付きの肉を使うようなゴージャスな時にお試しあれ。

【ホットソース】
タバスコ 大1
トマトケチャップ 大2
豆板醤 小1
唐辛子 適宜
すりおろしニンニク 1片
オリーブオイル 大1/2
パプリカ 小1

唐辛子を入れなくても十分辛いと思いますので、後は好みで調整してください。
本来は、油っ気は溶かしバターなはずですが、んなもん我が家に常備しているわけもなく、オリーブオイルで代用しちゃったわけですが、特に問題なし。もしかするとサラダ油でも大丈夫かも知れません。何なら脂ぎったオヤジでも大丈夫か。
タバスコオンリーユーで行きますと、とってもケチとは程遠くなるので、足りない分を豆板醤と唐辛子で補います。パプリカは色だけですので、特に赤くなければ許さん、という方でなければなくてもよろしいでしょう。
赤にこだわる共産主義者の方はたっぷりとお使いください。

とりあえずドレッシングの方も書いておきます。
本当はブルーチーズなどという、我が家には縁もゆかりもないようなチーズを用いるのですが、そこはピザチーズで何とかしようと。
マヨネーズ大2に牛乳を大1ほど加え、ピザ用チーズを見た目でマヨネーズと同じくらい入れて混ぜます。
混ぜただけで混ざってくれるのが理想ですが、世の中は甘くありません。そのままで混ざるには1カ月以上かかりそうなので、レンジで温めては混ぜ、温めては混ぜ、千切っては投げを繰り返します。
500Wで20秒加熱を繰り返しました。
ダマがなくなれば出来上がり。時間があれば、冷蔵庫でしばらく寝かすとより美味しくなります。

家の冷蔵庫にあるもので意外にも近い味のものができるものです。
本格派を目指すなら、溶かしバターやトマトピューレなど本来の材料に置き換えていただいて構いません。ブルーチーズドレッシングも牛乳はヨーグルトの代用でたまたまなかったからです。

でもよーーく考えてみると、名古屋の手羽先揚げも近い作り方。人間て似たようなこと考えるものですよね。
関連記事

そして誰もメディアを信じなくなった


先週11月9日、アメリカの次期大統領がドナルド・トランプ氏と決定しました。泡沫候補の呼び声も凄いものでしたが、このトランプ陣営の戦い方は中々の凄腕でした。
因みに私の本命はマルコ・ルビオ氏でしたので、早々にプレイヤーから辞退した時の悲しみと言えば、言葉に尽くし難いものでした。サンダース氏も含めて、アジアや中東認識が一番まともで正しい対応をしてくれそうだと感じたのがルビオ。一方、トランプの発言は一貫性がなく、その場その場で言っているように感じました。
懸念材料の中国にどう対応するかを間違えれば、日本の安全保障もアジアの安定も揺るがしかねません。

しかしヒラリーとトランプの2人になったらば、それはトランプしかありませんよ。
ヒラリーだけはごめんです。
ところが新聞もテレビもヒラリーが勝つものというかのような報道ばかりでした。
何故でしょう。
それというのも日本の新聞社が現地で自ら取材していないからです。アメリカの有力紙の提供している情報を元に書いています。酷いものだとコピペ。
そのアメリカ有力紙はほとんどが左翼のようなメディアです。日本で言えば「朝日新聞」と「赤旗新聞」しかないような状態を想像してもらえばよろしいでしょう。
CNNなんか”Cable News Network”ではなくて”Comintern News Network"と呼ばれるほど、共産のプロパガンダですが、今回の大統領選では"Clinton News Network"と呼ばれ、ヒラリーべったりな報道ばかりを偏向して流し続けました。
カリフォルニア大学サンタバーバラ校が100紙について調査したところ、トランプを支持したのは僅か2社。実に57社がヒラリー・クリントンを支持していました。これではまあまとも、と言われる産経ですら大統領選の記事がおかしくなろうというものです。

とにかく異様な感じの選挙でした。
それでも当選したトランプを支持した人々は口々にこう言います。
「まともな報道をしろ!」
動画も観ましたがピーが入るほど口汚く罵っていましたね。
ですから、ほとんどの人がメディアの意見を無視して、自身の信じる候補に票を投じたと考えて良いと思われます。

トランプが支持された最大の理由は「アメリカ・ファースト」だと思います。
大統領候補が「アメリカ人のために働く」と言い「アメリカの誇りを取り戻そう」と言ったのですから、それは熱狂的な支持を集めても不思議ではありません。アメリカではグローバル主義によって金融エリートを生み出し、結果的に格差を極端に広げました。反グローバリズムが燻っていたことは承知しておきたいところです。その最たるものが「TPP」ですし、だから脱退を表明しているのですね。
ヒラリーもTPP反対の構えでしたが、如何せん彼女は多くの白人系労働者が嫌うエリート、すなわちエスタブリッシュメントの側にいますから、支持を集められるはずがないのです。

新聞の情報を信じていれば「トランプショック」はわかります。でも、ネット上はトランプ勝利で固まっていたと見ます。現在は全世界とネットワークで繋がっていますよね。アメリカの一般の方の意見だって聞くことができます。その生の声の調子からトランプ勝利は間違いないとの印象でした。
そろそろ日本でもメディアの偏向を批判する声が大きくなってきました(私もその一人)
これからは、情報の真贋を自分で確かめながら分析できる能力を求められます。もうそういう時代に入っています。
タイトルは評論家の潮匡人さんの著書からいただきました。潮さんの元ネタはもちろん有名な探偵小説のパロディ。

そう言えば、トランプ勝利で株価がー、と言っていました。このあと株安になると脅し付きでしたよね。でも翌日には反発して1000円近く上昇。トータルで見れば上昇傾向で、一日のみのサプライズでありました。長女は日経平均が下がったのを見て「トランプ勝利を確信した」とまで言わしめました。
経済も読み間違える報道各社はどうにかならんものですかね。






関連記事

新作バッグなど

asabag_azuki.jpg

仕事が忙しくてあまり作れていないのは事実ですが、繊細な作業であるアクセサリー作りができないだけで、あまり色々考えないで済む麻紐バッグはちょこちょこ編んでいます。
秋色のバッグ、小さめのものを編みました。和菓子のような、小豆のような色合いで渋いです。

azukibag.jpg

写真2枚目は自分用のバッグで少し大きめ。仕事場に持って行っていたバッグが壊れてしまったので新たに編んだもの。写真では分かりにくいですが、抹茶色の細い糸を一緒に編み込んでいます。こちらは抹茶小豆っぽい仕上がり。


本日の夕飯は中華丼。久し振りに作った割には美味しくできたのではないでしょうか。と、自画自賛w
関連記事

プロフィール

華音 (*clear*)

Author: 華音 (*clear*)

*clear* とは

---
*clear* は、大分県大分市で手作りの雑貨・インテリアをつくるハンドメイド作家ユニットです。華音・IKEA・Irisのアーティスト3人でやってます。
---
大分県内のハンドメイドイベントに出展したり、ショップに作品を委託したりしております。minneなど通販サイトでの取扱いもあります。メールにてオーダー承ります。
---
本ブログでは、*clear* の作家がつくる作品を紹介しています。また、イベントの告知やショップ委託の報告をします。
---
あなたのお気に入りが見つかりますように。


作家・メンバー

華音:
生活雑貨・小物・アクセサリー
麻ひもバッグ・クロッシェピアス
IKEA:
インテリア・ペーパークラフト
木製お弁当箱・ピアススタンド
You-ca:
オリジナル切り絵・イラスト



ショップ(店舗・ネット通販)

---
BOASORTE
↑大分のカフェBOASORTE(ボアソルチ)にてハンドメイド作品を委託販売しております。
---
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売のCreema
↑マーケットminne(ミンネ)・Creema(クリーマ)にてハンドメイド作品を通販しております。
宜しければご高覧くださいませ。


Facebook

Clear
Facebook
Facebookページも宣伝
Facebookをはじめました。
ブログとは違った日常を綴っています。
良かったらこちらもご覧ください。

検索フォーム

メールフォーム









月別アーカイブ

05 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 10 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 02 01 12 11 10


カレンダー

04 | 2017-05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »